妊娠中は痔になりやすい時期です。そのため明確な統計はないものの、専門家の間では妊婦の多くが痔を患っているといわれているようです。

ただ女性には、痔を「恥ずかしい病気」だと思っている人が多いです。

実際に痔を発症した人の中には、病院の先生にすら相談をためらってしまう人もいます。そのため女性の多くは、妊娠中に痔を発症しても「妊娠中に起こる一過性の不快症状の1つである」として我慢してしまいます。

しかしながら、痔の症状は薬によって緩和できます。そのため、痔のつらい症状を我慢し続ける必要はありません。痔によって余計なストレスを抱える必要はないのです。

また妊娠中の痔を放っておくと、出産時に痔が悪化しやすくなります。そのため痔の症状が現れたら一過性の症状だと思い込まずに、痔を改善するための生活習慣を身につけることが大切です。

では、妊娠中にはどのような薬で痔の症状を緩和できるのでしょうか? また、どのような生活習慣を身につけたら痔が改善されるのでしょうか?

そこで、ここでは妊娠中にできる痔を改善するための生活習慣と妊婦が使える痔の市販薬について解説していきます。

妊婦に起こりやすい痔とは?

痔とは肛門に起こる病気の総称です。そのため、肛門に異常を生じているのであれば、痔を発症していることになります。

痔には大きく分けて、いぼ痔切れ痔あな痔の3種類があります。これらのうち妊娠中に起こることが多いのは、いぼ痔か切れ痔、またはその両方です。

痔の種類と原因

いぼ痔(痔核・じかく)とは、肛門クッションという組織がうっ血して腫れ上がった状態のことです。肛門クッションは水道のパッキンのような役割を担う組織であり、直腸側と肛門側の2箇所に存在しています。

肛門クッションには多くの血管が張り巡らされています。そのため、肛門クッションに流れる血液が増えたり肛門クッション内の血液が体内に戻りにくくなったりすると、肛門クッションが腫れ上がっていぼ痔を発症します。

このとき、便秘になっていると排便時に強くいきむことになります。また、下痢になっていると排便する機会が増えます。

強くいきんだり排便姿勢を取る機会が多くなったりすると、その分だけ肛門クッションに血液が流れ込みやすくなります。そのため、便秘や下痢などはいぼ痔の大きな原因の1つです。

また下半身の血行が悪くなっていると、肛門クッション内の血液が体内に戻りにくくなります。そうすると肛門クッション内の血液が「玉突き事故を起こした状態」になり、肛門クッションが腫れ上がっていぼ痔を生じます。

このようなことから、いぼ痔の原因は便秘や下痢などの排便異常や血行不良であることがわかります。

これに対して、切れ痔(裂肛・れっこう)は肛門の皮膚部分に裂け傷ができる病気です。肛門は、排便の際に便の大きさに合わせて広がります。

ただ、便が硬かったり肛門の伸縮性が低くなっていたりすると、肛門が広がりきれずに裂けることがあります。そのため便秘になって便が硬くなっていると、切れ痔を生じやすくなります。

また、下半身の血行が悪くなっていると、肛門の皮膚が酸素・栄養不足となって固くなります。そうすると、肛門が広がりにくくなって排便時に裂けやすくなります。そのため切れ痔もいぼ痔と同様に、便秘や血行不良などによって起こりやすくなります。

さらに、便秘や下痢などの排便異常はあな痔(痔ろう)の原因にもなります。あな痔とは、おしりの中が化膿することによって「膿の通り道=穴」ができる病気です。

このような膿の通り道は自然に治ることがなく、がんの原因にもなります。さらに、妊娠中には痔の手術を行わないのが原則となっています。そのため妊娠中にあな痔を発症したら、長期間あな痔の症状に苦しむことになります。

このようなことから妊娠中にあな痔を発症することは少ないものの、便秘や下痢などになることが多い人はあな痔にも気をつける必要があります。

なぜ妊婦は痔になりやすいのか?

妊娠すると、体内ではエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが大量に分泌されるようになります。これらはどれも、妊娠を継続させるために働くホルモンです。

ただ、2つの女性ホルモンのうちプロゲステロンには、流産を防ぐために子宮を緩める作用があります。このような作用は子宮の周りにも影響するため、妊娠すると腸が収縮しにくくなります。

腸は収縮と弛緩を繰り返すことによって便を体外へと送り出していきます。そのため腸が収縮しにくくなると、その分だけ便が体内に溜まりやすくなります。つまり、便秘を生じやすくなるのです。前述のように、便秘はいぼ痔や切れ痔などの原因となります。

また妊娠中の子宮は、赤ちゃんの成長とともに大きくなっていきます。そしてこのような子宮の膨らみは、妊娠の初期から起こっています。

実際に、妊娠3ヶ月を超える頃の子宮は握りこぶしサイズにまで大きくなっています。そのため、この頃には子宮によって周辺の組織が圧迫されるようになり、さまざまな症状が起こるようになります。

このとき、腸は子宮の隣に位置しています。そのため子宮が大きくなると、その分だけ腸が圧迫されやすくなります。そうすると腸の機能が低下して排便しにくくなり、便秘が起こりやすくなります。

さらに、大きくなった子宮は骨盤内の血管も圧迫します。そのため子宮が大きくなるほど、下半身の血行が悪くなりやすくなります。このようなことから妊娠が進んで子宮が大きくなると、痔が起こりやすくなることが分かります。

そして、妊娠中はストレスを溜めやすい時期でもあります。妊娠中にはさまざまな不快症状が起こり、十分な休息を取れないことも多いためです。

また、妊娠すると行動にさまざまな制限がかかるようになり、思うような活動ができません。そのため、妊娠前に行っていた趣味などを継続できなくなることが多いです。

このようにしてストレスが溜まると、腸の働きが鈍ります。腸は脳の指令を受けることによって働いています。このときストレスがあると、このような脳の指令が乱れやすくなるのです。

腸の働きが低下すると、その分だけ便秘や下痢などの排便異常が起こりやすくなります。このようなことから、妊娠中はストレスによっても痔を発症しやすくなることがわかります。

妊娠中の痔は出産で悪化する

妊娠中には痔だけではなく、さまざまな不快な症状が現れやすいです。

例えば、妊娠中期を超えておなかが大きくなってくると、胃が圧迫されて胃酸が上がってきやすくなります。このような症状は特に、横になっているときに起こりやすくなります。そのため妊娠中期を超える頃には、胃酸によって食道が荒れたり食道の痛みで寝られなくなったりしやすくなります。

また妊婦は、おなかの中の赤ちゃんに栄養や酸素などを分け与えています。そのため、妊娠中には酸素が足りなくなって息切れを起こしやすくなります。

このような妊娠中の症状は、出産することによって治まります。そのため、妊娠中の痔も「妊娠中に起こる一過性のことだから」といって我慢してしまうケースがあります。

ただ多くの場合、妊娠中の痔は出産によって悪化します。

赤ちゃんを経膣分娩で生む際には、妊婦が強くいきむことになります。このときのいきみは、便秘のときの排便とは比べ物にならないほど強いです。

また多くの場合、赤ちゃんが生まれるまでには何度も強くいきむことになります。そのため赤ちゃんを経膣分娩で生むときには、いぼ痔を発症したり悪化したりしやすくなります。

またいぼ痔や切れ痔などの原因の1つに、肛門部分の血行不良があります。そのためこれらの痔を発症しているということは、下半身の血行が悪くなっている可能性が高いです。

このような状態では、出産時にいぼ痔を発症・悪化するリスクが高くなります。このようなことからも妊娠中に痔を発症したのであれば、痔を治しやすくする生活を心がけることが大切です。

痔を改善するための生活習慣

痔は生活習慣病の1つといわれています。これは、痔が悪い生活習慣によって発症しやすくなる病気であるためです。そのため痔が起こりにくい生活習慣が身に付いていると、痔は発症しません。

また、生活習慣病の1つである糖尿病を治療する際には、生活習慣を見直すように医者から指導されます。これは、たとえ効果の高い薬を使用しても、糖尿病になりやすい生活習慣を継続していれば糖尿病が治ることはないためです。

これと同様に、痔を治すためには生活習慣を見直すことが必須となります。そのため生活習慣の改善は、痔の予防だけではなく痔の治療にもつながるのです。

食生活を見直す

便は食べ物のカスから作られています。そのため、健康的な排便には食生活の質が大きく関与しています。

例えば、野菜や果物などの植物性食品には食物繊維が含まれています。食物繊維は人体で消化吸収されない成分であるため、摂取した食物繊維の多くは便になります。そのため食物繊維には、便の量を増やして便秘を防ぐ働きがあります。

また、食物繊維には便の水分量を増やして柔らかくする働きもあります。そのため、食物繊維を摂っていると排便しやすい便となります。

このように、食物繊維には便秘を防ぐためのさまざまな効果があります。そのため食物繊維をしっかり摂っていると、便秘による痔の発症を防ぐことができます。

さらに、食物繊維には腸内環境を良くする働きもあります。

私たちの腸内にはさまざまな細菌が住み着いています。腸内細菌には大きく分けて、善玉菌と悪玉菌の2種類が存在します。

これらのうち、善玉菌は身体が必要とするビタミンを作ったり免疫力を向上させたりする働きがあります。また、善玉菌が放出する酸には悪玉菌を減らす作用があるため、腸内の善玉菌が増えると悪玉菌が減少しやすくなります。

これに対して悪玉菌は、人体に有害な毒素を排出します。そのため腸内に悪玉菌が増えると、腸がダメージを受けて働きが低下します。そうすると、便秘や下痢などの排便異常が起こりやすくなります。

このとき、食物繊維は善玉菌のエサとなります。そのため十分な量の食物繊維を摂っていると、腸内の善玉菌が増えて悪玉菌が減少します。そうすると、便秘や下痢などが起こりにくくなることによって痔のリスクも抑えられることになります。

このように野菜や果物などに含まれる食物繊維には、腸内の環境を良くして排便異常を防ぐ働きもあります。

また、納豆やヨーグルトなどの発酵食品にも腸内環境を良くする働きがあります。そのためこれら食品をたっぷり食べるようにすると、腸内環境が良くなって痔が治りやすくなります。

一方で、油脂や動物性タンパク質などを多く摂り過ぎると、悪玉菌が優勢になりやすくなります。これは、悪玉菌はさまざまな物質をエサにできるためです。

そのため腸内環境を良くするためには、植物性食品をたっぷり摂って動物性食品は必要な分だけ食べるようにすることが大切です。

このとき、妊婦の腸内環境は生まれてくる赤ちゃんにも影響します。これは赤ちゃんが生まれてくるときには、母親から腸内細菌をもらってくるためです。そのため出産時の母体の腸内環境が悪いと、赤ちゃんの腸内環境も悪くなります。

基本的に、出生時の腸内細菌の傾向は一生を通して大きく変わることはないといわれています。つまり、出産時の妊婦の腸内環境は赤ちゃんの将来にまで影響するといわれているのです。

そのため妊娠中は、痔の改善だけではなくおなかの中の赤ちゃんのためにも腸内の環境を良くすることが大切です。

身体を動かす

多くの場合、妊娠中は妊娠前に比べて運動量が低下します。例えば妊娠初期には、つわりなどの症状によって思うように活動できない日々が続きます。

また妊娠中期を超えると、おなかが大きくなってきて足腰に負担がかかるようになります。また、おなかの赤ちゃんに酸素を分け与えることによって母体の酸素が不足し、息切れも起こりやすくなります。

さらに、妊娠を機に仕事を辞めたり休んだりする人は多いです。家にいる時間が長いと、その分だけ体を動かす機会が少なくなります。

こうして運動量が低下すると、筋肉を動かす機会が少なくなります。ただ、筋肉は血液を循環させる役割を担っています。そのため筋肉を動かさなくなると、血液が流れにくくなって血行が悪くなります。

特に下半身の血液は重力の影響を受けているため、もともと流れにくい性質があります。そのため運動不足によって脚の筋肉を使わなくなると、下半身の血行が悪くなって痔のリスクが増大します。

このことから、痔を改善するためにはふくらはぎを使う運動を継続して行うことが大切です。少なくとも、毎日30分以上は歩くようにしましょう。

妊娠中にできる趣味を見つける

基本的に、妊娠中に海外へ行くことは推奨されていません。これは、妊婦には「死に至ることのある症状」が突然現れる危険性が高いためです。そのため海外旅行が趣味だった人は、妊娠によって我慢することを強いられます。

また、妊娠中には喫煙や飲酒などができません。そのためこれらの嗜好があった人は、妊娠中に多くのストレスを抱えやすいです。

前述のように、ストレスは痔の原因となります。そのため、妊娠中にはストレスを溜めないように意識して過ごす必要があります。このことから趣味・嗜好が妊娠中に行えない人は、妊娠中にもできる趣味を新たに見つけることが大切になります。

このとき、自分の趣味の傾向を注意深く考察してみると、自分に合った趣味を見つけやすくなります。

例えば海外旅行が趣味である人の中には、見たことのない景色を求めて海外に行く人や違う文化に触れたい人、現地の食べ物を食べたい人などのさまざまなタイプが存在します。

見たことのない景色を見たい人であれば、遠いところにある町を散歩すると気が晴れるかもしれません。

また、違う文化に触れたい人は異文化交流に参加したり外国人の友達を作ったりすることによって好奇心を満たせる可能性があります。現地の食べ物を食べたいのであれば、インターネットなどで作り方を調べて自分で一から作ってみるという手もあります。

中には、「このような代替案では満足できない」という人もいるでしょう。ただ多くの場合、妊娠中にできない趣味は産後もしばらくの間できません。そのため出産後をストレスなく過ごすためにも、妊娠中にできる趣味を見つけておくことが大切です。

妊娠中におすすめなアロマテラピー

近年では、アロマテラピーを取り入れている医療機関が増えてきています。

一般的に、アロマテラピーは「いい匂いを嗅いでリラックスすること」だと思われています。ただ実際には、アロマテラピーで得られるのはリラックス効果だけではありません。これは、アロマテラピーでは植物に含まれている成分を凝縮した精油が用いられるためです。

精油の材料となっている植物には、人体に作用のある天然の成分が含まれています。そのため精油の摂取によって植物がもつ成分が体内に入ると、身体にさまざまな効果が現れます。

例えば、ラベンダーの精油には気持ちをリラックスさせるだけではなく、体の緊張を解いたり炎症を抑えたりする作用などがあります。そのため精油の成分が鼻から体内に入ると、肩こりや偏頭痛などが改善したり皮膚の炎症が治まったりしやすくなります。

このとき、アロマテラピーによって体内に入る精油の量は微量です。そのためアロマテラピーでは、植物のもつ作用が緩やかに現れます。

アロマテラピーに使用される精油の中には、サイプレスやグレープフルーツなどの炎症を抑えたり血行を良くしたりなどの作用があるものがあります。そのためこれらの精油をアロマテラピーに使うと、痔の症状が緩和する効果が期待できます。

アロマテラピーには精油を気化させて香りを楽しんだり、植物性オイルに少量の精油を入れて体をマッサージしたりするなどのさまざまな方法があります。これらのうち、精油の香りを楽しむ場合は体内に入る精油の量が少ないため、身体に悪影響が出にくいです。

一方で、精油を入れたオイルでマッサージをすると、体内に入る精油成分が多くなります。

このとき、薬を飲みすぎると副作用を生じやすくなるのと同様に、体内に入る精油の量が多くなるとその分だけ身体に悪影響が出やすくなります。特に、花から抽出した精油は妊娠中に避けるべき成分が含まれているものが多いです。

そのためデリケートな身体である妊娠中には、精油利用でのマッサージを避け、精油を気化させて香りを楽しむ程度にすることが大切です。

妊婦が使える痔の市販薬とは?

妊婦は身体の中で赤ちゃんを育てています。赤ちゃんは母体の血液から栄養や酸素などを受け取っています。そのため妊婦が使用した薬の一部は、赤ちゃんの体内に入ります。

このとき、赤ちゃんの身体は大人に比べて未熟です。そのため大人であれば問題のない薬であっても、赤ちゃんの身体には毒となることがあります。このようなことから妊娠中には、使用できない薬が多くなります。

しかしながら、痔の薬の中には妊娠中にも使えるものがあります。このような薬を上手く使うことで、痔の症状を緩和してストレスのない毎日を送れるようになります。

そのため、妊娠中に痔を発症したのであれば、自身が使える薬とその作用をしっかり理解しておくことが大切です。

塗り薬(外用薬)は使える?

塗り薬は、痔の薬の代表的なものです。痔の塗り薬のうち、市販薬にはボラギノール(武田薬品)やプリザ(大正製薬)、リシーナ(ロート製薬)などがあります。

これらの市販薬には大きく分けて、ステロイドが入っているものステロイドが入っていないものの2種類があります。

ステロイドとは炎症を抑えて痒みや痛みなどを緩和する成分のことです。ステロイドは作用の強さによっていくつかのタイプがありますが、どれも非ステロイドに比べて高い抗炎症作用をもちます。

ただステロイドには、身体の免疫力を抑える働きもあります。そのためステロイドを慢性的に使っていると、炎症が起こりやすい体質になったり皮膚が薄くなったりなどのさまざまな副作用が現れます。

このとき、市販の塗り薬に含まれているステロイドはそれほど強いタイプのものではありません。

また、皮膚から吸収される薬の量は口から摂取したときに比べてかなり少ないです。そのため妊婦が市販の痔の薬を使っても、おなかの赤ちゃんに異常は出ないといわれています。

ただステロイドを含む薬剤は、非妊娠時であっても2週間を目処に使い終えるべきであるとされています。これは前述のように、ステロイドの長期利用には副作用が伴うためです。このことから、ステロイドは体への影響が強い薬であることが分かります。

また、妊娠中のステロイドが赤ちゃんにまったく影響がないという保証はありません。

実際に妊婦がステロイド剤を使った後、赤ちゃんの体内にどれくらいのステロイドが移行したかを調べることはできません。そのため、妊娠中の薬の使用が与える赤ちゃんへの影響については、わからない部分が多いというのが現実です。

このようなことから、赤ちゃんへの影響を考えるのであれば、ステロイド入りの薬剤はなるべく避けるべきだといえます。そして症状がつらくて眠れないときなどに、限定的に使用するのが賢明だといえます。

なお、2種類あるボラギノールのうち、黄色のパッケージであるボラギノールAにはステロイドが配合されています。一方で、緑色のパッケージのボラギノールMがステロイド非配合となっています。

また、複数あるプリザのうち、ステロイド非配合なのはプリザクールジェルです。それ以外のプリザには、ステロイドが含まれています。

痔の薬を選ぶときには商品名をしっかり見て、自分が求めているタイプの薬を購入するようにしましょう。

飲み薬は使える?

市販の痔の薬には、服用するタイプの漢方薬もあります。

一般的に、漢方薬は身体への作用が優しいと思われがちです。そのため漢方薬には副作用がなく、妊娠中にも飲めると思っている人は多いです。

ただ実際には、漢方薬は作用の弱い薬ではありません。そのため、漢方薬であっても副作用が起こることがあります。漢方薬が赤ちゃんに影響が少ない薬であるとは限らないのです。

また、痔の漢方薬には排便を促す成分が含まれています。このような成分には腸を無理やり動かす作用があります。ただ腸が無理やり動くと、隣にある子宮も動きやすくなります。

妊娠中に子宮が収縮すると、おなかに強いハリを感じて苦しくなります。また臨月以外での子宮の過剰な収縮は、流産や早産などにつながります。

そのため、妊娠中には腸を動かす成分が含まれている薬は服用を避けるべきです。このことから、妊娠中には「市販されている飲む痔の薬」は使用できないといえます。

妊婦が使える便秘薬

便秘を改善する手段の1つに、便秘薬の使用があります。女性はもともと便秘になりやすいため、自宅に便秘薬を常備している人は多いでしょう。そのため妊婦の中には、便秘を改善するために妊娠前に使っていた便秘薬を服用するケースがあります。

ただ前述のように、妊娠中には「腸を動かす薬」を使うべきではありません。そして、このような成分は便秘薬の多くに含まれています。そのため妊娠中に便秘薬を飲みたいのであれば、非妊娠時に服用していた便秘薬のタイプを確認することが大切です。

このとき、手元にあるのがスラーリアやマグネシア、ミルマグなどの酸化マグネシウムで出来ている便秘薬であれば、妊娠中に飲んでも問題ありません。酸化マグネシウムは便の水分量を増やして柔らかくする成分であり、腸を動かす作用がないためです。

一方で、有効成分の欄に酸化マグネシウム以外の成分が記載されている場合は、服用を避けるのが賢明です。これは、酸化マグネシウム製剤以外のほとんどに腸を動かす成分が含まれているためです。

そのため手元にある便秘薬に酸化マグネシウム以外の有効成分が記載されているようであれば、服用しないようにしましょう。そして、新たに酸化マグネシウム製剤を購入して、便秘を改善させることをおすすめします。

妊婦が使える鎮痛薬

痔による痛みは鎮痛薬によって緩和させることができます。ただ、妊娠中には服用できない鎮痛薬がかなり多いです。

生理痛を緩和させるために使われることの多いイブやロキソニンなどには、おなかの赤ちゃんに悪影響がある成分が含まれています。

そのため、普段使っているからといってこれらの薬を飲むのは危険です。

一方で、さまざまな鎮痛成分の中でもアセトアミノフェンは、小児に使われることもある成分です。そのためアセトアミノフェンで出来ている鎮痛薬は、妊娠中にも服用することができます。

アセトアミノフェンで作られている市販の鎮痛薬には、タイレノールやラックルなどがあります。また小児用バファリンなどの子供用鎮痛薬もアセトアミノフェンのみを含む薬です。

そのため妊娠中に鎮痛薬を飲む際には、これらの薬を選ぶようにしましょう。

まとめ

妊娠中の女性は、女性ホルモンの作用や大きくなったおなかなどによって便秘や血行不良などになりやすいです。そして、これらが原因で痔を発症しやすくなっています。

ただ、痔は生活習慣病の1つです。そのため、生活習慣を見直すことによって妊娠中の痔であっても改善することが期待できます。

また妊娠中に使える薬はそう多くないものの、中には妊婦が使える痔の薬もあります。そのため妊娠中に痔を発症したのであれば、このような薬を使って痔の症状が緩和するようにしましょう。

そうすることによってストレスなく過ごすことができるようになり、生活習慣の改善にも前向きに取り組めるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。