妊娠中は不快な症状が出やすい時期です。

例えば、妊娠中に「つわり」と呼ばれる吐き気などの症状が出やすいことは有名です。またおなかが大きくなることによって、腰痛や息切れなども起こりやすくなります。

このような妊娠中の不快症状の中でも、悩んでいる人が特に多い病気が痔です。これは、妊娠中は痔になりやすい時期であるためです。

また、女性の多くは「痔は恥ずかしい病気である」と思っています。そのため、妊娠中に痔を発症しても誰にも相談できないという人はかなり多いです。

ただ、痔には痛みや出血などの症状を伴うことが多いです。このような症状は、妊娠生活を辛く苦しいものにします。そのため痔の症状が起こっているようであれば、適切に対処することが大切です。

しかしながら痔にはいくつかのタイプがあり、それぞれ対処法が異なります。そのため、妊娠中に肛門部分に違和感や痛みなどを覚えたら、まずは自分の痔のタイプを把握する必要があります。

では、妊娠中に生じやすい痔にはどのようなタイプがあるのでしょうか?また、痔の症状が現れたらどのように対処したらいいのでしょうか?

そこで、ここでは妊婦が発症しやすい痔やその原因、痔を発症したときの対処法などについて解説していきます。

妊娠中に生じやすい痔とは?

痔とは肛門部分に生じる病気の総称です。そのためこの部分に何らかの症状が出ているのであれば、痔を発症していることになります。

痔には大きく分けて、いぼ痔切れ痔あな痔の3種類があります。

これらのうち、あな痔とは腸や肛門など以外のところに便が入り込むことによって化膿が起こり、膿の通り道=穴ができる痔のことです。あな痔を発症すると肛門以外の所から膿が出てきたり、おしりの腫れや痛み、全身の発熱などが起こったりします。

あな痔は自力で治せる病気ではありません。そのため上記のような症状が出ているのであれば、すぐに医者に相談する必要があります。

ただ妊娠中にあな痔が起こるのはまれであり、妊婦に起こる痔のほとんどはいぼ痔と切れ痔です。またこれらの痔は、妊婦の多くが経験しているといわれています。

ぷにぷにしたできものができる「いぼ痔」

肛門には肛門クッションという組織が存在しています。肛門クッションは多くの血液が流れることによって柔らかくなっており、水道のパッキンのような役割を果たしています。

このとき、排便時に強くいきんだり肛門クッション内の血液が体内に戻りにくくなったりすると肛門クッションに血液が溜まって腫れ上がることがあります。これがいぼ痔(痔核・じかく)です。

肛門クッションは直腸側と肛門側の2箇所にあります。これらのうち直腸側の肛門クッションが腫れたものを内痔核(ないじかく)、肛門側の肛門クッションが腫れたものを外痔核(がいじかく)といいます。

・内痔核

内痔核を生じる直腸部分には痛覚がありません。そのため、内痔核の初期には痛みを感じません。

ただ、いぼ痔の表面は薄く脆い状態になっているため、排便などによって刺激が加わると容易に出血します。いぼ痔の中にはたくさんの血液が詰まっているため、いぼ痔から出血が起こると便器の中が真っ赤に染まるほどの出血量となることが多いです。

そのため痛みが起こっていなくても肛門から大量の出血が起こったのであれば、初期(Ⅰ期)の内痔核を発症している可能性があります。

内痔核が進行していぼ痔が大きくなると、排便時に肛門から脱出するようになります(脱肛)。このような進行度の内痔核をⅡ期といいます。

内痔核が脱肛するようになると、肛門がいぼ痔を締め付けるようになるため、初期の内痔核に比べて出血量が少なくなりやすいです。一方で肛門付近には痛覚があるため、内痔核が脱肛すると痛みを生じるようになります。

内痔核がさらに進行すると、排便にかかわらずいぼ痔が肛門から飛び出したままになります。このとき、指で押し戻すことができればⅢ期の内痔核、指で押しても肛門内に戻らない場合はⅣ期の内痔核となります。

このような状態になると肛門がしっかり閉まることができなくなるため、腸の粘液が漏れ出して下着が汚れることがあります。また、内痔核が肛門から出ているときには痛みを感じるようになり、座ったり歩いたりするのが困難になります。

内痔核は肛門クッションが血液で膨らんだ状態になっているため、水風船のようなぷにぷにとした触感になっていることが多いです。

また内痔核そのものには痛覚がないため、内痔核を触っても痛みは感じません。そのためいぼ痔がぷにぷにとしており、触ってもいぼ痔そのものが痛むようでなければ内痔核を発症しているといえます。

・外痔核

外痔核を生じる肛門部分にはたくさんの神経が通っています。そのため、外痔核を発症すると激しい痛みを感じるようになります。

外痔核には内痔核に伴って生じる内外痔核と外痔核が単独で起こる血栓性外痔核の2種類があります。

血栓性外痔核とは、肛門側の肛門クッション内に血の塊(血栓)ができることによって生じる病気です。内痔核はぷにぷにとした触感であった一方で、血栓性外痔核は血栓の存在によってコリコリとした硬めの触感になります。

また、内痔核そのものには痛みを伴わない一方で、外痔核には痛覚があります。そのため外痔核を触ると、いぼ痔そのものが鋭く痛みます。

このようなことから、いぼ痔がコリコリとした触感だったり触ると激痛が走ったりする場合は、外痔核を発症している可能性が高いといえます。

・嵌頓痔核

いぼ痔の中には、嵌頓痔核(かんとんじかく)と呼ばれるものもあります。嵌頓痔核とは、脱出するようになった内痔核の中にたくさんの血栓ができて大きく腫れ上がったいぼ痔のことをいいます。

肛門から脱出した内痔核は、肛門によって締め付けられます。このとき、流れる勢いの強い動脈血は内痔核の中に流れ込む一方で、勢いの弱い静脈血はいぼ痔の外へ流れにくくなります。

流れにくくなった静脈血は、血栓を形成することがあります。静脈に血栓ができると、いぼ痔の外へ流れる血液がせき止められることになります。

そうするといぼ痔の中に急激に血液が溜まっていき、いぼ痔が親指~握りこぶし程度のサイズまで大きくなって嵌頓痔核を形成します。

嵌頓痔核では痛覚のある部分まで腫れが広がるため、動けなくなるほどの激痛を感じます。そのため肛門の大きな塊に激しい痛みを伴うようであれば、嵌頓痔核を発症している可能性が高いです。

肛門が裂ける「切れ痔」

排便の際には便が肛門に合わせて形を変化させると同時に、肛門も便の大きさに合わせて広がります。これによって排便がスムーズに行われます。

このとき、便が肛門を通り抜けにくいほどの大きさ・硬さになっていたり肛門が固くなっていたりすると、肛門が広がりきれずに裂けてしまうことがあります。これが切れ痔(裂肛・れっこう)です。

切れ痔を生じると、手足に傷を生じたときと同様に痛みや出血などが起こります。

特に排便によって傷口が便と擦れるときには、ビリビリとした痛みと滴り落ちるような出血を生じやすいです。そのため、このような症状があるようであれば、切れ痔を発症している可能性が高いといえます。

いぼ痔と切れ痔の原因とは?

肛門は便の通り道です。そのため、便の状態はいぼ痔や切れ痔などの発症に大きく関与しています。

例えば便秘になっていると、強くいきまないと排便できなくなります。また、便が固くなって肛門を通り抜けにくくもなります。そのため、便秘はいぼ痔と切れ痔の大きな原因の1つです。

一方で、下痢になっていると排便の機会が増えます。ただ、排便のポーズは肛門クッションに血液が流れ込みやすい姿勢です。そのため、下痢になっているといぼ痔を発症しやすくなります。

また下痢によって生じる水様便は、肛門にダメージを与えて弱くします。そのため水っぽい便を排出する機会が多くなると、その分だけ肛門が裂けやすい状態になって切れ痔が起こりやすくなります。

このように、便秘や下痢などの排便異常はいぼ痔と切れ痔の原因となります。そのため、これらの痔を予防・改善するためには排便異常を改善する必要があります。

また、いぼ痔は肛門クッション内の血流が悪くなることによっても起こります。さらに肛門付近の血行が悪くなると、肛門の伸縮性が低下して裂けやすくなります。そのため、下半身の血行不良もいぼ痔と切れ痔の原因となります。

なぜ妊娠中に痔を生じやすくなるのか?

妊娠を経験したことがない人は、痔と妊娠には何の関係もないように感じることでしょう。そのため、妊娠によって初めて痔を経験した人は、「まさか自分が痔になるなんて」と思うことが多いようです。

実際に、痔は虫歯に次いで患者数が多い病気であるものの、「座りっぱなしのおじさんが発症する病気」と思われがちな病気です。

また妊娠中に腰が痛くなった場合、大きくなったおなかが原因であると理解しやすいです。一方で、大きくなったおなかと肛門は直接的なつながりがありません。そのため妊娠中に痔を生じても、妊娠が原因であるとは思いにくいです。

ただ妊娠中にはおなかが大きくなるだけではなく、全身にさまざまな変化が起こっています。これは、妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌されるようになるためです。

妊娠中は便秘になりやすい

妊娠が成立すると、妊娠を継続させて出産を行うために女性の体内では大量の女性ホルモンが分泌されるようになります。

このような女性ホルモンの1つであるプロゲステロンには、子宮の収縮を防ぐ働きがあります。このとき、子宮が収縮すると「子宮内の胎児が外に押し出される=流産」することになります。そのため、プロゲステロンは流産を防ぐ働きを担っているといえます。

ただ、プロゲステロンの効果は子宮の周りの組織にも作用します。そのため妊娠中に大量のプロゲステロンが分泌されていると、子宮の隣にある腸も緩みやすくなります。

腸は縮むことによって便を体外へと押し出しています。そのため、腸が緩むと排便が行いづらくなるため便秘が起こりやすくなります。このことから妊娠中に分泌されるプロゲステロンには、便秘を促す作用があることがわかります。

また妊娠中期を超えるとおなかが大きくなってくるものの、妊娠初期の腹部は妊娠前と変わらない見た目になっています。そのため、この時期には「子宮の大きさは妊娠前と変わらない」と考える人が多いです。

ただ実際には、妊娠3ヶ月頃の子宮は握りこぶし大ほどの大きさになっています。そして女性の骨盤の中には、子宮などの女性器だけではなく腸や膀胱などがギュッと詰まった状態になっています。そのため妊娠3ヶ月を超えると、子宮周りの組織が圧迫されるようになります。

このとき腸が子宮に圧迫されると、腸の機能が低下して上手く排便できなくなります。そのため、妊娠しておなかが大きくなってくると、それに応じて便秘になりやすくなっていきます。

妊娠中は下半身の血行が悪くなる

子宮が大きくなることによって圧迫されるのは臓器だけではありません。大きくなった子宮は骨盤内の血管も圧迫します。

血管が圧迫されると、その分だけ血液が通り抜けにくくなります。そのため子宮が大きくなると、それに応じて下半身の血行が悪くなりやすくなります。

また妊娠によっておなかが大きくなると、足腰に負担がかかって思うように動けなくなります。さらに息切れもしやすくなるため、運動量が大きく減少しがちになります。

ただ、体を動かさないと筋肉が働きません。筋肉には血液を流す働きがあります。そのため筋肉を動かさないと、その分だけ血液の流れが悪くなります。

このような状態になると、肛門クッション内の血液が体内に戻りにくくなったり肛門に十分な血液が送られずに固くなったりしやすくなります。そのため妊娠によって子宮が大きくなると、血行不良によっていぼ痔や切れ痔などを発症しやすくなるのです。

ストレスが溜まりやすい

妊娠中には行動の制限が多く、ストレスを溜めやすいです。

例えば、妊娠中にはお酒を飲むことができません。そのためお酒が好きな人は断酒を強いられることになり、ストレスを溜めやすくなります。

また前述のように、妊娠中にはうまく動けなくなります。さらに、妊娠中には大きなおなかによって眠りづらくなり、疲れを溜めやすいです。そのため、妊娠中は非妊娠時よりもストレスを抱える人が多くなります。

ただ、ストレスは脳に負担をかけて自律神経の乱れを引き起こします。自律神経とは体のさまざまな機能を無意識に調整している神経です。そのため自律神経が乱れると、身体のさまざまなところに不調を生じやすくなります。

例えば、腸の働きは自律神経にコントロールされています。そのため自律神経が乱れると、腸が上手く働けなくなって便秘や下痢などの排便異常が起こりやすくなります。

また、自律神経は血液の流れにも関与しています。そのため、ストレスによって自律神経の働きが低下すると、全身の血流が悪くなります。

このように、自律神経の乱れは痔の原因となる排便異常や血行不良などを引き起こします。そのため、ストレスを溜めやすい妊娠中には、自律神経の乱れによる痔を発症しやすくなるのです。

妊娠中に痔の症状が現れたらするべきこと

痔は直ちに命に関わる病気ではありません。特にいぼ痔や切れ痔などは、自然に治る病気であり放っておいても死に至ることはありません。

ただ、痔には痛みや出血などの症状を伴います。このようなつらい症状は妊娠中のストレスを増大させます。

そして妊婦のストレスは、おなかの中の赤ちゃんに悪影響を与えることがわかっています。そのため、妊娠中にはなるべくストレスを溜めないように気をつける必要があります。

痔の症状は、生活を工夫することによって感じにくくなります。また、いぼ痔や切れ痔などは生活習慣を改めることによって良くなっていきます。そのため痔を発症しているようであれば、日常の生活を見直してみることが大切です。

しかしながら、痔ではない症状を痔と思い込んでしまうと重篤な事態に繋がりかねません。このことから、「痔かな?」と思ったらまずは本当に痔かどうかを確かめて見る必要があります。

出血した場合は出血箇所を確かめる

痔の症状の中には出血があります。痔は肛門に起こる病気であるため、痔による出血は肛門から排出されます。そのため、痔による出血は排便時に起こることが多いです。

ただ肛門の隣には膣があり、その奥には赤ちゃんのいる子宮があります。そのため、トイレで気付いた出血を痔によるものだと思い込んでしまうと、子宮からの出血を見逃してしまうことがあります。

妊娠中には体内の血液の量が増えています。そのため妊娠中は出血しやすい時期であり、膣からの出血も健康上の問題がないケースがあります。

ただ妊娠中の出血の中には、切迫早産や切迫流産、早産、流産などが起こる前触れであることがあります。また、母体や赤ちゃんなどに命の危機が起こっているケースもあります。

そのため、トイレットペーパーや下着などに血液が付着した場合は、まずはどこから出血しているのかを確かめるようにしましょう。そして、肛門と膣のどちらから出血しているかが分からないときは、早急に産婦人科で検査を受けることが大切です。

おしりを温める

血行不良はいぼ痔や切れ痔などのを引き起こしやすくするとともに、悪化させる原因にもなります。そのためいぼ痔や切れ痔などを発症しているのであれば、下半身の血行を改善することが大切です。

このとき、身体を温めると血液の巡りが良くなります。そうするといぼ痔や切れ痔などが改善しやすくなるだけではなく、症状も緩和しやすくなります。そのため、いぼ痔や切れ痔などの症状を生じているのであれば、おしりを温めることをおすすめします。

例えば、お風呂に浸かると患部が温まって痛みなどがかなり減少します。またお風呂に入るとリラックスしやすくなるため、自律神経の乱れによるいぼ痔や切れ痔なども改善しやすくなります。

このとき、妊娠中は非妊娠時よりものぼせやすいです。そのため妊娠中に入浴する際には長湯を避け、頭に冷たいタオルを置いたり水分をしっかり補給したりなどの、のぼせ対策を行うようにしましょう。

またカイロなどを下着に貼り付けると、下半身の血行が改善されて痔の症状が緩和しやすくなります。このときおしりに直接カイロが触れていると、低温やけどを起こす危険性があります。そのため、カイロは下着の上に貼り付けるようにしましょう。

いぼ痔や切れ痔などが温めることによって改善する一方、あな痔は温めると症状が悪化します。そのため、発症している痔があな痔である場合には患部を温めないようにしましょう。

また、いぼ痔や切れ痔などであっても、患部が化膿しているときは温めてはいけません。そのため、おしりから膿が出ているときにはお尻を温めず、冷やすようにしましょう。

立ちっぱなし座りっぱなしはなるべく避ける

痔は人間特有の症状だといわれています。これは、人間が直立する生き物であるためです。

直立すると、肛門が胴体の底に位置することになります。胴体の底には重力の影響によって血液が溜まりやすいです。そのため、立ちっぱなしや座りっぱなしなどになると痔を発症しやすくなります。

ここで、妊婦は立ちっぱなし・座りっぱなしになりやすい状況にあります。

妊婦の中には、妊娠を機に仕事を辞めたり休んだりしている人がいます。一般的には、仕事がないと自宅にいる時間が長くなります。このとき、家でテレビを見たり裁縫をしたり、読書をしたりしていると、座りっぱなしになる時間が長くなります。

また家にいる時間が長くなると、家事の機会が増えます。ただ、家事の多くは立ちっぱなしになる作業です。

また、妊婦になるとかがむことが難しくなるため、拭き掃除なども立ちながらすることが増えます。そのため、専業主婦の妊婦は立ちっぱなし・座りっぱなしによって痔を発症しやすいです。

一方で、仕事を続けている妊婦は座りっぱなしによって痔を発症しやすくなります。

通常、安定期に入る妊娠中期には会社に妊娠を報告します。このとき一般的に、座位は楽な姿勢だと思われています。

実際に、座っているときは立っているときに比べて身体への負担が少ないです。そのため会社の上司などは、妊婦の体を案じてデスクワークなどの「なるべく軽い仕事」を任せるようになることがあります。

ただ、デスクワークは座りっぱなしとなる作業です。そのためデスクワークを行っている時間が長いと、その分だけ痔を発症するリスクが高くなります。

このように、妊婦はもともと身体が痔になりやすい状態になっている上に、痔になりやすい環境に置かれることも多いです。そのため妊娠中には、「痔になりやすい身体である」ということを自覚して、身体をこまめに動かすように注意することが必要です。

座るときには円座クッションを使う

多くの場合、痔を発症すると座っている際に痛みを感じるようになります。このような痔の痛みは、円座クッションを利用することによって緩和します。

円座クッションとは中心部分が空洞になっているクッションのことであり、ドーナツクッションと呼ばれることもあります。円座クッションを利用すると、痔の患部が椅子に触れにくくなるため痛みが緩和しやすくなります。

さらに、円座クッションは産後にも役立ちます。

出産時には、赤ちゃんが膣を経由して体の外に出てきます。このとき多くの場合、膣の入り口が裂けます。場合によっては、入り口をハサミで切ることもあります。

膣の入り口が切れると、その分だけ痛みを感じます。そうすると痔を生じたときと同様に、座る際に強い痛みを生じるようになります。円座クッションは、このような痛みも緩和するのです。

そのため妊娠中に痔を発症して座るのが辛くなっているのであれば、円座クッションを用意することをおすすめします。そうすることによって、妊娠中だけではなく産後の痛みも和らげることができるようになります。

内痔核の場合は中に押し込む

発症している痔が内痔核である場合、いぼ痔を肛門内に押し込むことによって痛みを感じなくなります。そのため肛門部分に「ぷにぷにとした触っても痛くない出来物」を生じているのであれば、肛門の中に押し込んでみるようにしましょう。

このとき、いぼ痔を触った部分が痛む場合は、内痔核ではなく外痔核です。外痔核は肛門の外にできるいぼ痔であるため、肛門内に押し込んでも再び出てきます。また、外痔核を無理やり押し込んでも痛みが緩和することはありません。

そして外痔核を肛門内に押し込もうとすると、激しい痛みを感じます。そのためいぼ痔を触って激しい痛みを感じるようであれば、肛門内に無理に押し込もうとしないようにしましょう。

患部はきれいに保つ

肛門は便の通り道です。便にはさまざまな菌が含まれており、中には人体に有害なものもあります。そのため排便後には、肛門をきれいに拭き取る必要があります。いぼ痔や切れ痔などを発症しているのであれば、特に肛門を清潔に保たなければなりません。

このときトイレにウォッシュレットがついているのであれば、患部に優し温水を当てて患部を洗い流すようにしましょう。

ウォッシュレット機能のないトイレを使用する場合は、排便後に座浴を行うことをおすすめします。そうすることによって、トイレットペーパーだけでは落としきれない汚れを優しく洗い流すことができます。

また出かけ先などにシャワートイレがない場合は、柔らかいウェットティッシュで拭き取ると患部を清潔に保つことができます。

このとき、アルコール入りのものを選ぶと拭き取る際に強い痛みを生じることがあります。そのため、肛門を拭く際には、デリケートゾーン用のウェットティッシュや赤ちゃん用のおしりふきなどを使用しましょう。

まとめ

妊娠すると、分泌されるホルモンや大きくなったおなかなどによって便秘や血行不良などが起こりやすくなります。そして、これが原因でいぼ痔や切れ痔などを発症しやすくなります。

これらの痔は命を脅かす病気ではないものの、痛みや出血などのつらい症状を伴います。そのため妊婦に痔が起こると、妊娠中のストレスが増大して母体やおなかの中の赤ちゃんなどに悪影響が起こります。

そのため、妊娠中に痔の症状が起こった場合は、ストレスを溜めないようにうまく対処する必要があります。そうすることによって前向きで楽しい妊娠生活を送ることができ、赤ちゃんを快く家族として迎えられるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。