自分が病気になることをあらかじめ想定している人は、ほとんどいないでしょう。特に痔は、「自分とは無縁の病気である」と思われがちです。

ただ実際には、日本人の3人に1人は痔であるといわれています。そのため、海外滞在中などのいつもと違う環境で痔を発症する人もいます。

ただ海外では、日本で当たり前にできていることができません。特に現地の言葉がわからないと、想定外のことに対処できなくなりやすいです。そのため海外旅行中などに痔が起こったり悪化したりすると、うまく対処できずにつらい思いをしてしまうことがあります。

では海外で痔の症状がつらくなったら、どのように対処したらいいのでしょうか? また痔の薬を買いたい場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

そこでここでは、海外で痔の症状がつらくなったときの対処法について解説していきます。

海外で痔の症状を軽くする方法

ドラッグストアなどでは、さまざまな種類の痔の薬が売られています。また薬の販売店には必ず薬剤師などの専門家がいるため、症状を伝えて自分に適した薬を選んでもらうこともできます。そのため日本で痔の症状がつらくなった場合、痔の薬を使うことが多いでしょう。

ただ、外国にいるとき水や食べ物などの現地の言葉は知っていても、「痔」という外国語を知らない人がほとんどでしょう。

そのため言葉がわからない地域で薬を買うために薬店に行っても、どれが痔の薬なのかがわかりません。また言葉がわからなければ、現地のスタッフに相談することも難しいです。

ただこのとき、薬を使わなくても痔の症状を緩和する方法があります。そのため薬が手に入れられない環境にいる場合は、以下のような方法を試してみましょう。

患部を温める

痔にはいぼ痔(痔核)切れ痔(裂肛)あな痔(痔瘻)の3種類があります。

いぼ痔では、肛門の内側や外側などにいぼのような出来物を生じます。肛門内側にできるいぼ痔を内痔核、肛門外側にできるいぼ痔を外痔核といいます。

内痔核ができる組織には、痛覚がありません。そのため、初期の内痔核では痛みを感じません。ただこの時期の内痔核では、肛門から便器の中が真っ赤に染まるほどの出血が起こることがあります。

また内痔核が進行して大きくなると、肛門からぷにぷにとしたいぼが脱出するようになります(脱肛)。この頃になると痛覚のある部分に内痔核が触れるようになるため、痛みを伴うようになります。

一方で外痔核は、痛覚のある部分にできるいぼ痔です。そのため外痔核には、動けなくなるほどの激しい痛みを伴います。また外痔核は、コリコリとした触感であることが多いです。

このようなことから、痛みを伴わない肛門からの出血や肛門付近にぷにぷに・コリコリとした出来物ができている場合は、いぼ痔を発症している可能性が高いです。

また切れ痔は、肛門皮膚にできる裂け傷です。そのため切れ痔には、傷に触れたときのようなピリピリ・ビリビリとした痛みを伴います。また、トイレットペーパーに付着する程度の少量の出血が起こることもあります。

基本的に、切れ痔の症状は排便後に起こります。そのため排便後、肛門に痛みが起こったり便に血液が付着したりする場合は、切れ痔を発症していることが考えられます。

そしていぼ痔や切れ痔などは、患部を温めることで症状が緩和しやすいです。そのためこれらの症状が出ているのであれば、おしり周辺を積極的に温めるようにしましょう。

具体的にいうと、可能であれば座浴や入浴などを毎日行いましょう。バスタブや浅めのバケツなどにお湯を張って入浴し、下半身をしっかり温めることで痔の痛みが軽減するとともに痔そのものが改善していきます。

また座浴や入浴などが不可能な環境である場合、シャワーを長めに肛門周辺に当てます。このとき腰が温まると、肛門組織の血行が良くなりやすいです。そのため、おしりから腰にかけてシャワーを当てるのが効果的です。

そして温めると症状が緩和する一方で、患部を冷やすと症状が悪化します。そのためいぼ痔・切れ痔の症状が現れているのであれば、薄着を避けて下半身を冷やさないように気をつけましょう。

なお肛門からの大量出血は、ポリープや大腸がんなどでも起こります。そのため腰やおしりなどを温めても「肛門の痛みを伴わない大量出血」が治まらないようであれば、帰国後にすぐに病院へ行きましょう。

ウェットティッシュで肛門を拭く

日本では、温水洗浄便座(ウォシュレット)が広く普及しています。ただこれは日本に限った話であり、海外ではウォシュレットがないのが普通です。そのため海外では、排便後の肛門をウォシュレットで洗うことはできません。

ただ痔ができている状態では、トイレットペーパーで肛門を拭くと強い痛みが起こります。またトイレットペーパーでは、排便後の肛門の汚れを落としきるのが難しいです。

肛門に拭き残しがあると、痔の炎症が悪化して症状が重くなります。そのため痔を発症したら、トイレットペーパーではなくウェットティッシュで肛門を拭くことをおすすめします。

ウェットティッシュは、多くの国で手に入れることができます。そしてウェットティッシュはトイレットペーパーよりも柔らかく、痔の患部を拭いても痛みが起こりにくいです。そのため海外で痔を発症したら、トイレットペーパーではなくウェットティッシュで肛門を拭くようにしましょう。

頭痛薬があれば飲む

痔をすでに発症している人でなければ、痔の薬を海外に持っていくことはないでしょう。そのため海外で痔が起こった場合、手元には痔の薬がないことがほとんどです。

一方で頭痛薬は、念のために持って行っている人が多いです。そして頭痛薬のほとんどは、痔の痛みを軽減する効果があります。そのため痔の薬が手に入らない状態で痔の痛みがつらい場合は、手持ちの頭痛薬を服用しましょう。

ただこのとき処方された頭痛薬の中には、痔の痛みを軽減する効果がないものがあります。例えば偏頭痛に効果を発揮するトリプタン製剤(イミグランなど)は、痔の痛みには効きません。

そのため痔の症状を軽減するために頭痛薬を飲む場合は、ジクロフェナク製剤(ボルタレンなど)やロキソプロフェン製剤(ロキソニンなど)、イブプロフェン製剤(イブなど)を使用しましょう。

便秘や下痢などにならないように気をつける

痔は、便秘や下痢などによってひどくなります。そのため痔が起こったら、便秘・下痢が起こらないように注意しなければなりません。

特に海外に行くと、生活環境や食事内容などが大きく変わります。その結果、便秘や下痢などが起こりやすくなるため注意する必要があります。

例えば日本人は、現地の人が食べている食事でおなかを下すことがあります。また、水が合わずに下痢が起こることもあります。そのため海外に行ったら、口にするものには最大限の注意を払う必要があります。

また旅行中は、美味しいものをたくさん食べがちです。ただ美味しい料理には、野菜が十分に含まれていないことが多いです。野菜や果物などの植物性食品の摂取量が不足すると、その分だけ便秘が起こりやすくなります。

さらに旅行中は、トイレに行きづらい状況が続きます。トイレを我慢すると、その分だけ便秘のリスクが高まります。したがって痔が起こっているのであれば、意識して野菜・果物を食べたりこまめにトイレタイムを確保したりすることが大切です。

脱肛している場合

前述のように脱肛が起こっていると、内痔核が肛門外の痛覚のある部分に触れて痛みが起こります。このような痛みは、内痔核を肛門内に押し戻すことでなくなります。そのため脱肛が起こったら、なるべく肛門内に押し込むようにすることが大切です。

ただ脱肛している内痔核を無理やり押し込むと、強い痛みが起こります。また内痔核が肛門の皮膚に擦れると、皮膚が裂けて切れ痔を生じることもあります。そのため脱肛した内痔核を肛門内に入れる際には、潤滑剤を使用することが大切です。

このとき手元にオロナイン軟膏やワセリン、ハンドクリームなどがあれば、これらを患部に塗って内痔核を押し込みましょう。そうすることで内痔核を押し込む際の摩擦が軽減されて、痛みや切れ痔などが起こりにくくなります。

また内痔核を肛門内に押し込んだら、肛門を内側に引っ張るようにおしりに力を入れましょう。そうすることで、内痔核が脱肛しにくくなります。さらにおしりに力を入れたり抜いたりを繰り返すと、肛門付近の血行が改善されて痔そのものも改善されやすくなります。

切れ痔が起こっている場合

切れ痔が起こると、排便時に強い痛みが起こるようになります。痛みを避けるために排便を我慢すると、便秘が発症・悪化しやすくなります。

便秘によって便が固くなると、その分だけ排便時の痛みがより強くなります。そのため切れ痔によって排便することがつらく感じたら、排便時の痛みを和らげるように工夫することが大切です。

例えばオロナイン軟膏などの「傷口に使える塗り薬」を肛門皮膚に塗っておくと、傷口に便が触れにくくなります。また排便時に肛門が押し広げられても裂けにくくなるため、排便時の痛みが軽減しやすくなります。

手元に傷薬がない場合は、ワセリンやハンドクリームなどを塗っておきましょう。このとき水分量が多いクリームは、傷口にしみやすいです。そのため可能であれば、ニベアクリームのような水分量の少ないクリームを塗ることをおすすめします。

出血が起こっている場合

前述のように、痔では出血が起こることがあります。痔によって出血が起こると、下着やズボンなどが汚れやすくなります。そのため痔による出血に気づいたら、血液が漏れ出ないように注意する必要があります。

このような中、生理用ナプキンは血液を吸収するために作られています。そのため痔の出血対策には、生理用ナプキンがもっとも効果的です。

このとき女性であれば、生理用ナプキンを所持していることでしょう。また、現地で生理用ナプキンを調達することにも抵抗がないはずです。

ただ男性は、生理用ナプキンを買ったり使ったりすることに抵抗があるでしょう。そのため男性に痔の出血が起こった場合、出血箇所にトイレットペーパーを当てようとする人が多いです。

しかしながら、痔の出血対策にトイレットペーパーを使用することはおすすめできません。トイレットペーパーは血液を吸収する能力が低く、破れやすいためです。そのためトイレットペーパーでは痔からの出血をカバーしきれず、下着などを汚してしまいやすいです。

このとき外出先でズボンなどが汚れると、痔による出血で汚れた服装で活動せざるを得ない状況になりかねません。このことから痔の出血対策には、ハンカチやタオルなどを使うことをおすすめします。

これらの布はトイレットペーパーなどの紙よりも、血液を吸収する効果が高いです。また布は、肛門にあてて摩擦が加わっても破れません。そのため紙よりも、血液を漏らさず吸収しやすいです。

ただハンカチなどを肛門に当てておくだけでは、患部からズレて出血が漏れてしまうリスクがあります。そのため痔の出血対策で布を痔の患部に当てておく際には、テープなどでおしりに貼り付けたり下着を重ねて履いたりして布を密着させるようにしましょう。

このときトランクスパンツなどの肌に密着しない下着を着用すると、出血が漏れやすくなります。そのため可能であれば、ボクサーパンツなどの肌に密着する下着を着用することをおすすめします。

あな痔が発覚した場合

あな痔の症状は、一般的にイメージされる痔とは異なります。そのため、あな痔の症状が起こった場合、「痔である」と自覚されにくいです。したがって「痔かもしれない」と思った場合は、いぼ痔か切れ痔のどちらかを発症していることが多いです。

あな痔では肛門の穴や皮膚などから膿が排出されたり、おしり全体が赤く腫れて痛みが起こったりします。

また、全身性の発熱を伴うこともあります。そのためこのような症状が起こっているのであれば、あな痔を発症している可能性が高いです。

そしてあな痔の対処法は、いぼ痔や切れ痔などとは少し異なります。

例えば前述のように、いぼ痔や切れ痔などは温めることによって症状が緩和します。一方であな痔は、温めると症状が悪化します。そのためあな痔を生じている場合は、患部を冷やすのが正解です。

またあな痔の患部はおしりの深い位置に存在しているため、塗り薬を使用できません。また基本的に、薬の使用によって膿の排出が改善することはありません。そのため、あな痔による膿の排出は自力で治すことはできないのです。

一方であな痔の症状は、一般的な頭痛薬で緩和しやすいです。そのためあな痔による痛みや発熱などがつらい場合は、薬で症状を緩和するといいでしょう。

ただ薬の効果は一時的なものです。また、あな痔は手術しなければ治りません。そのため海外であな痔が発覚したら、帰国後なるべく早く病院へ行きましょう。

海外で痔の薬を買う際の注意点

これまでに、痔の症状を自力で改善するための方法を述べてきました。ただ痔の状態によっては、前述したような方法を実践しても症状が治まらないことがあります。

このとき痔は、日本人に限った病気ではありません。また痔の薬は、市販されていることが多いです。そのためほとんどの国では、痔疾患用の薬を購入することができます。

ただ薬の説明に用いられる単語は、耳馴染みのないものが多いです。そのため何も準備せずに薬店へ行っても、現地の言葉に詳しくなければ適切な薬を探し出すことができません。

また専門家に薬を紹介してもらう際には、自分の症状を適切に伝える必要があります。そのため海外で痔の薬を買いたい場合は、事前に準備してから行くことが大切です。

薬を買うための前準備

前述のように日本で痔は、いぼ痔と切れ痔、あな痔の3種類に分類されています。ただ海外では、このような分類をしないケースがあります。

例えば、痔は英語で「hemorrhoids」または「piles」といいます。ただこれは、いぼ痔を指す単語です。切れ痔やあな痔などは「痔」と表現されずに、「anal fissure(肛門の裂傷)」や「anal fistula(肛門の瘻孔)」などと表現されます。

そのため英語圏では、切れ痔を表現しようとして「hemorrhoids」といっても、切れ痔であることが伝わらないことがあります。

このことから、日本ではいぼ痔や切れ痔などがどちらも痔の一種とされているものの、海外では別の病気であると思って表現するのが好ましいといえます。

また翻訳ツールを使用して日本語から外国語に翻訳する場合、正確に入力しなければ正しい訳が出てこないことがあります。

例えば痔の一般的な呼び名である「切れ痔」や「あな痔」などの単語を外国語に翻訳すると、誤訳が起こりやすいです。一方で裂肛や痔瘻などの病気の正式名称で翻訳すると、正しい表現に訳されやすくなります。

このときフランス語やイタリア語などの欧州の言葉は、英語から翻訳したほうが適切な表現になりやすいです。そのため欧州の言葉に翻訳する際は、前述した痔の英訳から翻訳することをおすすめします。

また専門家に薬を紹介してもらうためには、病気の名前だけではなく症状を伝える必要があります。そのため痔に痛みや出血などを伴っている場合は、それに応じた単語を翻訳して準備しておきましょう。

痔の薬を海外で買った場合の注意点

薬の形状や販売方法などは、各国で異なります。そのため海外での痔の薬は、日本で売られている痔の薬とは異なる形状・販売方法であることがあります。

例えば日本の痔の薬には、注入軟膏という形状のものがあります。これは軟膏がスポイトに入れられており、肛門内側の痔にも軟膏が塗れるようになっています。

一方で、アメリカでもっとも有名な痔の薬である「PREPARATION H」には、注入軟膏という形状のものはありません。PREPARATION Hは、軟膏と坐剤(座薬)の2種類が販売されています。

出典:PREPARATION H

ただPREPARATION Hの軟膏の中には、肛門内側に塗るためのアプリケーターが付属されているものがあります。このタイプのPREPARATION Hは、肛門の内側と外側の両方に使えるため、日本の痔の薬における注入軟膏に相当するものになります。

またドイツでは、「痔の専用薬」と表記されている薬を見つけることができません。そのためドイツで痔に効く薬を探すためには、薬の成分についての知識が必要となります。したがってドイツなどの痔の専用薬がない国で痔の薬を買う場合は、専門家に相談する必要があります。

さらに前述のように、便秘や下痢などは痔が悪化する原因となります。そのためこれらの症状が重い場合は、内服薬を使用することが推奨されます。

このとき東南アジアなどでは、内服薬が個包装から出されて錠剤またはカプセルのみの状態で売られていることがあります。

ただこのような販売方法の薬は、絶対に避けるべきです。偽物の薬が混ざっていることがあるためです。偽物の薬は効果がないだけではなく、体に有害である危険性があります。

また日本人は、世界的に見て小柄な人が多い人種です。そのため大柄な人が多い国の薬などは、効果が強く現れやすい傾向があります。

そのため日本人が海外の薬をやむを得ず服用する場合は、少ない量で試してみましょう。そして効果が現れないようであれば、指定された量を限度に服用量を少しずつ増やすようにすると安心です。

病院での治療

日本で症状が重い痔を発症した場合、病院で手術を受ける人も多いでしょう。ただ旅行などによって海外に滞在する期間が短い場合、痔の手術を受けることはおすすめできません。

海外の医療体制は日本と異なります。中には、「痔は病院に行くほどではない病気である」とされているところもあります。そのため海外の病院で痔の治療を受けると、満足な結果が得られない可能性があります。

また海外の国の中には外科手術を受けるために、まず別の医師に診てもらう必要があるケースがあります。つまり、痔の手術を受けるまでのハードルが高いのです。

このような国で現地の言葉をうまく話せない場合、痔の手術を受けることがかなり困難になります。そのため海外では、日本と同じ感覚で痔の手術を受けることはできないと思っておくのが無難です。

どうしても海外で痔の手術を受けたい場合は、プロの通訳などを雇ってから受診することをおすすめします。

まとめ

海外では日本にいるときのように、気軽に薬を買ったり病院で治療を受けたりすることができません。そのため海外で痔が発症・悪化すると、痛みなどの症状に苦しむことが多いです。

ただ薬を使わなくても、痔の症状を軽減する方法はあります。そのため海外で痔の症状がつらくなったら、痔の症状にあわせた対処法を実践してみましょう。

その上で症状が良くならない場合は、海外で痔の薬を買うこともできます。しかしながら何も準備せずに薬店へ行くと、痔の薬を見つけられないだけではなく、専門家にも相談できない状況に陥りやすいです。

そのため海外で痔の薬を買う場合は、これまでに述べたような情報を参考にして、事前にしっかり準備して薬店へ行きましょう。そうすることで症状に合った薬を購入することができ、海外での生活を快適に過ごすことができるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。