恥ずかしさや治療の痛みなどを気にして、痔を発症しても病院へ行かない人は多いです。このような人は、「病院にかかっていないのだから痔は我慢するしかない」と思い込んでいるケースがあります。

ただ実際には、発症している痔の多くは自力で治すことができます。そのため、痔を発症しても病院にかからずに治せることがほとんどです。

しかしながら、痔は放置しておくことで治る病気ではありません。痔を自力で治すためには、痔を生じる原因を理解し、痔が発症しやすくなる生活習慣を正す必要があります。

そこで、ここでは痔と生活習慣の関係性について解説し、痔を自然治癒力で改善する方法について述べていきます。

痔と生活習慣の関係性

多くの肛門科医は、痔を「生活習慣病である」といっています。これは、痔の発症原因のほとんどが生活習慣によるものであるためです。

痔は肛門に生じる病気の総称であり、肛門は便の出口です。そのため、便の状態が痔に大きく関係しています。

便は食べ物のカスや摂取した水分などで構成されており、排便は生活習慣の1つです。このことから、痔には食事の内容や生活の習慣などが大きく関わっている病気であることがわかります。

痔の種類と主な原因

痔は、大きく分けて痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)の3種類があります。

・いぼ痔の原因

いぼ痔とは、肛門の内側や肛門付近などにぷにぷにとしたいぼを生じる病気です。いぼ痔は、肛門クッションと呼ばれる組織がうっ血することによって起こります。

肛門クッションのうっ血は、排便や出産などの際に強くいきむことによって生じます。このとき、便秘になると強くいきまなければ排便ができなくなります。そのため、便秘はいぼ痔発症における大きな原因の1つです。

また、肛門付近の血流が悪くなると、肛門クッションのうっ血が起こりやすくなります。そのため、血行の悪化もいぼ痔発症の原因となります。

・切れ痔の原因

一方で切れ痔とは、肛門が裂けて切り傷を生じる病気です。切れ痔は、硬い便を無理に出したり便が勢い良く出たりすることによって発症しやすくなります。このことから、便秘や下痢などが切れ痔の原因となるということがわかります。

また、肛門付近の血流が悪くなると、肛門の弾力性が低くなります。すると、排便の際に肛門が広がりにくくなるため、切れ痔を生じやすくなります。

・あな痔の原因

あな痔とは、肛門内側に存在している肛門腺に便が入り込み、細菌が繁殖することによって起こる病気です。肛門腺が細菌感染すると、化膿して膿が溜まります。

肛門腺に溜まった膿は、おしりの中の「圧力が低い場所」を侵食して膿の出口を作っていきます。

そして、膿の出口がおしりの皮膚や体内の粘膜部分などに生じると、この部分から膿が排出されます。そのため、痔ろうは「肛門以外のところに穴ができる痔=あな痔」と呼ばれています。

このとき、下痢を生じていると便が水っぽくなります。そうすると、便が肛門を勢い良く通過するようになり、肛門腺へ便が入り込みやすくなります。このことから、下痢はあな痔の原因になることがわかります。

また、便秘によって排便時のいきみが強くなると、その分だけ肛門腺へ便が押し込まれやすくなります。そのため、便秘もあな痔の原因となります。

痔を治すのは医者じゃない

一般的に、病院は病気を発症したときに行く場所だと認識されています。そのため、病気の治療に当たる医者を、「病気を治してくれる人」だと思っている人が多いです。

ただ実際には、病気を治すのは医者ではなく患者本人です。

例えば、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病で病院にかかると、まず初めに生活習慣を正すようにいわれます。これは、これらの病気を薬などで治そうとしても、生活習慣を正さなければ治療効果は現れないためです。

これらの病気と同様に、痔は生活習慣によって生じる病気です。そのため、痔を治すためには生活習慣を改める必要があります。

そして、生活を変えることができるのは医者ではなく、患者本人です。このことから、病気を治すためには患者の強い意志が必要であることがわかります。

また、すでに述べたように軽度な痔であれば病院に行かなくても治すことができます。これは、わたしたちの身体には自然治癒力が備わっているためです。

自然治癒力は、生物が持ち合わせている基本的な能力です。ただ、傷が治るスピードがみんな違うように、自然治癒力の強さは人それぞれ異なります。

自然治癒力の強さは生まれつきの体質によって左右されます。ただ、それよりも生活習慣の方が自然治癒力の強さに大きく影響します。そのため、痔を自力で治すためには、生活習慣を見直すことが大切です。

さらに、重症の痔を発症している場合、医者が痔の切除手術をすることがあります。このとき、医者は「病気を生じている組織」を切除するため、医者が病気を治しているように見えます。

しかしながら、切除手術をしたあとの傷を治すのは医者の縫合ではなく、患者本人の自然治癒力です。そのため、痔を手術によって治す場合であっても、患者の自然治癒力が必要不可欠であるといえます。

生活習慣では治せない痔とは?

人間の治癒力は、多くの病気を自然に治すことができます。そのため、痔を発症しても、生活習慣を改めれば自然と治ることが多いです。

ただ、痔の中には生活習慣を正しても治癒が見込めないタイプのものがあります。それがあな痔です。

ほとんどのあな痔は手術でなければ治りません。そのため、あな痔を発症したら、すぐに専門家に見てもらう必要があります。

しかしながら、自力であな痔を治せないといっても、あな痔を発症しているということは「痔を発症しやすい生活を送っている」ことになります。

そのため、病院での治療に満足して生活習慣を改めずにいると、あな痔が再発したり他のタイプの痔を発症したりしやすくなります。そのため、あな痔を発症した場合であっても、生活習慣を見直す必要があるといえます。

痔の自然治癒力を高める生活習慣とは?

これまでに述べてきたように、痔を自力で治すためには生活習慣を改めることが必要不可欠です。また、痔に良い生活習慣を送っていると、痔が治りやすいだけではなく痔が再発しにくくなるという利点もあります。

では、痔にとって良い生活習慣とはどのようなことを指すのでしょうか? それは、以下のような肛門の負担を減らす生活習慣になります。

食生活の改善は必須

多くの場合、痔の症状で病院にかかった際には医師から「便を柔らかくする薬」が処方されます。これは、便秘はあらゆるタイプにおける痔の原因になるとともに、痔の悪化も引き起こすためです。

このとき、「痔の治療のために薬を出しているのだから、その薬を飲んでいれば痔が治る」と思っている人が少なくありません。

ただ、便は食べ物からできています。そのため、いくら医師から処方された薬を飲んでいても、食生活を改善しなければ便秘や痔などが良くなることは期待できません。

また、便通を良くする薬を飲んで便秘・痔が一時的に改善しても、食生活を変えないまま薬の服用をやめると、再び便秘や痔などが起こりやすくなります。そのため、痔を治すためには食事内容を見直す必要があります。

具体的にいうと、便秘を改善するためには「たっぷりの食物繊維」を毎日摂ることが大切です。これは、食物繊維には便秘を予防・改善する働きがあるためです。

また食物繊維は、腸内環境を良くして下痢を起こしにくくする作用もあります。下痢も便秘と同様に、あらゆるタイプにおける痔の原因となります。そのため、食物繊維の多い食事を摂っていると、便秘と下痢の両方が改善されて痔を発症しにくくなります。

野菜や果物などの植物性食品にしか食物繊維が含まれていません。そのため、痔を治したいのであれば、これら食品を積極的に食べるようにしましょう。

また、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品は腸内環境を良くする効果が確認されています。そのため痔を改善するためには、発酵食品を食卓に取り入れてみることをおすすめします。

そして、タンパク質や動物性脂肪などの摂り過ぎは、腸内環境の悪化を招いて便秘や下痢などの原因となります。このようなことから、痔の治療のためには、「野菜・発酵食品たっぷりとり、お肉・油ものは控えめ」な生活を心がけることが大切です。

さらに、アルコールや香辛料などは、痔などのうっ血を促す作用があります。そのため、痔を改善したいのであれば、これら飲食物の摂取はなるべく控えるべきであるといえます。

そして、毎日健康的な排便を行うためには、朝食を摂ることが大切です。まず、起床時には胃腸が休んでおり、排便が起こりにくい状態となっています。

このようなタイミングで朝食を摂ると、それが刺激となって胃腸が目覚めます。すると、腸の働きが活発になり、朝食から30分~1時間後に便意が起こりやすくなります。

このようにして定期的に便意が起こると、排便が習慣化しやすくなります。このようなことから、便秘を防いで痔を改善させるためには、毎日しっかり朝食を食べることが大切であるといえます。

定期的に体を動かす

血行不良は、痔の発症を促します。

例えば、肛門付近の血行が悪くなっていると、うっ血が起こりやすくなっていぼ痔を生じやすくなります。また、肛門の伸縮性が低くなって硬くなり、排便の際に切れ痔を生じやすくなります。

さらに、血行が悪くなっていると免疫力が低下します。すると、肛門腺に入り込んだ便によって細菌感染を起こしやすくなり、あな痔の発症につながります。

このように、血液の流れは痔に深く関与しています。そのため、痔を防いだり自然治癒させたりするためには、血行を良くすることが大切だといえます。

このとき、多くの人が「体の血液を流しているのは心臓だ」と認識しています。実際に、心臓はポンプ機能によって血液を全身に送り出す働きをしています。

ただ、心臓のポンプによる力は、心臓から離れるほどに弱くなっていきます。そのため、血液が手足などの末端組織へ到着する頃には、心臓ポンプによる影響がかなり低くなっています。

特に、下半身へ流れた血液が心臓へ戻るためには、重力に逆らって流れる必要があります。このようなことから、足に流れ込んだ血液は、心臓ポンプの力で心臓に戻ることは困難であることがわかります。

このような中、わたしたちの体には心臓以外の「血液を流す組織」を持っています。それが筋肉です。

筋肉を使うと、ふくらんで血管を圧迫します。すると、血管内の血液が押されて心臓方向へと流れていきます。

例えば、水を含んだホースの途中部分を足の裏で踏むと、ホースの先から水が押し出されてきます。この場合の「ホースを踏む足」の役割を担っているのが筋肉なのです。

ただ、運動不足によって筋肉を使わなくなると、筋肉が「ホース(血管)を踏む(圧迫する)機会」が減少します。そのため、運動量が少なくなると血液の流れが悪くなり、痔を発症しやすくなります。

特に同じ姿勢を長時間続けると、血液が体の下の方に溜まりやすくなります。そのため、仕事などで座りっぱなしなどの人は、定期的に立って歩く習慣をつけることが大切です。

体を温める

手足などが慢性的に冷える「冷え性」になると、冷えている組織の血管が収縮するため血液が流れにくくなります。

すると、全身の血行不良が悪化していき、痔を発症・悪化しやすくなります。そのため、痔を改善するためには、体をなるべく冷やさないことが大切です。

例えば、冷え性は夏に生じやすいといわれています。

冬には厚着をしたりカイロをしようしたりなどの体を温める工夫をする人が多いです。一方で、夏は暖かい季節であるため、冷え対策をしていない人がほとんどです。

ただ、夏の室内は冷房によって冷えています。夏に薄着でこのような室内に入ると、急激に身体が冷えて冷え性を生じやすくなります。そのため、痔を改善するためには、夏であっても冷え対策をすることが大切です。

また、ダイエットのために食事制限を行うと、体が慢性的なエネルギー不足になります。すると、体内の熱産生量が低下して体が冷え、冷え性になりやすくなります。そのため、ダイエットしたいのであれば、食事制限ではなく運動量を増やすようにしましょう。

運動量を増やすと、ダイエット効果が現れるだけではなく血液の巡りが良くなります。すると、血液によって体内の熱が手足へ運ばれやすくなり、冷え性が起こりにくくなります。

そして、冷え性を防ぐためには毎日湯船に浸かることも大切です。入浴すると患部が温まり、痔による痛みなどの症状が緩和することが多いです。そして、このようにして体を温める習慣をつけると、血行不良が起こりにくくなって痔そのものが改善しやすくなります。

ストレスを溜めない

適度なストレスには、モチベーションや集中力などを向上させる働きがあります。ただ、ストレスが強すぎたり長期に及んだりすると、ストレスを感知する働きを担っている視床下部という部分が疲労します。

視床下部は、身体の調子を整えている自律神経のコントロールを行っています。そのため、視床下部が混乱すると、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経は消化吸収や血流などをコントロールしています。そのため、自律神経が乱れると、便秘や下痢、血行不良などを生じやすくなります。

これらはどれも痔の原因となります。このことから、痔を治すためにはストレス対策を行うことが大切であるということがわかります。

ただ、多くの場合でストレスの原因をすぐになくすことはできません。そのため痔を解消するためには、ストレスを無くすのではなくストレスと上手く付き合うことが大切であるといえます。

具体的にいうと、ストレスの原因を忘れる時間を作ることが大切です。

例えば、人に会ったり趣味に没頭したりすると、ストレス原因を一定時間忘れることができます。すると、ストレスによって緊張していた体がほぐれ、自律神経が整いやすくなります。

また、笑ったり泣いたりなどの「感情を吐き出す行為」には、ストレス解消効果があることがわかっています。そのため、強いストレスを感じていると思ったら、例えば「没頭できる映像作品を見てみる」ことなどをおすすめします。

また、人はだれかと触れ合っているときにリラックスしやすくなります。そのため、ストレスを感じてきたら親しい人や癒される動物などと触れ合う時間を持ってみるのも効果的です。

ラベンダーやオレンジなどの天然香料には、気分を明るくさせたりリラックスさせたりする成分が含まれています。そのため、これらの香料を嗅ぐと、花からリラックス成分が取り込まれて精神的に落ち着きやすくなります。

このとき、自分が好きだと感じる香りを選ぶようにすると、自分の体に適したものを選ぶことができるため効果を実感しやすくなります。

また、合成香料は石油などから作っている香料であるため、天然香料がもつ成分が含まれていません。そのため、リラックス効果を得たいのであれば、天然香料を使用した製品を利用するようにしましょう。

さらに、慢性的な睡眠不足になると、ストレスを感じやすくなります。また寝不足は疲労の蓄積を促し、免疫力を低下させます。

すると、細菌感染が起こりやすくなったり自然治癒力が落ちたりしやすくなります。これらはどちらも、痔の原因となります。そのため、ストレスを減らすためには、睡眠時間をしっかりと確保することが大切です。

また、就寝前に携帯電話やパソコンなどの画面を見ると、寝付きにくくなったり眠りが浅くなったりすることがわかっています。そのため、寝る時間の2時間前にはこれらを見ないようにし、良質な睡眠を得る準備をしましょう。

まとめ

痔は生活習慣病の1つです。そのため、生活習慣を見直すと、痔は自然と治っていくことがほとんどです。一方で、生活習慣を正さなければ、たとえ病院にかかったとしても痔を完治させることは難しくなります。

生活習慣を正すことができるのは、病院や医者ではなく「痔を発症した患者本人」です。

そのため、痔を発症したのであれば、まずは食生活を正して健康的な排便習慣を身につけることをおすすめします。その上で、定期的に運動したりストレスをうまく解消したりなどして健康的な生活を送るよう心がけましょう。

そうすることで、体に備わっている自然治癒力によって痔が治り、健康的な日々を取り戻すことができるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。