虫歯に次いで患者数が多い病気が痔です。実際に、日本人の約3人に1人は痔であるといわれています。

また、痔の一種である痔核は、痔における患者の約半数を占めています。このようなことからも、痔核によって悩み苦しんでいる人は多いことがわかります。

一方で、痔核によって病院にかかる人は少ないです。これは、「痔で病院にかかると、患部を切られて痛い思いをする」と思っている人が多いためだといわれています。

ただ実際には、「痔の治療=患部を切る」というのは過去の話です。現在では、ほとんどの痔を切らずに治すことができます。そのため、痔で病院にかかっても、手術なしで治療されることが多いです。

では、痔核で病院にかかった場合、どのような治療が行われるのでしょうか? ここでは、痔核の分類別に病院での治療法を解説していきます。

痔核の分類と進行度

痔核とは一般的にいぼ痔と呼ばれており、肛門付近にぷにぷにとした出来物を生じる病気です。

痔核の主な原因は、便秘や下痢などの排便異常と血行不良の2つです。

これらは痔核の原因になるだけではなく、痔核の悪化も引き起こします。そのため痔核と診断された場合、痔核の種類や進行度などに関わらず、便秘や下痢などを改善する生活を送るように指導されます。

痔核の分類

痔核は、肛門クッションと呼ばれる組織がうっ血を起こすことによって生じます。肛門クッションは、肛門の内側と外側の2箇所に存在しています。

このとき、内側の肛門クッションが腫れたものを内痔核、外側の肛門クッションが腫れたものを外痔核と呼びます。

これらのうち、内痔核ができる場所には痛覚がありません。そのため、内痔核には痛みを伴いません。

一方で、外痔核を生じる場所には痛覚があるため、強い痛みを伴います。そのため、ぷにぷにとした出来物とともに強い痛みが起こっている場合は、外痔核を生じているということになります。

多くの場合、外痔核は内痔核の進行とともに発生します。このような「内痔核と併発した外痔核」は内外痔核と呼ばれます。また、内痔核を伴わない外痔核を血栓性外痔核と呼びます。

また、内痔核が進行すると肛門の外に飛び出すようになります。このとき、飛び出た内痔核が肛門括約筋に締め付けられると、痔核が急激に大きくなって激しい痛みを伴うようになります。これを嵌頓痔核(かんとんじかく)と呼びます。

内痔核の進行度

内痔核は、症状によってⅠ~Ⅳ度の進行度に分けられています。

Ⅰ度の内痔核では、内痔核が肛門から脱出することがない状態を指します。痔核の表面は薄くもろいため、弱い刺激でも破れて出血を起こします。そのため、Ⅰ度の内痔核では、排便時に出血を伴うことが多いです。

Ⅱ度の内痔核では、排便時のいきみによって痔核が肛門の外に脱出するものの、排便が終わると自然に肛門内へ戻る状態を指します。このとき、出血量はⅠ度のときよりも減る場合があります。

Ⅲ度の内痔核では、排便時に痔核が肛門外へ飛び出し、指で押さなければ肛門内に戻らない状態を指します。この頃には、内痔核が肛門外の痛覚のある部分に触れるため痛みを生じることがあります。

内痔核がⅣ度になると、内痔核が肛門外へ脱出したままとなり、指で押しても元に戻らなくなります。このような状態となると、便が漏れやすくなって下着が汚れたりおしりがかぶれたりしやすくなります。

内痔核での進行度別の治療方法

一昔前までは、痔核で病院にかかると患部を大きく切られることが多かったです。そのため、このような痔核の手術では、強い痛みが伴ったり長期間の入院が必要だったりしました。

さらに、過去に行われていた手術方法では、手術後に後遺症が起こることも多かったです。そのため、「痔の手術=手術自体だけではなく、術後もつらい治療方法」という印象を持つ人は多いです。

ただ近年では技術や手術法などの進歩によって、痔の手術に伴うさまざまなつらさがかなり軽減されています。また、痔核のほとんどは手術なしで治るとされており、実際に手術が必要な痔核は全体の1~2割だといわれています。

さらに、痔核の外科的な処置は、痔核の状態や進行度などに適した手段が取られます。

例えば、医者に「体にメスを入れたくない」と伝えれば、注射やレーザーなどの治療法が選ばれることが多いです。また、「患部を切ってもいいから、とにかく早く肛門の状態をキレイにしたい」といえば、肛門を美しく形成する処置が施されることがあります。

当然のことながら、痔核の状態や進行度などによっては希望の処置方法を選べないことがあります。

ただ、治療後に自分の肛門と付き合っていくのは、医師ではなく自分自身です。

そのため、痔の治療後の生活を快適にするためには、これから述べるような痔核の処置方法における基本について理解した上で治療を受けることが大切です。

Ⅰ度の内痔核

Ⅰ度の内痔核は、出血以外の自覚症状を伴わないほど小さな痔核です。そのためこのレベルの痔核であれば、生活習慣を正しながら自然治癒を待ちます。このような治療法を保存療法といいます。

多くの場合、保存療法では「症状を緩和させる薬」を使用しながら自然治癒を待ちます。そのため、自然治癒を待っている間であっても、薬の作用によって比較的早く症状が気にならなくなっていきます。

Ⅰ度の内痔核は、適切な治療を行うとすぐに治ります。ただ日本人の中には、「便に血が混じったから病院に行く」という人が少ないのが実情です。

また、「便は汚いからすぐに流すべきもの」と思っている人も多く、自らの便の状態を確認せずに流してしまうケースも多いです。そのため、Ⅰ度の内痔核で病院にかかる人はあまりいません。

Ⅱ度の内痔核

Ⅱ度の内痔核は、多くの人が「いぼ痔かもしれない」と感じる進行度です。このレベルの内痔核はⅠ度の内痔核と同様に、保存療法が基本的な治療方法となります。

また、内痔核に伴う症状がつらければ、以下のような処置を受けることができます。

・硬化剤注入療法(硬化療法)

内痔核が小さい場合、内痔核や内痔核へ血液を送っている動脈部分などに「硬化剤(フェノールアーモンド油)」を注入して治療することがあります。

硬化剤には、血管を狭くして血液を流れにくくする働きがあります。そのため、内痔核付近の動脈に硬化剤が注入されると、内痔核への血流が減少して痔核が小さくなっていきます。

また、硬化剤を注入する部分は痛みを感じない組織であるため、硬化剤注入療法には痛みを伴いません。さらに、注射を行うだけの治療方法であるため、治療時間もそれほどかからないというメリットがあります。

一方で、注射の効果はそれほど長続きせず、長くても1年程度しか持ちません。そのため、この期間内に「痔核ができやすい生活習慣」を改めなければ、注射の効果が切れたタイミングで内痔核が再発する可能性が高いです。

また、硬化剤の注入を繰り返すと、薬剤の効き目が弱くなっていくことがあります。そのため、硬化剤注入療法は、内痔核の初期に行う一時的な治療法とされています。

・ゴム輪結紮法

内痔核がある程度の大きさになると、「ゴム輪結紮法(ごむわけっさつほう)」での治療を行うことができます。

ゴム輪結紮法とは、痔核の根本を専用の機器を使用して輪ゴムで締め付ける治療法です。このようにすると、痔核の血流が途絶えるため1~2週間で痔核が壊死して脱落します。

内痔核が生じる組織には痛覚がないため、このようにして痔核が壊死しても痛みは生じません。痔核が脱落するときに出血が伴うことはあるものの、多くの場合すぐに自然治癒します。

ただ一方で、痛みを感じる外痔核にはゴム輪結紮法を利用できません。また、痔核が大きすぎたり小さすぎたりすると、輪ゴムがはまらないためゴム輪結紮法の適用とはなりません。

さらに、痔核の中には、輪ゴムがかからないほど硬くなっているケースがあります。このような場合にも、ゴム輪結紮法が利用できません。このようなことから、ゴム輪結紮法は体への負担が少ない一方で、使用できる痔核が限られている治療法であるといえます。

Ⅲ度の内痔核

多くの場合、内痔核が進行してⅢ度になると手術や外科的処置などが施されます。同時に、痔核の再発を防ぐために生活習慣の改善を指導されます。

ただ、Ⅲ度以降の内痔核になると、医師によって選択する治療法が異なってきます。また、同じ状態の内痔核を見ても、医師によって異なる内痔核の進行度が診断されるケースもあります。

そのため、このレベルの内痔核になったら、複数の医師の意見を聞くセカンドオピニオンを実施するのもいいです。

・半導体レーザー療法

半導体レーザー療法では、内痔核にレーザーを当てて治療します。具体的にいうと、まず内痔核に特殊な色素を注入します。

このときの色素は、レーザー光線を強く吸収する性質をもっています。そのため、色素を注入してからレーザーを当てると、内痔核がレーザーを吸収して凝固して小さくなっていきます。

レーザー療法では体にメスを入れないため、痔核を切り取る手術法に比べて出血や痛みなどが少なくて済みます。また、短時間で治療ができるというメリットもあります。

ただ、外痔核を生じている場合には、レーザー療法は行えません。また、半導体レーザー療法は専用の機器のある病院でしか行えないため、治療を受けられる病院が限られるというデメリットもあります。

・ALTA注射法

前述した硬化剤(フェノールアーモンド油)注入療法は、進行しすぎた内痔核には利用できない治療法です。

一方で、硬化剤の一種である「硫酸アルミニウムカリウムタンニン酸(ALTA)」を注射する治療方法は、「肛門から脱出するほど進行した内痔核」にも適用できます。

ALTA注射法は、患部に注射を行う治療法であるため、患部を切除する結紮切除法に比べて体への負担が少ないです。そのため、ALTA治療法では、術後の痛みが少なく入院期間が短いというメリットがあります。

ただ、ALTA注射法では、硬化剤を4段階に分けて注射します。そのため、ALTA注射法を成功させるためには、熟練した医師の手技が必要となります。

また、適用できる痔核をしっかり見極め、正しい方法で硬化剤を注入しなければ、痔核の再発や合併症の発症などにつながることがあります。そのため、ALTA注射法は特定の資格を持っている医師しか行えない治療法となっています。

・結紮切除法

内痔核が進行して大きくなると、痔核を切り取る手術が行われることがあります。このとき、世界中で主流となっている「痔核を切り取る手術」が、結紮切除法(けっさつせつじょほう)です。

結紮切除法では、痔核の根本にある動脈を縛り(結紮)、血液を止めてから痔核を切除します。

以前は、痔核を切除した後の傷は、縫わずにそのままにしておくのが主流でした。これに対して、現在では肛門外ある皮膚の傷はそのままにして、肛門の中の傷を縫う「半閉鎖法」が取られることが多いです。

通常、結紮切除法を行った後は、約2週間の入院が必要となります。また、結紮切除法による治療では、痔核の再発率が低いというデータがあります。そのため、結紮切除法は痔核の根治術の1つであるとされています。

ただ、結紮切除法では体の組織を切り取るため、体にかかる負担が大きいです。

実際に、結紮切除法では、術後に切り取った部分に痛みが生じます。また、結紮切除法での治療後には、肛門が狭くなったり切除した部分が硬くなったりなどの症状が起こることもあります。

さらに、手術を行ってから長期間経過した頃に、肛門の皮がたるんでくることがあります(肛門皮垂)。このような症状を生じると、肛門部分に違和感や痛みなどを覚えることになります。

このようなことから、結紮切除法は痔核の主流手術法ではあるものの、さまざまなリスクを伴うものであるといえます。

・PPH法

PPH法とは、垂れ下がった内痔核を器具による手術で釣り上げる手術法です。

具体的にいうと、内痔核の上部ある粘膜を筒状に切除します。そして、切り取った粘膜の上下を縫い合わせて内痔核を2cmほど引っ張り上げます。

これら一連の手術は、専用の機器1台で行います。そのため、PPH法は他の方法に比べて、医師の手腕に依存しない手術法といえます。

また、結紮切除法では、痔核の数が多すぎると肛門の健康を維持しながら手術を成功させるのが困難であるのが現実です。

これに対して、PPH法ではたくさんの痔核を一度に引き上げることができるため、結紮切除法では難しい場合でも対応できる手術法とされています。

ただ、PPH法では痔核そのものではなく、正常な腸粘膜を切除します。そのため、PPH法の正当性について疑問を持っている外科医はたくさんいます。

Ⅳ度の内痔核

一般的には内痔核がⅣ度まで悪化すると、上述した結紮切除法かPPH法のどちらかで治療することになります。このようなことから、内痔核が大きくなりすぎると、切除なしには治療できないことがわかります。

ただ、痔の治療方針や技術などは病院・医者によって異なります。

実際に、痔を専門としている病院の中にはALTA注射法と美容形成の技術を併用して、Ⅳ度までの内痔核を切除せずに治療しているところがあります。

また、とある病院ではⅣ度と診断されていた内痔核が、別の病院でⅢ度と診断されたケースもあります。そのため、痔核が重症になるほど、慎重に病院を選ぶ必要があるといえます。

外痔核・嵌頓痔核の治療法

外痔核や嵌頓痔核などは、内痔核に比べて適用できる外科的処置法が少ないです。そのため、これらの痔核は内痔核よりも治療法での選択の幅が狭いといえます。

また、外痔核と嵌頓痔核はどちらも生活習慣によって発症・悪化する病気です。そのためこれら痔核も、内痔核と同様に生活習慣の改善が基本的な治療となります。

外痔核のみの場合

外痔核のうち、痛みが軽度である場合は保存療法で治療していきます。また、痛みがある程度強くても薬を使用して症状が緩和するようであれば、保存療法で治癒を目指すことがあります。

一方で、外痔核によって日常生活に支障をきたすほどの痛みが発生している場合、外科的処置によって痛みを軽減することになります。

このとき、外痔核には硬化剤やALTAなどの注入、レーザー療法が利用できません。そのため、外痔核を外科的に処置する場合、メスによって患部を切る手術が行われることになります。

具体的にいうと、外痔核を生じている部分に局所麻酔をして切開し、外痔核内の血栓を取り除きます。

血栓を取り除くと、痔核内の血液が体内に戻りやすくなります。すると、痔核が小さくなっていき、やがて消失します。

ただ、外痔核を生じたことによって伸びていた皮膚は、元に戻ることができません。そのため、血流の正常化によって外痔核がなくなっても、伸びた皮膚はそのままになります。このような状態になった皮膚を皮垂(ひすい)と呼びます。

皮垂は放置しても問題のない症状です。ただ皮垂を生じると、排便後に便をきれいに拭き取りにくくなり、便が残りやすくなります。

そうすると、これによって肛門付近がかぶれてかゆくなることがあります。そのため皮垂による不快な症状が気になる際は、皮垂を切除する手術を受けることができます。

外痔核と内痔核が併発している場合

外痔核と内痔核が併発しているときは、内痔核がある程度進行している場合が多いです。そのため、内痔核を併発している外痔核は、内痔核と一緒に治療を行います。

例えば、内痔核を保存療法で治療する場合、併発している外痔核も保存療法で治療することが多いです。また、内痔核を切除するとき、多くの場合で外痔核も一緒に切除することになります。

さらに現在では、「内痔核はALTA注射法で治療し、外痔核は切除する」という異なる治療方法を併用している肛門科病院もあります。

このようにして技術の併用を行うと、「なるべく切らずに治療してほしい」などの患者の意思に沿った治療を行うことができます。そのためこのような手段を取っている病院は、より患者の希望を聞き入れてもらえる可能性が高いといえます。

嵌頓痔核(かんとんじかく)

嵌頓痔核は保存療法で治すことができる痔核です。そのため、患者の希望がなければ、薬を使用しながら生活習慣を正して自然治癒を待つことになります。

ただ、嵌頓痔核には激しい痛みを伴います。そのため、嵌頓痔核を発症した人は、その痛みに耐えられず手術するケースが多いです。

嵌頓痔核の手術は結紮切除法によって行われます。また、病院によっては、糸などで痔核を縛って壊死させる分離結紮術で治療するところがあります。

どちらも術後に痛みを伴う治療法であるものの、嵌頓痔核の痛みよりは弱いといわれています。

まとめ

このように、「痔は切って治す病気」というのは過去の話です。

ただ、痔核にはさまざまな種類や進行度合いなどがあり、それに応じて選択される治療法が異なります。そのため、切らずに治す治療法を選びたくても、痔核の状態によっては不可能なことがあります。

しかしながら、痔の知識や治療技術などは医師によって異なるのが現実です。

そのため、痔核治療の基本を知らなければ、行われる治療が適切かどうかを判断することができません。このようなことから、病院で痔核の治療を受ける際には基本的な知識を身につけることが大切だといえます。

また、どのタイプ・進行度の痔核であっても、生活習慣を改めるというのが治療の基本です。

医師は痔核を治療することができても、痔核を生じやすい環境を変えることはできません。生活環境を変えられるのは、患者本人だけです。

そのため痔核であると診断されたのであれば、治療を医師任せにせず、「自分で治す」という強い意志を持つようにしましょう。そうすることで、医師による治療が成功しやすくなり再発も起こりにくくなります。