痔ができているということは、食生活の内容に問題がある可能性が高いです。このときオリーブオイルは、痔にいい食品の一つだといわれています。そのためオリーブオイルを食生活に取り入れることで、痔の改善が期待できます。

では、なぜオリーブオイルは痔に良いといわれているのでしょうか? またオリーブオイルを摂取する際には、どのような点に注意したらいいのでしょうか?

そこでここでは、オリーブオイルと痔の関係性について解説し、オリーブオイルの上手な摂取方法について述べていきます。

なぜオリーブオイルが痔にいいといわれているのか

オリーブオイルはオリーブの実から取れる油です。オリーブオイルには、オレイン酸という脂質が多く含まれています。オレイン酸は酸化しにくい性質があるため、オリーブオイルは加熱調理に強い油とされています。

日本ではイタリア料理やスペイン料理などで使われることが多く、和食に使われることはありません。ただ近年では、オリーブオイルが健康に良いという情報が広まり、家庭で広く取り入れられるようになってきています。

このとき、オリーブオイルを飲むことが痔に効果的なのは、以下のような理由があります。

便秘を解消する

痔を悪化させる原因に便秘があります。便秘によって固くなった便を無理やり排出しようとすると、肛門が広がりきれずに裂けやすくなります。つまり、切れ痔を生じやすくなります。

また固い便を排出するためには、強くいきむ必要があります。強くいきむと、その分だけ肛門組織に血液が流れ込みやすくなります。そうすると肛門組織に血液が溜まって腫れ上がり、いぼ痔を形成します。

さらに固い便を排出するために強くいきむと、肛門と直腸の間に存在している穴に便が押し込まれやすくなります。そうすると便の中に含まれる細菌がおしり内部で増殖して、あな痔を発症しやすくなります。このようなことから痔を予防・改善するためには、便秘を防ぐことが大切なのです。

もしあなたが便秘になったら、どのようなものを積極的に摂ろうとしますか?

このとき多くの人は、野菜などの食物繊維の多い食品を挙げるでしょう。実際に食物繊維には、便の量や水分量などを増やしたり胃腸を刺激したりする働きがあります。そのため食物繊維を多く摂ると、排便が起こりやすくなります。

ただ一方で、油が便秘解消に効くということはあまり知られていません。

一般的に油脂は、健康に悪いものと思われがちです。確かに油脂の摂り過ぎは、肥満の原因となります。

また摂取する油脂の種類によっては、腸内環境の悪化を招きます。その結果、腸の働きが低下して便秘や下痢などの排便異常が起こりやすい体質となります。このようなことから油は、「便秘の原因にはなっても、便秘を改善する効果はない」と思われやすいです。

ただ実際には、オリーブオイル(オレイン酸)などの不飽和脂肪酸は、便を包んで便の滑りを良くする働きがあります。便が滑りやすくなると、その分だけ排便しやすくなります。そのためオリーブオイルを含む不飽和脂肪酸を多く含む油を摂ると、便秘が解消されやすくなるのです。

実際に便秘薬の中には、不飽和脂肪酸のこうした作用を利用したものがあります。

例えば小林製薬から販売されているオイルデルには、麻子仁という麻の実に含まれている油が含まれています。麻の実の油はヘンプオイルとも呼ばれ、不飽和脂肪酸が多い油です。そのためオイルデルを服用すると、油が便を包んで排便しやすくなります。

このときオリーブオイルに含まれる油脂成分の8~9割は、同様に不飽和脂肪酸です。そのためオリーブオイルには、便秘を解消する効果が期待できるのです。

さらにオレイン酸は、水と結合しやすい性質を持ちます。そのため便に含まれるオレイン酸の量が増えると、便の水分量が増えやすくなります。そのためオレイン酸を多く摂ると、便が柔らかくなって便秘が改善しやすくなります。

また、オレイン酸は小腸で吸収されにくいことがわかっています。つまり摂取したオレイン酸は、便として排出されやすいのです。このようなことからさまざまな植物油の中でもオリーブオイルは、特に便秘解消効果が高いといわれています。

栄養価が高い

肛門組織に血行不良が起こると、組織にうっ血が起こりやすくなります。そうすると、うっ血した組織が腫れ上がっていぼ痔(痔核)を形成します。

また肛門周辺の血流が悪化すると、皮膚の弾力性が低下します。その結果、少しの衝撃で裂けやすくなります。つまり、切れ痔(裂肛)が起こりやすいということです。そのため痔を改善するためには、血液の流れを良くすることが大切です。

このような中、オリーブオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは痔の飲み薬にも配合されている成分であり、血液循環の改善効果があります。

以下のように、ボラギノールに「ビタミンE酢酸エステル」という記載があり、これはビタミンEが含まれていることを意味しています。

またオリーブオイルには、さまざまな種類のポリフェノールがたっぷり含まれています。

このようなポリフェノールの中には、血行を良くしたり血管の健康を守ったりする働きがあります。そのためオリーブオイルを摂取すると、血液の流れが改善しやすくなります。その結果、いぼ痔や切れ痔などが解消されやすくなるのです。

さらにオリーブオイルに含まれるポリフェノールの一つであるオレオカンタールには、鎮痛薬に含まれているイブプロフェンと同じ働きをすることが確認されています。

そのためオリーブオイルには、緩やかな鎮痛効果も期待できるといえます。

ダイエット効果が高い

肥満はさまざまな病気の原因となります。痔も例外ではなく、肥満によって起こりやすくなる症状の一つです。

肥満になると、脂肪に圧迫されて肛門周辺の血行が悪くなったり便秘が起こったりしやすくなります。これらはどれも、痔の大きな原因となります。そのため太っている人は、そうでない人に比べて痔を発症するリスクが高いのです。

このときオリーブオイルは、ダイエットに向いている油だといわれています。これはオリーブオイルの香りには食欲を抑制する働きがあるためです。

食欲が落ち着くとその分だけ食べる量が減るため、痩せやすくなります。その結果、肥満による痔が改善しやすくなります。

痔の手術後にもおすすめ

痔の手術を行うと、肛門に大きな傷ができます。そのため痔の手術後には、痔のときよりも強い痛みが起こることがあります。

このような痛みは、便秘や下痢などで悪化しやすくなります。

例えば便秘になっていると、排便の際に肛門の傷が無理やり広げられます。また、下痢になると傷に便がしみやすくなります。その結果、強い痛みが起こるのです。

さらに痔の手術後に便秘や下痢などが起こると、痛みが起こるだけではなく傷の治りも遅くなります。そのため痔の手術後は、便秘などにならないように注意する必要があります。

このとき前述のようにオリーブオイルには、便秘を改善する効果があります。またオリーブオイルは便を包み込むため、傷にしみにくい状態にします。このようなことからオリーブオイルは、痔のときだけではなく痔の手術後にもおすすめな食材だといえます。

オリーブオイルの選び方と注意点とは

オリーブオイルは加熱に強く、栄養価の高い油です。そのため普段使用している調理用の油をオリーブオイルに変えることによって、さまざまな健康効果が期待できます。

またオリーブオイルの種類や摂取する時間などを工夫すると、オリーブオイルの健康効果をより実感しやすくなります。

オリーブオイルの種類とその違い

日本で手に入る食用のオリーブオイルは、大きく分けて3種類あります。

1つ目はエクストラバージンオイルです。このタイプのオリーブオイルは、オリーブから絞ったままの状態の油です。

そのためエクストラバージンオイルには、オリーブ果実がもつ栄養・成分が豊富に含まれています。そのためエクストラバージンオイルは健康効果が高く、香りも豊かな油です。

またエクストラバージンオイルは特に酸化しにくさ(酸度)が優れており、品質が高いです。そのためエクストラバージンオイルは他のオリーブオイルに比べて、値段が高めという特徴があります。

2つ目はピュアオリーブオイルです。ピュアオリーブオイルはもっとも一般的に使用されているオリーブオイルです。そのためシンプルに「オリーブオイル」と呼ばれることが多いです。

ピュアオリーブオイルは「オリーブを絞って得た油を精製して、香りや味などを取り除いたもの」に、バージンオリーブオイルを混ぜて作られます。そのためピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオイルよりも香りや健康成分などが少ないです。

一方で香りが少なく料理の味に影響しないため、調理油として使いやすいというメリットがあります。またピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオイルよりも安価です。

3つ目がオリーブポマースオイルです。ポマースとは絞りカスのことです。オリーブポマースオイルは「オリーブを絞った後の絞りカスから、有機溶剤を使用して抽出した油」にバージンオリーブオイルを加えたものです。

絞りカスから抽出したオリーブオイルは、いわゆる「二番絞りオイル」です。そのためこのような油には、オリーブの実がもつ栄養などがあまり含まれていません。また香りも少ないです。

オリーブポマースオイルには風味や栄養などを加えるためにバージンオリーブオイルがブレンドされているものの、他のタイプのオリーブオイルに比べると栄養価や風味などが大きく劣ります。

一方でオリーブポマースオイルは価格が安く、日常的に使用しやすいというメリットもあります。そのため揚げ物などの際に大量に油を使う場合は、オリーブポマースオイルが選ばれることが多いです。

これら3種類のオリーブオイルには、どれもオレイン酸が豊富に含まれています。そのためどの種類のオリーブオイルであっても、便秘の改善効果は期待できます。

ただこれらのうち、栄養価がもっとも高いのはオリーブを絞っただけの油であるエクストラバージンオイルです。

またエクストラバージンオイルはもっとも香りが強い油であり、食欲を抑制する効果が高いです。そのため痔の改善効果を得たいのであれば、エクストラバージンオイルを選ぶのがおすすめです。

ただエクストラバージンオイルは香りが強いため、苦手に感じる人も多いです。このような場合はピュアオリーブオイルを調理に取り入れましょう。ピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオイルに次いで栄養価が高いためです。

一方で痔の改善効果を期待するのであれば、オリーブポマースオイルはおすすめできません。栄養価や香りなどが低いためです。そのため痔を改善したいのであれば、エクストラバージンオイルかピュアオリーブオイルのどちらかを選ぶようにしましょう。

オリーブオイルを摂取するベストなタイミングとは

基本的にオリーブオイルは、どのようなタイミングで摂取しても健康効果を得ることができます。

ただ摂取するタイミングを工夫することによって、より効果が実感しやすくなります。基本的にいつ飲んでもいいですが、時間的な余裕などがある人は、以下を参考にオリーブオイルを生活に取り入れてみましょう。

・便秘の改善効果を狙いたい人

オリーブオイルの便秘改善効果は、オリーブオイルに含まれる脂肪酸が便を包むことによって起こります。便の1/3は食べ物のカスです。そのため食事にオリーブオイルを取り入れると、便にオリーブオイルが混ざって便秘の改善効果が高くなることが期待できます。

特に毎食オリーブオイルを摂るようにすると、便に含まれる水分量が多くなってスムーズに排便しやすくなります。

したがって便秘改善効果を得たい場合は、オリーブオイルを使用して料理を作ったり完成した料理にオリーブオイルをかけたりして、食事と一緒にオリーブオイルを摂るようにしましょう。

・ダイエットしたい人

オリーブオイルのダイエット効果は、食欲を抑制する作用に起因しています。そのためオリーブオイルでダイエットしたい場合は、食べる前にオリーブオイルを摂ることが大切です。そうすることで食欲が抑制されて、食べる量が普段よりも少なくなりやすいです。

また本格的にダイエットしたい場合は、食事の1~2時間前に大さじ1杯程度のオリーブオイルを摂取しましょう。そうすることで食べる量や間食などが大きく減って、ダイエット効果を実感しやすくなります。

このときエクストラバージンオイルは、ピュアオリーブオイルよりも風味や苦味などが強いため飲みづらいと感じる人が多いです。

またエクストラバージンオイルの香りが好きな人は、香りによってかえって食欲が増すことがあります。そのためオリーブオイルを飲んでダイエットしたい場合は、ピュアオリーブオイルを選ぶことが大切です。

・過剰摂取に注意

前述のようにオリーブオイルは、痔の改善効果が期待できる食材です。ただオリーブオイルを摂りすぎると、かえって痔が悪化する可能性があります。

例えばオリーブオイルは油であり、1gあたり9kcalあります。これはご飯や肉などに含まれる糖質・タンパク質の2.25倍です。そのためダイエット効果があるといってオリーブオイルを摂取しすぎると、カロリーの摂り過ぎによって太ります。

またオリーブオイルを摂りすぎると、便秘改善効果が強く現れて軟便になりやすいです。中には下痢を起こす人もいます。そのため痔に良いからといって、オリーブオイルを過剰に摂りすぎないように注意することが大切です。

おすすめのオリーブオイルの食べ方

前述のようにオリーブオイルは、加熱に強い油です。そのためオリーブオイルを摂りたいのであれば、まず普段のサラダ油をオリーブオイルに変更することをおすすめします。

このとき中には、「加熱に向くオリーブオイルはピュアオリーブオイルであって、エクストラバージンオイルは加熱に向かない」と思っている人がいます。

ただ実際には、エクストラバージンオイルを加熱しても問題ありません。

エクストラバージンオイルはピュアオリーブオイルよりも酸化しにくい性質をもつため、加熱しても油の質は変わらないのです。したがって痔の改善のためにオリーブオイルを摂取するのであれば、エクストラバージンオイルを選ぶのが好ましいです。

ただ健康成分の一つであるポリフェノールは、熱に弱い性質を持ちます。そのためエクストラバージンオイルを加熱すると、オイルに含まれるポリフェノールが減少します。

そうするとその分だけ、オリーブオイルの健康効果が低下することになります。そのためオリーブオイルは、加熱調理に使用するだけではなく生でも摂ることが推奨されます。

ドレッシングにする

オリーブオイルを生で食べる場合は、ドレッシングとして使用するのがおすすめです。サラダにオリーブオイルをかけると、野菜をまろやかに美味しく食べられるようになるだけではなく、野菜に含まれる栄養も効率よく摂取できるようになります。

手軽にサラダを食べたい人は、オリーブオイルと塩を野菜にかけましょう。また好みで薄切りにしたレモンやレモン汁などをかけてもいいでしょう。

このとき塩は、精製塩ではなく海水塩などの上質なものを選びます。精製塩は「塩化ナトリウムの味=塩味」であり、尖った味となっているためです。

一方で海水で作られた塩には、海水に含まれるさまざまなミネラルが含まれています。そのため海水塩は精製塩よりもまろやかで、旨味の強い味となっています。以下のようなものが海水塩になります。

塩の中には、トリュフ塩や昆布塩などの風味漬けされたものも数多くあります。このようなものを使用すると、手軽に深みのある味を作り出すことができます。

また、普段使っているドレッシングにオリーブオイルを加える方法もおすすめです。そうすることで手間をかけることなく、慣れ親しんだ味でオリーブオイルを摂取することができます。

ひと手間加える余裕がある場合は、酢とオリーブオイルを1:2の割合で混ぜます。

これをよく撹拌したものをベースに、好みで塩やコショウ、鶏ガラスープの元、砂糖、醤油などを混ぜ合わせます。

そうすることで、本格的で美味しいドレッシングを作ることができます。

ヨーグルトにかける

健康のために毎日ヨーグルトを食べている人は多いです。ヨーグルトは腸内環境の改善効果が期待できる食品です。そのためヨーグルトを習慣的に食べると、便秘や下痢などが起こりにくい体質になることが期待できます。

便秘や下痢などは痔の最大の原因です。そのためヨーグルトによって便秘・下痢が解消されると、痔も改善しやすくなります。このことからオリーブオイルとともに、ヨーグルトも痔の人におすすめの食品です。

このときヨーグルトは、砂糖やはちみつ、ジャムなどをかけて食べることが多いです。一方でオリーブオイルは、ヨーグルトに合わない食材だと思われがちです。

ただ実際には、ヨーグルトにオリーブオイルをかけると、まろやかになってコクのある味になります。

そのため痔を改善したい人は、ヨーグルトにオリーブオイルをかけて食べてみましょう。そうすることで排便異常が改善しやすくなって痔の改善が期待できます。

飲み物に入れる

前述のようにオリーブオイルは、そのまま飲むことによって健康効果を得ることができます。

ただ、油をそのまま飲むことに抵抗がある人は多いです。そのためこのような人は、飲み物にオリーブオイルを入れてみることをおすすめします。

例えば普段飲んでいるコーヒーやジュースなどにオリーブオイルを入れると、ミルクを入れたときのようなまろやかな味わいになります。また牛乳にオリーブオイルを入れて飲むと、濃厚でコクのある味わいになります。

このとき飲み物にオリーブオイルを垂らしただけでは、これらが混ざり合いません。そのため口の中でそれぞれの味がすることになります。

したがって飲み物にオリーブオイルを入れるときは、よく撹拌することが大切です。そうすることによってミルクコーヒーやフルーツ牛乳、特濃牛乳などのような味わいで飲むことができるようになります。

以下のような感じになるまで混ぜましょう。

料理の仕上げにかける

基本的に日本には、食品に油をかけて食べる文化がありません。そのため完成した料理に油をかけるというと、拒否反応を起こす人が多いです。

ただ中華やイタリアン、フレンチなどでは、料理の仕上げに油をかけて風味付けすることが一般的に行われています。また料理に油をかけると味がまろやかになり、美味しいと感じやすい味になります。

このとき洋風の料理にオリーブオイルをかけることができても、和食にオリーブオイルをかけることには抵抗がある人が多いです。

ただ、オリーブオイルは醤油などの和風食材とも相性がいいです。そのためオリーブオイルはさまざまな和食に使用することができます。

和風料理の仕上げにオリーブオイルをひとかけすると、まろやかになるだけではなく味に奥行きが生まれます。また仕上げにオリーブオイルを使用すると、オリーブオイルが加熱されないためオリーブオイルのもつ健康成分が壊れにくいです。

まとめ

オリーブオイルには便秘を改善したり血行を促進したりなどのさまざまな健康効果があります。これらはどれも、痔を改善させやすくします。そのため普段使っている油をオリーブオイルに変えることで、痔が良くなっていくことが期待できます。

またオリーブオイルは、イタリアンだけではなく和食などとも合わせることができます。そのため自分の食生活に合った取り入れ方をすることで、毎日無理なく摂取することができるようになります。

ただオリーブオイルにはいくつかの種類があり、それぞれ風味や味、健康効果などが異なります。またオリーブオイルを摂りすぎると、かえって体に害を生じます。

そのため痔の改善のためにオリーブオイルを摂取する人は、これまでに述べたような情報を参考にして毎日オリーブオイルを摂取しましょう。そうすることで痔が改善していき、痔を発症しにくい体質になっていくことでしょう。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。