痔の薬といえば、何を思い浮かべるでしょうか。

このときほとんどの人は、ボラギノールなどの塗り薬を思い出すことでしょう。実際にボラギノールは、テレビコマーシャルなどでも宣伝されています。そのため痔の塗り薬は、一般的な認知度が高いです。

一方で痔の薬には飲み薬もあることは、あまり知られていません。

痔の塗り薬は、痔のつらい症状を直接的に抑えます。これに対して痔の飲み薬は、痔の原因にアプローチして痔そのものを治していきます。

特に代表的な痔の内服薬である乙字湯(おつじとう)は、痔の治療のために病院で処方されることもあります。乙字湯を服用すると、痔の症状が軽くなるだけではなく痔が治りやすくなるのです。

では、乙字湯とはどのような薬なのでしょうか? また乙字湯を使用する際には、どのような点に注意したらいいのでしょうか?

ここでは、乙字湯の効果について解説していきます。

痔に効果のある乙字湯とは何か?

乙字湯は、古くから痔の治療に用いられてきた歴史のある漢方薬です。乙字湯は原 南陽(はら なんよう)という人物が江戸時代に開発しました。現在では、錠剤や粉薬などのさまざまな形態のものが作られています。

漢方薬は中国で生まれたものだと思われがちです。ただ実際にいうと漢方医学は、中国の医学である中医学が日本で独自に発展した医学です。そのため漢方薬は、日本人の体質に合った薬となっています。

乙字湯にはいぼ痔(痔核)切れ痔(裂肛)などを体の内側から改善する働きがあります。そのため肛門付近にイボ(内痔核・外痔核)があったり、肛門に傷ができたようなピリピリとした痛みが起こったりするようであれば、乙字湯で改善が見込めるといえます。

乙字湯の構成生薬と成分

一般的に使われている薬には、カタカナで表記される成分が配合されています。

このような薬は西洋薬と呼ばれ、植物などから抽出したり化学的に作り出したりして得られた有効成分が配合されています。そのため、西洋薬はシンプルな作用をもちます。例えば鎮痛剤であれば、痛みを鎮めたり熱を下げたりするなどの効果があります。

これに対して漢方薬は、薬効のある自然由来のもののエキス(生薬:しょうやく)をそのまま配合しています。また基本的に漢方薬は、生薬をいくつか組み合わせて作られます。

そのため漢方薬には、生薬がもつさまざまな有効成分が含まれています。したがって漢方薬は、西洋薬に比べて多くの効き目をもちます。

例えば乙字湯は当帰(トウキ)、柴胡(サイコ)、升麻(ショウマ)、黄芩(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、大黄(ダイオウ)という6つの生薬で構成されています。

トウキやサイコ、オウゴン、カンゾウなどには炎症を鎮める効果があります。またこれらのうち、サイコには鎮痛作用もあります。そのため乙字湯には、痔の痛みやかゆみ、出血などを抑える働きが期待できます。

またサイコとショウマには、内臓のたるみを改善するという効果があります。このとき、いぼ痔の一種である内痔核は、進行すると垂れ下がって肛門から脱出します(脱肛)。そのためサイコ・ショウマが含まれる乙字湯には、脱肛を改善する効果があるとされています。

さらにトウキには、体を温めたり血流を良くしたりする作用があります。またダイオウは便秘薬にも含まれる生薬であり、便通を促す働きがあります。

血行不良や便秘などは、痔の最大の原因です。そのためトウキやダイオウなどによって血行不良や便秘などが改善されると、痔そのものが良くなっていきます。

このようなことから乙字湯には、痔の症状を鎮めるだけでなく、痔そのものを改善する効果があるのです。

お腹が緩めの人でも飲める乙字湯去大黄

乙字湯はクラシエやツムラ、本草製薬などのさまざまなメーカーから販売されています。

基本的にこれらはどれも、すべて同じ効果をもちます。これは「乙字湯」という漢方薬を構成する生薬は、漢方医学で定められているためです。そのため乙字湯であれば、どのメーカーから販売されているものでも前述した6つの生薬で構成されています。

一方で乙字湯の一種である乙字湯去大黄(おつじとうきょだいおう)は、乙字湯とは成分が異なります。乙字湯去大黄は乙字湯に含まれる生薬のうち、ダイオウを取り除いたものです。

乙字湯去大黄には、血行を良くしたり脱肛を改善したりする生薬が含まれています。そのため乙字湯去大黄にも、いぼ痔や切れ痔などの改善効果が期待できます。

一方で乙字湯を構成する生薬の中で、便秘改善効果があるのはダイオウのみです。そのため乙字湯去大黄には、便秘を改善する効果がありません。したがって便秘によって痔が起こっている人は、乙字湯去大黄では痔が治らない可能性が高いです。

ただ、ダイオウは腸の動きを促進します。このとき下痢が起こりやすいタイプの人がダイオウを摂取すると、腸の動きが過剰になって下痢が起こることがあります。

そのため普段からおなかが緩くなりやすい人は、ダイオウの摂取を避けるのが懸命です。したがってこのようなタイプの人は、ダイオウを含まない乙字湯去大黄を選びましょう。

乙字湯の口コミ・評判は?

インターネット上では、乙字湯の口コミ・レビューなどを確認することができます。

このような口コミのほとんどは、「乙字湯を飲んだら痔が治った」や「痔の人は乙字湯を飲むべき」などの乙字湯の効果を実証するものです。

実際に乙字湯は、ほとんどの人の痔に効果を発揮する薬です。そのため乙字湯を飲んだ人の多くは、痔の改善効果を実感しています。このようなことから、乙字湯は病院でも処方されているほど高く評価されていることがわかります。

ただ中には、乙字湯が効かない人や乙字湯で痔が悪化した人などもいます。これは乙字湯の服用期間が短いか、乙字湯が体質に合っていないことによって起こる現象です。

そもそも痔は、悪い生活習慣の積み重ねによって起こる病気です。

長年の過食によって蓄えた体脂肪が1日でなくなることがないのと同様に、漢方薬によって痔が治るまでにはある程度の時間が必要となります。そのため乙字湯の服用を数日でやめてしまうと、痔の改善効果を実感できないことがあります。

また後述するように、漢方は体質で選ぶ薬です。そのため体質に合わない薬を服用すると、薬が効かなかったり副作用が起こったりしやすくなります。したがって乙字湯を服用する際は、まずは自分の体質に適しているかどうかを見極めることが大切です。

乙字湯はどのような味がするのか?

乙字湯の口コミでは、「まずい」や「美味しくない」などの声を確認することができます。

実際に乙字湯に配合されている生薬には、独特の風味や苦味などを持つものが多いです。そのため乙字湯は、子供が飲む薬のような美味しい味をしているわけではありません。

ただ、乙字湯に配合されているカンゾウは、「甘い草」と書くことからもわかるように、甘みのある生薬です。海外では甘味料として使われることもあります。

そのため乙字湯は、カンゾウを含まない漢方薬よりも甘く飲みやすいとなっています。具体的には葛根湯などの味に近いです。

ただ当然のことながら、味覚には個人差があります。特に漢方薬を飲み慣れていない人などは、乙字湯の味を不快に感じることでしょう。

このような場合は、オブラートで薬を包むことによって味を感じずに服用することができます。そのため漢方薬の味が苦手な人は、乙字湯とともにオブラートを購入することをおすすめします。

以下のように薬を包めるのがオブラートです。

オブラートを利用することにより、漢方薬の苦い味を回避できます。

乙字湯の副作用

西洋薬は、現れている症状に合わせて薬を使い分けます。例えば頭痛が出ているときは頭痛薬を使い、咳が出るときは咳止めを使います。

これに対して漢方薬は、現れている症状だけではなく薬を使う人の体質によって薬を使い分けます。

具体的にいうと漢方医学には、証(しょう)という基準があります。証には虚証(きょしょう)と実証(じっしょう)、中間証(ちゅうかんしょう)の3種類があり、それぞれ病気に対する抵抗力の強さを現します。

虚証は体力がなく華奢で、胃腸が弱くて下痢が起こりやすい体質のことを指します。また虚証は肌が荒れやすく、寒がりであるという性質もあります。

一方で実証とは、筋肉質で体力があり、胃腸が強くて便秘が起こりやすい体質のことを指します。肌には血色・ツヤがあり、暑がりな特徴があります。

中間証は虚証と実証の中間を指します。虚証・実証のどちらにも当てはまらない場合は、中間証となります。

このとき乙字湯は、中間証~実証の人に適した薬です。実際に乙字湯の効能・効果の欄には、「体力中等度以上」との表記があります。

そのため虚証=体力が弱く下痢を起こしやすい人が乙字湯を使用すると、痔の改善効果が現れなかったり副作用が起こったりしやすくなります。

なお漢方薬には、西洋薬にあるような強い眠気を引き起こす副作用はありません。そのため乙字湯を服用しても眠気が起こることはないので、運転前などでも安心して服用することができます。

合わない体質の人が飲んだ場合の副作用

虚証の人は胃腸が弱く、薬の刺激を受けやすい性質を持ちます。

このとき乙字湯には、腸を刺激して排便を促すダイオウが含まれています。つまり乙字湯には、消化器官を刺激する作用があるということです。

乙字湯のこのような作用は、中間証~実証の人にはプラスに働きます。一方で胃腸が刺激に弱くなっている虚証の人には、強すぎる作用となります。

そのため虚証の人が乙字湯を服用すると、副作用として胃痛や吐き気、軟便、ガス(おなら)が溜まることによる腹部膨満感などの胃腸障害が起こりやすいです。場合によっては、腹痛を伴う下痢が起こることもあります。

アレルギーは起こるのか?

一般的に漢方薬は、体に優しいと思われています。そのため「漢方薬にはアレルギーの心配がない」と思いこんでいる人は多いです。

ただ稀ではあるものの、漢方薬によってアレルギー反応が起こることがあります。そのため過去に漢方薬でアレルギー症状が起こったことがある人は、自己判断で乙字湯を服用しないように注意する必要があります。

また漢方薬によって起こるアレルギー症状のほとんどは、かゆみや蕁麻疹などの皮膚症状です。そのため乙字湯を服用した際にこのような症状が現れたら、服用を中止して病院を受診しましょう。

乙字湯の服用に注意が必要な人は?

前述のように乙字湯は、中間証~実証の人に適した薬です。そのため体力が少なくて下痢を起こしやすい体質(虚証)でなければ、乙字湯を服用することができます。

このとき乙字湯には、痔の一種であるあな痔(痔ろう)を治す働きはありません。あな痔は手術なしでは治らない病気であるため、皮膚や肛門などから膿の排出がある場合は乙字湯を服用しようとせず病院を受診することが大切です。

一方でいぼ痔や切れ痔などであれば、乙字湯で治る可能性が高いです。そのためいぼ痔・切れ痔のある中間証~実証の人は、乙字湯の服用をおすすめします。

ただこのようなタイプの人であっても、薬が適さない場合があります。そのため乙字湯を服用する前に、自分が薬を飲めるかどうかを正しく認識することが大切です。

持病がある人は副作用に要注意

乙字湯のパッケージには、「高血圧や心臓病、腎臓病などを患っている人、むくみがある人、高齢者などは医者などに相談する」ように記載されています。このような人は、偽アルドステロン症(血圧が高まってしまう病気)の発症リスクが高いためです。

また高血圧や心臓病、腎臓病などを発症している人は、カンゾウ・グリチルリチンの作用そのものが体に負担となりやすいです。そのためこのような人は、乙字湯を服用する前にかかりつけの医者に相談することが大切です。

また糖尿病を発症している人は、カンゾウの過剰摂取によって糖尿病が悪化しやすくなることがわかっています。そのため糖尿病を患っている人はカンゾウ・グリチルリチンの摂取量に特に注意する必要があります。

授乳中は服用できない

授乳中の女性が摂取した薬は、母乳を通して赤ちゃんの体内に入ります。このとき乙字湯に含まれるダイオウは、母乳に入ることがわかっています。そのため授乳中の女性が乙字湯を服用すると、赤ちゃんの体内にダイオウが入ります。

赤ちゃんの体にとって、ダイオウは作用の強い成分です。そのため赤ちゃんがダイオウを摂取すると、下痢が起こりやすくなります。

体の小さな赤ちゃんにとって、下痢は命取りです。下痢が起こると水分や栄養などを吸収できなくなるためです。したがって授乳中は、乙字湯を服用してはいけません。

このとき乙字湯を飲んでいる間に母乳を与えなければ、赤ちゃんに影響はありません。そのため授乳中に乙字湯を服用したいのであれば、粉ミルクを活用するようにしましょう。

妊娠中はなるべく服用しない

前述のように漢方医学での体質基準のうち、実証では暑がりだったり便秘が起こりやすかったりなどの症状が現れます。

このとき妊娠中は、普段よりも汗をかいたり便秘が起こったりしやすいです。そのためこのような症状だけを見ると、妊娠中は実証であり乙字湯の服用が適しているように見えます。

ただ妊娠中は例外的に、虚証であるとされています。そのため漢方医学の観点から、妊婦は乙字湯の服用に適した体質ではないといえます。

また乙字湯には、腸を刺激する作用のあるダイオウが含まれています。ダイオウによって腸が刺激されると、隣にある子宮も刺激を受けます。

子宮が腸と連動して動くと、子宮の中にいる赤ちゃんが外に押し出されやすくなります。つまり流産や早産などのリスクが高まるということです。このようなことからも妊娠中は、なるべく乙字湯の服用を避けるべきです。

ただ胎児への影響が少ないと判断された場合、医者から乙字湯の服用許可が下りることがあります。そのため妊娠中に乙字湯を服用したい場合は、まず担当の産婦人科医に確認してみましょう。

おすすめの乙字湯の入手方法は?

乙字湯には病院で処方される医療用医薬品と市販薬である一般用医薬品の2種類があります。

病院で乙字湯を処方して貰う場合は、痔の専門病院や消化器内科などを受診する必要があります。そのため処方薬の乙字湯を入手するためには、病院へ行くための時間を確保する必要があります。また病院で検査などを受ける必要があるため、ある程度の費用が必要となります。

一方で市販薬の乙字湯は、漢方薬局やドラッグストア、インターネット通販などで手軽に購入することができます。このとき乙字湯は、処方薬も市販薬も効果が変わりません。このようなことからも、市販の乙字湯を買うことをおすすめします。

インターネット通販

痔の改善のために乙字湯が欲しいのであれば、インターネット通販で購入することをおすすめします。これはドラッグストアなどでは、漢方薬の取扱が少ないことが多いためです。そのため乙字湯を購入するために店舗へ出向いても、場合によっては手に入らないことがあります。

これに対してインターネット通販は、手が空いたタイミングでいつでも注文することができます。また自分の好きな時間に受け取ることもできるため、無駄足を踏むことがありません。

さらにインターネット通販では、定期購入サービスを利用できることが多いです。

前述のように乙字湯は、長期で服用することによって効果を実感できる薬です。そのため痔が治らないうちに乙字湯の服用をやめると、十分な効果を実感できないことが起こります。

このとき定期購入サービスを利用すると、乙字湯の飲み忘れなどを防ぎやすくなります。また定期購入サービスでは、割引が適用となるケースがほとんどです。そのため定期購入サービスを利用すると、店舗などで購入するよりも安価で乙字湯を続けやすくなります。

また一般的にインターネット通販というと、楽天市場やAmazonなどの通販サイトを思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、このような通販サイトで乙字湯を購入することもできます。

ただ乙字湯は通販サイトだけではなく、漢方薬専門メーカーのホームページで購入することもできるのです。

このとき楽天市場などの通販サイトでは、購入した商品が送られてくるだけです。一方で漢方薬専門メーカーでは、痔を治すためのコツや乙字湯の服用方法などについてのパンフレットが同封されており、痔を治すためのフォローが手厚いです。

また漢方薬専門メーカーの乙字湯の梱包は、痔の薬であるとわかりづらいデザインのものも多いです。実際に漢方生薬研究所の乙字湯は、ピーチラックという名称で桃を基本とした可愛らしいデザインの箱に入っています。

このようなことから乙字湯を購入する場合は、ピーチラックなどの漢方薬専門メーカーのものをおすすめします。

ドラッグストアなどの薬店

実際の店舗で乙字湯を購入する場合は、薬剤師か登録販売者がいる市販薬の取扱店で購入できます。例えば、マツモトキヨシなどのドラッグストアがこれに当たります。

ただ前述のようにドラッグストアでは、漢方薬の取扱い数が少ないことが多いです。特にスーパーに併設されているような小さな店舗では、乙字湯が手に入らない可能性があります。

そのためドラッグストアなどで乙字湯を購入する際は、規模の大きい店舗を利用することが大切です。可能であれば、乙字湯の取扱があるかどうかを事前に問い合わせると、無駄足を踏む心配がなくなります。

病院で処方される場合に保険は適用されるのか?

乙字湯は、健康保険の対象となる薬です。そのため病院で乙字湯を処方してもらった場合は、かかった費用全体の3割(後期高齢者は1割)を負担することになります。

ただ医療用医薬品の乙字湯を処方してもらうためには、病院での診察を受ける必要があります。そのため薬だけではなく、診療費の負担も必要となるため注意が必要です。

特に痔で初めて病院にかかる場合は、診療費が高くなりやすいです。そのためこのような場合は、市販薬を購入するよりも負担額が大きくなることがあります。

まとめ

乙字湯は6つの生薬で構成されている漢方薬です。いぼ痔や切れ痔などを原因から改善していく効果があり、病院でも処方されています。また実際に痔が治ったという口コミも多数存在しています。

ただ体質が合わない人が乙字湯を飲むと、痔が治らなかったり副作用が起こりやすくなったりします。そのため乙字湯を服用する際には、まず自分の体質を知ることが大切です。

またどのようなものであっても、薬には副作用が起こるリスクがあります。このことを理解しておかなければ、実際に副作用が起こったときに対処できず、症状が重篤化しやすくなります。

そのため痔を治したい人は、これまでに述べたような情報を参考にした上で乙字湯の服用を始めましょう。そうすることで痔の症状が軽くなるだけではなく、痔そのものが治って快適な日々を取り戻すことができるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。