基本的に子供は、自分で食べるものを選ぶことができません。

例えば自立している大人であれば、さまざまな飲食店からお店やメニューなどを選んだり自分で食材を選んで食事を作ったりできます。自分の体を構成する栄養を、自分の意思で摂ることができるのです。

これに対して子供は、保護者などが作ったご飯を食べることになります。そのため子供は、健康状態を自分で管理することはできません。

このとき痔は、大人だけではなく子供にも起こる病気です。そして子供の痔の大きな原因は、食事の内容です。そのため子供を痔で苦しませたくないのであれば、痔になりにくい食事内容を保護者が知っておく必要があります。

そこでここでは、食生活と子供の痔との関係性について解説し、子供の痔を予防・改善する食事方法について述べていきます。

子供に起こる痔とその原因

一般的に子供には痔が起こらないと思われています。ただ実際には、痔は子供にも起こりうる病気です。

痔は肛門に起こる病気の総称です。また肛門は便の通り道です。そのため便の状態が悪いと、痔が発症しやすくなるのです。

このとき痔には、いぼ痔(痔核)あな痔(痔瘻)切れ痔(裂肛)の3種類があります。これらのうち、幼い子供にいぼ痔が起こることはほとんどありません。

いぼ痔は肛門組織がうっ血して腫れ上がる病気です。肛門組織のうっ血は、便秘によって強くいきんだり下痢によって何度もいきんだりすることによって起こります。

ただ便秘や下痢などが数回起こったところでいぼ痔には至りません。組織がうっ血していぼ痔となるまでには、長い時間がかかります。そのため基本的に便秘や下痢などの経験が少ない乳幼児には、いぼ痔が起こりません。

これに対してあな痔や切れ痔などは、乳幼児にも起こる痔です。そのため子供に痔が起こったのであれば、これらのうちどちらかであるといえます。

乳幼児のあな痔の原因

乳幼児のあな痔は、大人のあな痔と同じメカニズムで発症します。

肛門と直腸の境目には、肛門腺窩という上向きに空いた穴が存在しています。この部分に便が入り込んで便に含まれる細菌が肛門腺窩の奥で増殖すると、おしりの中に膿が溜まります。これを肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)といいます。

この状態が悪化すると膿がおしりの内部を流れ進んでいき、おしりの皮膚から膿が排出されるようになります。これがあな痔です。

このとき乳幼児に起こったあな痔は、乳児痔瘻または幼児痔瘻と呼ばれ、大人のあな痔とは区別されます。これは大人のあな痔は手術しないと治らないのに対して、子供のあな痔のほとんどは手術なしで治癒するためです。

また大人のあな痔は、男女両方に起こりうる病気です。これに対して乳幼児痔瘻のほとんどは、男児に起こります。

乳幼児痔瘻の発症原因は、確実には解明されていません。

ただミルクで育てられている子供よりも、母乳で育てられている子供に乳幼児痔瘻が起こりやすいことが分かっています。これは、「母乳育児はミルク育児に比べて、乳児の便がゆるくなりやすい」ためです。

便がゆるいと、その分だけ肛門腺窩に便が入り込みやすくなります。その結果、乳幼児痔瘻を発症しやすくなるとされているのです。

しかしながら乳幼児痔瘻は原因が確定していない以上、確実に予防することが不可能なのが現状です。そのため乳幼児痔瘻は、保護者の努力で予防することはできないといえます。

乳幼児の切れ痔の原因

乳幼児痔瘻が予防できない病気であったのに対して、乳幼児の切れ痔は親の工夫によって予防することができる痔です。

切れ痔とは、肛門の皮膚部分が裂ける病気です。つまり肛門皮膚に起こる裂け傷です。そのため切れ痔は、肛門に物理的な負担がかかることによって発症します。

例えば便秘になると、排便時に肛門が押し広げられることになるため切れ痔が起こりやすくなります。また下痢便は、肛門に強い負担をかけます。そのため下痢が続くと肛門の皮膚組織が弱くなって、切れ痔を発症しやすくなります。

これと同様に子供の切れ痔も、便秘や下痢などが原因で発症します。ただ子供の切れ痔は、便秘が原因であることが多いです。

母乳やミルクなどを飲んでいる乳児の便は、通常より柔らかめです。ただ離乳食が始まって固形の食べ物を口にするようになると、便は徐々に固くなっていきます。

このとき体質や体調、離乳食の進め方などによっては、便が急に固くなって便秘が起こることがあります。固い便を排出すると、肛門に負担がかかって切れ痔を生じます。

また離乳食期を終えても、便秘になりやすい子は多いです。基本的に、子供には食べ物の好き嫌いがあります。特に、野菜を嫌う子供はかなり多いです。

ただ野菜に含まれている食物繊維には、便通を良くする働きがあります。そのため好き嫌いによって野菜の摂取量が少なくなると、食物繊維不足によって便秘が起こりやすくなります。

このとき大人が便秘になったら、食生活を見直したり薬を服用したりして便秘を改善しようとします。ただ子供は、自分で便秘対策を行うことができません。そのため便秘によって排便時に痛みを感じるようになると、排便そのものを我慢してしまうようになります。

排便を我慢すると、その分だけ便の水分が体内に吸収されていきます。その結果、便がさらに固くなって便秘が悪化します。そのため便秘による切れ痔が子供に起こると、便秘の悪循環が起こりやすくなるのです。

子供の痔を予防する食生活

前述のように基本的には、子供に起こる便秘はあな痔と切れ痔のどちらかです。これらのうち乳幼児痔瘻は、確実に予防することができない病気です。一方で切れ痔は、便秘を予防することによって防ぐことができます。

このとき基本的に子供は、用意された食事を摂ります。そして食事内容は、便の状態に直結します。そのため子供が痔になりやすくなるかどうかは、保護者の行動次第であるといえます。

したがって子供の痔を防ぐためには、保護者が便秘になりにくい食生活を送らせるように心がける必要があるのです。

子供が摂るべき野菜の量とは?

「1日に必要な野菜摂取量は350gである」という話は、さまざまな情報媒体で紹介されています。ただこれは大人に必要な野菜摂取量であり、子供が1日にどれくらいの野菜を摂るべきかを知らない人は多いです。

このとき一言に子供といっても、幼児と小学生では体格が大きく異なります。そのため子供の体に必要な1日あたりの野菜摂取量は、年齢によって変化します。

具体的にいうと、厚生労働省の推奨する1日あたりの野菜摂取量は3~5歳で240g、6~7歳で270g、8~9歳で300g、10歳以上は350gとなります。このことから10歳以上の子供には1食あたり約120gの野菜、10歳未満の子供であっても80~100gの野菜を食べさせる必要があることが分かります。

ただ調理の際、使用する野菜の量を毎回測ることは困難です。そのため「必要な野菜の摂取量は、1食あたり両手いっぱいの生野菜である」と覚えておくことをおすすめします。

どの年代でも両手一杯分の生野菜は、1食あたりの野菜必要量となります。そのため子供の両手に乗る野菜の量をイメージしながら献立を考えると、子供の野菜不足をカバーしやすくなります。

果物を食べさせる

前述のように便秘を防ぐためには、食物繊維を十分に摂取する必要があります。このとき食物繊維は植物性食品に含まれている成分です。そのため食物繊維は野菜だけではなく、果物にも多く含まれています。

また食物繊維には水に溶けるタイプ(水溶性食物繊維)と水に溶けないタイプ(不溶性食物繊維)の2種類があります。便秘を防ぐためには、これらをバランスよく摂る必要があります。

このとき野菜には不溶性食物繊維が多く含まれている一方で、水溶性食物繊維の含有量が低いものが多いです。これに対して果物は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。

さらに果物は、野菜に比べて甘みがあり口当たりもいいです。そのため野菜を食べない子供であっても、果物は食べられることが多いです。このようなことから子供の痔を防ぐためには、果物をしっかり食べさせることをおすすめします。

具体的には1日あたり150gの果物を摂取させることが推奨されています。これはりんご半分、オレンジ1個に相当する量です。

このとき食事の際に150g程度の果物を出すと、好物である果物を先に食べてしまいやすいです。そうすると果物でお腹が一杯になってしまい、おかずなどを残してしまいやすくなります。そのため果物は食事ではなく、おやつに出すことをおすすめします。

子供は体の大きさの割に、必要なエネルギー量が多いです。そのため3回の食事では1日に必要なエネルギーを補給することができないため、補食としておやつを食べることが推奨されています。

このときおやつで果物を出すと、エネルギーと一緒に食物繊維も補給することができます。そのため便秘になりにくくなり、痔を防ぎやすくなるのです。

発酵食品を取り入れる

食物繊維の便通改善効果は、便のかさや水分量などを増やしたり腸内の善玉菌を増やしたりする効果によるものです。

このとき腸内の善玉菌を増やすのは、食物繊維だけではありません。納豆やヨーグルトなどの発酵食品にも、腸内環境を良くする働きがあります。

発酵食品には乳酸菌などの人体に有益な菌が多く含まれています。このような菌は、腸内の悪玉菌を減らしたり善玉菌のエサになったりします。そのため発酵食品を摂ると腸内環境が改善しやすくなり、その結果、便秘や痔などが起こりにくくなります。

このとき和食の中には、さまざまな発酵食品があります。そして和食で使われる発酵食品は、日本人の体に馴染みやすいものが多いです。そのため可能であれば、毎回の食事で味噌や納豆、漬物などの日本古来の発酵食品を食べさせることが推奨されます。

またヨーグルトは、発酵食品の中でも子供に好まれやすい味です。そのため好き嫌いの多い子供には、ヨーグルトもおすすめです。

このときヨーグルトは無糖タイプを購入して、オリゴ糖などで甘みをつけることをおすすめします。オリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。そのためヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べると、腸内環境をより改善しやすくなります。

野菜の食べさせ方のコツ

わたしたちは本能的に、エネルギー源を多く含む食べ物を美味しく感じやすいです。

例えばスイーツや揚げ物、お肉などには、エネルギー源となる糖質や脂質、たんぱく質などがたくさん含まれています。そのためスイーツや揚げ物などは、好物となりやすい食べ物です。

これに対して野菜は、エネルギー源となる栄養素をあまり含んでいません。そのため野菜は、本能的に美味しいと感じにくい食材です。特に子供は、大人よりも本能に忠実です。このようなことから子供には、野菜嫌いが多いのです。

ただ野菜が嫌いだからといって野菜を食べさせないでいると、便秘が起こって痔のリスクが高まります。そのため子供の痔を防ぐためには、保護者が調理方法などを工夫して野菜を食べやすくすることが大切です。

加熱した野菜を食べさせる

便秘の改善のためには、野菜をしっかり食べることが大切です。ただこのとき、生野菜では十分な量の食物繊維が摂りづらいです。

前述のように子供が摂取するべき野菜の量は、10歳未満の子で1日あたり80~100gです。これは大人用の生野菜サラダ1人前に相当します。

生野菜は加熱した野菜に比べ、満腹感を得やすいです。そのため子供が80~100gの野菜を生で食べると、お腹がいっぱいになってしまっておかずやご飯などが食べられなくなります。

そうすると子供に必要な栄養素が不足し、成長不良や心身の不調などが起こりやすくなります。一方でご飯やおかずなどを食べた後に、80~100gのサラダを食べさせようとしても、満腹によって箸が進まないことでしょう。このようなことから子供の体に必要な量の野菜を、生野菜で摂らせることはかなり難しいといえます。

これに対して野菜を加熱すると、野菜のかさが減ってかなり食べやすくなります。また加熱することによって野菜の持つ青臭さが軽減しやすくなり、食べやすくもなります。そのため子供に野菜を食べさせる際には、なるべく生ではなく加熱したものを食べさせることが大切です。

苦味やくさみなどが強い野菜は下ごしらえを

野菜の中でも、小松菜やほうれん草、ピーマンなどの濃い緑色の野菜は苦味やニオイなどが強いです。そのため子供の中には、このような野菜を嫌う子がかなり多いです。

ただこのような野菜の苦味・くさみは、下ごしらえすることで軽減します。

例えば下茹でしたり塩もみしたりすると、苦味・臭み成分が水に溶けだして食べやすくなります。また野菜を生のまま冷凍すると、苦味やくさみなどが軽くなります。

ただ苦味・くさみ成分が減る過程では、栄養素も減少します。そのため子供が野菜の味に慣れてきたら、炒めたり蒸したりなどの栄養素の減りにくい調理方法に変えることをおすすめします。

野菜を育てたり料理を作ったりさせる

野菜が嫌いな子の中には、野菜を育てたり一緒に料理を作ったりすることによって野菜嫌いを克服できる子がいます。

例えばトマトやピーマンなどは、プランターなどでも育てやすい野菜です。またきのこの中には、栽培キットを使用して自宅で簡単に育てられるものもあります。

これらを子供が自ら時間をかけて育てることで、野菜に愛着を持つようになります。その結果、自然と野菜が食べられるようになることがあるのです。

また子供と一緒に料理を作ると、出来上がった料理に愛着を持つようになります。このとき苦手な野菜を自分で調理すると、食べられるようになることが多いです。

そのため苦手な野菜が多い子は、野菜を育てたり一緒に料理を作ったりしてみましょう。そうすることで、野菜嫌いを克服できる可能性があります。

嫌がるものを無理に食べさせない

前述のように野菜は、もともと美味しく感じにくい食材です。そのため子供に野菜を食べさせるためには、野菜を美味しく調理したり野菜を好きになるように工夫したりする必要があります。

ただ中には、どのような手段をとっても食べるのを嫌がることがあります。このような場合は、無理に食べさせないように注意する必要があります。

嫌がるものを無理やり食べさせると、トラウマとなってしまうことがあります。このような状態になると、大人になっても苦手な食べ物を克服できないことが多いです。

また中には、「どの調理法で食べても嫌いだった食べ物が、実はアレルギーの原因だった」というケースもあります。

このようなことから調理法などを工夫しても食べない食材があるのであれば、無理に食べさせずに他の野菜で不足する栄養素・成分などを補うようにすることが大切です。

おすすめの簡単レシピ

野菜が嫌われやすい一方で、糖質や脂質、たんぱく質などの多い食材は子供に好かれやすいです。

例えばご飯やパン、唐揚げ、ハンバーグなどを嫌う子供はほとんどいません。これらには、本能的に美味しいと感じやすい栄養素がたっぷり含まれているためです。そのため野菜が苦手であっても、糖質や脂質、たんぱく質を多く含む食材と合わせると食べやすくなります。

例えば砂糖やしょうゆなどで甘辛く仕上げたり、フライや天ぷらなどにしたり、ハンバーグや肉団子などに混ぜたりすると苦手な野菜でも食べやすくなります。

ただ野菜を食べやすくするためには、ある程度の手間がかかることが多いです。そこで以下に、手軽に作れて野菜を多く摂れるレシピを紹介していきます。

野菜カレー

カレーは子供が好きな食べ物の代表格です。実際に苦手な野菜であっても、カレー味にすると食べられる子はかなり多いです。

ただカレーに野菜を入れる際、野菜を大きくカットすると野菜の味が口に残りやすくなります。そのため苦手な野菜をカレーに入れる際には、細かく刻むことをおすすめします。そうすることで野菜の味を感じにくくなり、苦手な野菜でも食べやすくなります。

ただ野菜を包丁で刻むためには、ある程度の時間を必要とします。そのため忙しくて調理の時間が取りにくい人は、野菜を細かくして食べさせることを苦痛に感じやすいです。

このような場合は、日々の調理にフードプロセッサーや手動のみじん切り器などを導入しましょう。これらのうち手動のみじん切り器は、数百円で購入することができるため経済的負担も少ないです。

これらの調理アイテムを導入することによって、みじん切りの時間を大幅に短縮できます。その結果、さまざまな料理に刻んだ野菜を忍ばせることができるようになります。

またみじん切りの野菜でも食べにくくしているようであれば、カレーにひき肉を入れてみましょう。そうすると野菜と一緒に肉が口に入るようになるため、かなり食べやすくなります。

ツナ炒め

前述のように野菜は、脂質やタンパク質などと一緒に食べるようにするとかなり食べやすくなります。そのため苦手な野菜であっても、ツナ缶を利用して炒め物にすると高確率で食べてくれるようになります。

具体的には、刻んだピーマンなどをツナと一緒にごま油で炒めます。そして中華だしや砂糖、醤油などで味付けをします。そうすることで野菜の苦味やくさみなどが気になりにくくなり、子供でも食べやすい味に仕上がります。

またツナ缶の油を有効活用したい場合は、ツナ缶を油ごとフライパンに入れてピーマンを炒めます。そして味付けの最後に、ごま油を少し入れます。そうすることでごま油の香りが引き立ち、より箸が進みやすい味になります。

フライパンを使いたくない場合は、すべての材料をボールなどに入れてレンジで加熱することで簡単に作ることもできます。このようにして作るとピーマンが柔らかくなるため、野菜のシャキシャキ感が苦手な子でも食べやすくなります。

このような味付けはいわゆる「無限ピーマン」などと呼ばれており、「無限ナス」や「無限人参」などの派生レシピが多数存在しています。アレンジが効きやすい味付けなので、子供が苦手とする野菜で作ってみましょう。

炊き込みごはん

多くの子供は、離乳食の頃からご飯を食べています。そのためご飯は多くの子供に好かれやすく、野菜を混ぜるのに適した食材の1つです。

特に炊き込みご飯は、日本人に馴染みやすい和風だしで味付けされます。そのため苦手な野菜であっても、炊き込みご飯にすると食べやすくなるケースが多いです。

ただ、きのこが苦手な子供の場合、きのこを入れた炊き込みご飯を受け付けないケースがあります。きのこからダシが出て、ご飯全体が苦手な味となるためです。そのため、きのこを苦手とする子供には、きのこ入りの炊き込みご飯を出さないのが懸命です。

一方で豆や芋などは、食物繊維がかなり多く子供にも受け入れられやすい食材です。そのため炊き込みご飯を作る際には、豆や芋などを入れることをおすすめします。

また米と豆や芋などを一緒に炊き込んで、豆ごはんや芋ごはんなどにすると、食物繊維の不足を補いやすくなります。そのため子供の便が固めであるように感じたら、豆ごはん・芋ごはんを食卓に取り入れてみましょう。

鍋やおでん、豚汁

カツオや昆布などからとったダシには、体に必要となるアミノ酸が多く含まれています。そのため基本的に、ダシは子供が好みやすい味です。

このことから苦手な野菜であっても、ダシの味を染み込ませると食べやすくなるケースがあります。特に鍋やおでん、豚汁などで野菜を食べると、ダシや肉、魚などの味が野菜にしっかり染み込んで食べやすくなります。

また野菜や肉、魚などを一度に煮ると、調理時間も大幅に短縮できます。そのため調理の手間を省きながら野菜を食べさせたい場合は、鍋や豚汁などをおすすめします。

ただ苦手な野菜がニオイの強いものである場合、野菜のニオイが鍋全体に広がることがあります。そのためニオイの強い野菜を鍋などに利用する場合は、下茹でして風味を飛ばしてから使用するのが懸命です。

揚げ浸し

揚げ浸しは食材を油で揚げて、熱いままダシに漬け込んで作る料理です。このようにすることによってダシの味が食材の奥まで染み込み、苦手な野菜でもかなり食べやすくなります。

また揚げ浸しでは、食材を油で揚げます。前述のように脂質は、美味しく感じやすい栄養素です。そのため油を含んだ野菜は、生の野菜よりも食べやすく仕上がります。

さらに油で揚げる際には食材が高温となるため、野菜の苦味や風味などが飛びやすくなります。このようなことから苦手な野菜であっても、揚げ浸しにすると食べられるケースがあるようです。

そして揚げ浸しは、食材を揚げてだしに漬け込むだけであるため、簡単に作ることができます。このようなことから揚げ浸しは、調理時間を短縮したいときにもおすすめであるといえます。

まとめ

痔と食生活は、深く関係しています。特に野菜などの植物性食品の摂取不足は便秘を引き起こし、痔を発症させやすくします。そのため痔を予防・改善するためには、野菜などをしっかり食べる必要があります。

このとき子供の食生活を管理しているのは、親などの保護者です。そのため保護者がしっかり野菜を食べさせるようにしないと、子供に便秘・痔が起こりやすくなります。そして子供に痔が起こると排便を我慢してしまうため、痔と便秘の悪循環が起こることになります。

ただ野菜は、子供が嫌いやすい味です。そのため子供に「痔になりにくい食生活」を送らせるためには、さまざまな工夫が必要となります。

したがって子供の痔を予防したり改善したりしたいのであれば、これまでに述べたような情報を参考にして、十分な量の野菜を継続して食べさせるようにしましょう。そうすることで子供の便秘を防ぐことができ、その結果痔を発症しにくくなります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。