痔の原因の一つは、運動不足です。実際に定期的に運動している人は、運動習慣がない人に比べて痔を発症しにくいです。

このとき痔の改善にもっともおすすめだとされているのが、ウォーキングです。ウォーキングをすると下半身の筋肉が動くため、下半身の血行が改善されやすくなります。

下半身の血行が良くなると、その分だけ痔が治りやすくなります。そのため痔を発症しているのであれば、ウォーキングすることをおすすめします。

ただ痔の中には、歩くと痛いものがあります。そのためこのような痔を発症している人は、歩くだけでも痛い状態となっていることでしょう。そのため痛みを伴う痔を発症している場合、ウォーキングは痔を治すどころか痔を悪化させるように思えます。

では痔を発症しているときにウォーキングしても、本当に問題ないのでしょうか? また痔を治すのに効果的なウォーキングのやり方とは、どのようなものなのでしょうか?

そこでここでは、痔ができているときのウォーキングについて解説し、痔を治すウォーキングのやり方について述べていきます。

痔ができているときにウォーキングしても大丈夫なのか?

基本的に痛いと感じる行為や動作などは、なるべく行わないようにすることが大切です。痛みは体を守るために起こる現象です。そのため痛いと感じる行動を続けると、痛みの原因となっている怪我や病気などが悪化しやすくなります。

ただ痔を発症しているのであれば、ウォーキングの習慣を身につけることが推奨されます。これは、ウォーキングが痔の原因を改善するためです。そのためウォーキングを定期的に行うようにすると、痔そのものが良くなっていきます。

しかしながら中には、ウォーキングを控えるべきケースがあります。そのため痔の改善のために新しくウォーキングを始めようと考えているのであれば、ウォーキングしてはいけないケースを知っておくことが大切です。

手術後にウォーキングすることは避ける

どのような手術であっても、術後の運動は禁止されています。これは手術の傷口から出血が起こりやすくなるためです。

特に痔の手術では、患部である肛門部分を大きく切り取ります。そのため歩行によって肛門組織に負担がかかると、手術の傷口から大量に出血することがあります。

出血量が多くなると、その分だけめまいやふらつきなどの貧血症状を起こしやすくなります。また最悪の場合、命を落とす危険性もあります。

さらに術後の傷口から出血が起こると、傷口が化膿するリスクが高くなります。

出血が起こるということは、傷口が開いて内部組織がむき出しになっているということを意味します。この部分に細菌などの病原体が増殖すると、内部組織で化膿が起こります。

傷口が化膿すると、激しい痛みや膿の排出などが起こります。また術後の傷口が治りにくくなります。最悪の場合、患部が腐り落ちてしまうこともあります。

基本的には、手術後であっても日常的な歩行をする分には問題ありません。ただ歩くスピードが早かったり立ったり座ったりを繰り返したり、長時間歩いたりすると傷口が開くリスクが高くなります。そのため痔の手術を行った後は、必要以上に歩かないようにすることが大切です。

そして術後から2週間程度経って医師から軽めの運動の許可が出たら、ウォーキングを始めるようにしましょう。

出血量が多いときはウォーキングしない

痔にはいぼ痔(痔核)と切れ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)の3種類があります。これらのうちいぼ痔と切れ痔では、出血が起こることがあります。

特にいぼ痔による出血では、出血量が多くなりやすいです。出血の量が多くなると、その分だけ貧血を起こしやすくなります。

貧血によってめまいや立ちくらみなどが起こっていると、ウォーキング時に転倒しやすくなります。その結果、怪我をしてしまいウォーキングができなくなることにつながります。したがって痔による出血が多い場合は、ウォーキングを控えることが大切です。

長時間のウォーキングは避ける

痔の痛みが起こっているということは、痔の患部が擦れたり圧力を受けたりしていることを意味します。

このとき靴ずれが起こっている部分に靴が擦れると、靴ずれが悪化します。その結果、痛みや出血などが酷くなってまともに歩けなくなることがあります。

これと同様に痔の患部が擦れる機会が多くなると、その分だけ痔が悪化しやすくなります。そのため痔の患部が擦れて痛むようであれば、歩く時間を減らす必要があります。

また痔の患部に圧力がかかると、その分だけ肛門組織がうっ血を起こしやすくなります。肛門組織のうっ血は、いぼ痔が起こる原因です。

さらに組織のうっ血によって肛門周辺の血行が悪くなると、肛門皮膚の弾力性が低下して切れ痔が発症・悪化しやすくなります。

このようなことから痔の痛みが起こっている状態で長時間歩くと、痔が悪化しやすくなることがわかります。

このような痔の悪化は、歩く時間が長くなるほど起こりやすくなります。そのため歩いて痔が痛むようであれば、長時間ウォーキングを続けないようにすることが大切です。

ウォーキング時に痔が痛む場合はどうしたらいい?

前述のように痔を生じているのであれば、定期的にウォーキングすることが推奨されます。

ただ痔によって歩くだけで痛い状態になっていると、ウォーキングを続けることが難しくなります。そのためウォーキングする際には、痛みが起こりにくくなるよう対処することが大切です。

例えば歩行時に痔が痛むのは、痔の患部がおしりに擦れるためです。そのため患部に軟膏などの薬を塗って保護すると、摩擦が低減して痛みが起こりにくくなります。

また猫背や反り腰などになっていると、歩行時の痔の痛みが強くなりやすいです。そのためウォーキングの際には、意識して姿勢を正すことが大切です。

ウォーキングが痔の改善におすすめな理由

世の中にはさまざまな運動方法があります。例えば野球やフットサル、バスケットボールなどの球技は、愛好者が多いスポーツです。また趣味でゴルフなどを行う人も多いでしょう。

ただこのようなスポーツの中には、肛門に負担がかかるものがあります。

例えば野球のキャッチャーは、しゃがんだ状態を維持します。しゃがんだ姿勢は、肛門に負担がかかりやすいです。そのためキャッチャーポジションを行うことが多い人は、痔を発症しやすいです。

またゴルフで球を打つときには、肛門に強い力がかかります。そのためゴルフを行う機会が多くなると、痔を発症しやすくなります。

さらにサイクリングや乗馬などでは、おしりに強い衝撃が加わります。そのためこれらを行うと、痔が改善するどころか痔が悪化することになりかねません。

特に初心者は、スポーツに体が慣れていません。そのため痔になりやすいスポーツを新たに始めると、肛門に強い負荷がかかって痔が発症・悪化しやすくなります。

これに対してウォーキングは、もっとも肛門に負担のかからない運動法です。さらにウォーキングには、痔を改善させるためのさまざまなメリットがあります。そのため痔を改善させたいのであれば、まずはウォーキングを始めてみましょう。

全身の血行が良くなる

運動不足になると、下半身の血行が悪化します。前述のように血行不良になると、いぼ痔や切れ痔などを発症しやすくなります。

そして血行不良は、あな痔の発症原因となる免疫力の低下を引き起こします。

さらに下半身の血流が悪くなると、腸の働きが低下しやすくなります。その結果、慢性的な便秘を生じたり下痢が頻繁に起こったりしやすくなります。

便秘や下痢は痔の最大の原因です。このことから痔を改善するためには、下半身の血流を良くする必要があります。

下半身の血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉が収縮することによって上半身へと戻ります。

そのためウォーキングによって足の筋肉を使うと、その分だけ下半身の血行不良が解消しやすくなります。その結果、痔が改善しやすくなります。

またウォーキングなどのリズム運動には、自律神経を整える働きがあります。自律神経とはわたしたちの意識とは無関係に働く神経系のことです。例えば心臓の拍動や食べ物の消化吸収などは、自律神経の働きによって行われています。

このとき自律神経が乱れると、食べ物の消化吸収がうまく行われなくなります。その結果、便秘や下痢などが起こって痔が悪化しやすくなります。

一方でウォーキングによって自律神経が整うと、排便異常が起こりにくくなり痔が治りやすくなります。そのためウォーキングを行う習慣があると、痔が改善しやすくなるのです。

手軽にできる

野球やテニスなどのスポーツを行うためには、バットやラケットなどの道具を揃える必要があります。

またこのようなスポーツは一人でできないため、野球などを行うためには友人を誘ったりサークルに入ったりする必要があります。そのためこれらのスポーツを行うためには、まとまった時間が必要となります。

一方でウォーキングは、運動靴があれば行うことができます。また健康的なウォーキングを実践するためには運動服などが必要となるものの、普段着で行っても問題ありません。

さらにウォーキングは自分の好きな時間に行うことができ、少しの空き時間で実践することができます。そのためウォーキングは他のスポーツに比べて、挑戦しやすい運動法だといえます。

妊婦でもできる

妊娠中は痔になりやすい時期です。これは、妊娠中に分泌されるホルモンには便秘を引き起こすものがあるためです。

また妊娠中には大きくなった子宮によって、下半身の血管が圧迫されます。そのため妊娠中には、下半身の血行不良が起こりやすくなります。そして便秘や血行不良などが痔の原因となることは、前述のとおりです。

ただ妊娠中は非妊娠時よりも、体を動かしにくいです。少し動くと息切れが起こりますし、おなかが重くてうまく動けません。そのため妊婦は、ランニングやスポーツなどを行うことが難しいです。

一方でウォーキングは、体に負荷のかかりにくい運動法です。そのためウォーキングは、妊婦でも問題なく実践することができます。

しがたって妊娠中に痔が起こったのであれば、定期的にウォーキングすることをおすすめします。そうすることで、妊娠中の痔が改善しやすくなります。

またウォーキング習慣をつけると、妊娠中に増えがちな体重をコントロールしやすくなります。

妊娠中に体重が増えすぎると、おなかの赤ちゃんが大きくなります。大きい赤ちゃんを経膣分娩で生むためには、強くいきまなければいけません。強くいきむと、その分だけいぼ痔が起こりやすくなります。

そのためウォーキングによって妊娠中の体重がうまく管理できるようになると、分娩時に痔が起こるリスクが低くなります。このことから妊娠中のウォーキングには、産後の痔を防止する効果もあるといえます。

ランニングよりも運動強度が低い

前述のように下半身の血行を改善するためには、足の筋肉を使うのが有効です。そのためウォーキングだけではなく、ランニングにも痔を予防・改善する効果があります。

ただ足の筋肉に強すぎる負荷がかかると、疲労によって下半身の血行がかえって悪化することがあります。そのため普段からランニングしていない人が新たにランニングを始めると、痔が悪化しやすくなります。

これに対してウォーキングは、足に負担をかけにくい運動法です。そのため、常識的な範囲でのウォーキングであれば痔の悪化につながることはほとんどありません。

したがって痔を改善したいのであれば、まずウォーキングから始めるようにしましょう。そして体力や筋力などがついてきたら、ランニングに挑戦してみるといいでしょう。

ダイエットできる

肥満はさまざまな病気の原因となります。例外なく痔も、肥満によって起こりやすくなる病気の一つです。

体に余計な脂肪がつくと、その分だけ血管が圧迫されやすくなります。そのため肥満になると、下半身の血行が悪化して痔が発症・悪化しやすくなります。

また肥満になると腸が圧迫されて、便が腸の中を移動しにくくなります。そのため肥満になっている人は、そうでない人に比べて便秘を起こしやすいです。便秘が起こると、その分だけ痔が悪化しやすくなります。

さらに肥満によって体が重くなると、運動することが億劫になります。そうすると日常的な運動量が低下していき、結果として痔が起こりやすくなります。

このような中、前述のようにウォーキングは体力面や費用面などへの負担が少ない運動法です。そのためウォーキングは、さまざまな運動法の中でもっとも始めやすいです。

またウォーキングすると、1日の消費カロリーが増加するだけではなく足に筋肉が付きます。そうすると、基礎代謝が向上して痩せやすい体になります。ウォーキングにはダイエット効果があるのです。

さらにウォーキングによって下半身の血行が良くなると、むくみが解消されやすくなります。むくみは肥満の原因となります。そのためウォーキングによってむくみが改善されると、肥満が改善されやすくなります。

ダイエットが成功して肥満が解消されると、その分だけ痔が改善しやすくなります。したがって肥満が原因で痔を発症している人は、定期的にウォーキングする習慣を身につけることをおすすめします。

痔を改善させるウォーキングのやり方

ウォーキングとは歩くことを意味します。そのため通勤などの際に一駅分歩いたり、車を使わずに歩いたりすることでウォーキングの健康効果を得ることができます。

ただ痔の改善のためにウォーキングを行うのであれば、いくつかの点に注意して実践することをおすすめします。そうすることでウォーキングの健康効果が高まり、より痔を改善しやすくなります。

ダイエット効果を高めるウォーキング方法

ダイエット目的でウォーキングを行うのであれば、ご飯前に行うようにしましょう。特に朝食の前のウォーキングは、ダイエット効果が高いです。

空腹時では、体に蓄えているエネルギーでウォーキングに必要なエネルギーをまかないます。そのため食前にウォーキングすると、「体に蓄えているエネルギー=脂肪」が減少しやすくなります。

このとき肝臓や筋肉などには、エネルギー源として糖質が蓄えられています。運動し始めてすぐのタイミングは、このようなエネルギー源から消費されていきます。そのためウォーキングなどによって脂肪を燃やすためには、少なくとも20分以上は歩く必要があります。

またダイエット効果を高めたいのであれば、ウォーキング前に筋トレすることをおすすめします。これは無酸素運動の後に有酸素運動を行うと、脂肪が燃焼されやすくなるためです。

無酸素運動を行うと、体に蓄えられている糖質を消費します。また無酸素運動によって筋肉に負担がかかると、筋肉の代謝が向上します。その結果、エネルギーの消費量が増えてダイエット効果が高まるのです。

そして筋トレは無酸素運動であり、ウォーキングは有酸素運動です。そのため筋トレを行ってからウォーキングを行うと、効果的にダイエットすることができます。

このとき筋トレを行った箇所は、特に痩せやすくなります。そのため細くしたい部分があるのであれば、そこを中心に筋トレすることをおすすめします。例えばくびれを作りたいのであれば、腹筋運動を実施してからウォーキングするようにしましょう。

ウォーキングの適切なペースや頻度は?

健康効果を高めるためには、ウォーキングのペースを少し早めにすると効果的です。このとき、ギリギリ会話ができるレベルの速度を目安にすると効果的にウォーキングすることができます。

ただ早く歩くと痔の患部が痛む場合には、ペースを落とすことが大切です。痛みが起こっている状態にもかかわらず速いペースでウォーキングすると、痔が悪化したりウォーキングが嫌になったりします。

そのため痔を改善するためにウォーキングするのであれば、無理ない速度で歩くことが大切です。まずはゆっくりと歩き始め、痔が痛まないようであれば歩く速度を上げてみましょう。

またウォーキングを行う頻度は週2~3回が理想です。ただ人によっては、この頻度でウォーキングをすることが難しいケースがあります。

自分ができる範囲よりも高く目標を設定してしまうと、ウォーキングを習慣的に行うことが難しくなります。そしてウォーキングによる痔の改善効果は、すぐに現れるものではありません。

そのためウォーキングを行う頻度は、自分ができる範囲で設定することが大切です。そしてウォーキングの頻度を少なくするのであれば、ウォーキング時間を長くすると健康効果を実感しやすくなります。

ウォーキングするときの適切な姿勢は?

ウォーキングによる健康効果を実感するためには、正しいフォームでウォーキングを実践する必要があります。

具体的には、背筋を伸ばし体を真っ直ぐな状態にしてウォーキングします。このとき背中を反らせるのではなく、おなかに力を入れて胸を開くようにしましょう。

そしてウォーキングの際には、肩甲骨を動かすイメージで腕を大きく振ります。そうすることで、ダイエット効果が高まったり全身の血行が良くなったりして痔が改善されやすくなります。

このとき普段の姿勢が悪いと、ウォーキングしている間に姿勢が崩れてきます。そのためウォーキングを始めたタイミングでは、ウォーキングのペースを落としてでも正しい姿勢を維持しましょう。

ウォーキングの際の適切な服装は?

ウォーキングする際には、トレーニングウェアを着用することをおすすめします。

トレーニングウェアは通気性が良く運動しやすい設計となっています。そのためトレーニングウェアを着用すると、快適にウォーキングすることができます。

またお気に入りのトレーニングウェアを用意すると、ウォーキングのモチベーションを維持しやすくなります。そのためトレーニングウェアを新調する場合は、自分が気に入ったものを選ぶことが大切です。

ただこのとき薄すぎるトレーニングウェアを選ぶと、おしりが冷えやすくなります。おしりが冷えると、その分だけ痔が悪化しやすくなります。そのため痔を改善するためにウォーキングするのであれば、薄すぎないものを選ぶことが大切です。

どうしても薄いトレーニングウェアを着用したいのであれば、おしり部分にカイロを当てるようにしましょう。そうすることでおしりの冷えを防ぎ、痔の悪化が起こりにくくなります。

なお基本的には、動きやすい服装であればウォーキングすることが可能です。そのため「トレーニングウェアを用意するのがめんどくさい」という人は、家にあるジャージなどでウォーキングするといいでしょう。

ウォーキングに適した靴とは?

ウォーキングでは、まとまった時間歩き続けることになります。そのため長時間の歩行に適さない靴でウォーキングすると、足を痛めやすくなります。したがってウォーキングする際には、服装よりも靴に注意する必要があります。

例えば数百円で買えるような軽いシューズは、長時間の歩行には適しません。またサンダルやヒールの高い靴などで長時間歩くと、足を痛めたり足に疲れが溜まったりしやすくなります。そのためウォーキングする際には、専用のウォーキングシューズを用意することが大切です。

このときウォーキングシューズとランニングシューズは同じものであると思っている人が多いです。

ただ実際には、ウォーキングシューズはランニングシューズよりも重めの設計となっています。また靴底も厚めです。そのため習慣的にウォーキングするのであれば、ウォーキング専用のシューズを用意することをおすすめします。

飲み物を持ち歩く

ウォーキングすると、体が温まって汗をかきやすくなります。特に夏の暑い日は、汗によって体内の水分量が低下しやすくなります。そして体内の水分が少なくなると、その分だけ血液中を流れる水分量が少なくなりやすいです。

このときシロップなどの粘度の高い液体が流れにくいのと同様に、血液中の水分が少なくなると血液が流れにくくなります。そのため体内の水分量が低下すると、血行不良が起こって痔が悪化しやすくなります。このことからウォーキングする際には、こまめに水分を補給することが大切です。

このときただの水は、体に吸収されにくいです。一方でスポーツドリンクは、水などよりも吸収されやすい設計になっています。したがってウォーキングの際の水分補給は、スポーツドリンクで行うようにしましょう。

まとめ

痔を発症すると、歩くだけで痛みが起こることがあります。そのため痛みを伴う痔を発症した人の中には、なるべく歩かないようにする人がいます。

ただ、運動不足は痔を悪化させます。そのため痔を改善するためには、定期的に運動することが大切です。

このときウォーキングは、痔を改善させるのに最適な運動方法です。そのため痔を発症しているのであれば、ウォーキング習慣を身につけることをおすすめします。

またウォーキングの効果を実感しやすくするためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

そのため痔を改善したいのであれば、これまでに述べた内容を踏まえてウォーキングを行いましょう。そうすることで痔そのものが良くなっていき、痛みなどの苦しみから開放されやすくなります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。