現在主流となっている西洋薬は、薬効のある成分を直接的に配合したものです。そのため西洋薬は効き目が鋭く、効果を実感しやすいです。

これに対して漢方薬は、西洋薬に比べて効き目がマイルドであることが多いです。そのため中には、「漢方薬は病気を治す効果が低い」と思い込んでいる人がいます。

ただ漢方薬は西洋薬よりも、生活習慣に起因する疾患を改善する効果が高いという特長があります。そして痔は、悪い生活習慣によって起こる病気です。そのため漢方薬は、痔を改善する効果が高いのです。

では、なぜ漢方薬は痔を改善する効果が高いのでしょうか? また痔を治す漢方薬は、どのようにして選べばいいのでしょうか?

ここでは、漢方薬が痔を治す理由と痔に効く漢方薬の選び方を解説していきます。

痔に効く漢方薬の種類とその効果

一般的に漢方薬は、中国の医学に基づくものだと思われがちです。ただ実際には、漢方医学は日本の医学です。

具体的にいうと、日本に伝わった中国の医学が日本国内で独自に発展したものが漢方医学です。そのため漢方薬は、日本人の体質に合った薬なのです。

また近年では漢方薬の研究が進められ、その効果が実証されてきています。実際に病院で漢方薬が処方されることも増えてきています。このことからも、「漢方薬=効果が低い」というわけではないことがわかります。

漢方薬は、薬効のある植物を煎じたものを数種類組み合わせて作られています。そのため漢方薬は西洋薬に比べて効果が複雑であり、体に総合的に働きかけます。

実際に痔の漢方薬には、痔の症状を緩和したり痔の原因を改善したりして痔を根本から治していく働きがあります。こうした漢方薬としては、以下のようなものがあります。

乙字湯(おつじとう)

乙字湯はもっとも一般的に使用されている痔の内服薬であり、昔から痔の治療に用いられてきました。医者が処方する痔の内服薬であり、痔が実際に治ったという口コミ・評価も数多く存在しています。

乙字湯はツムラやクラシエ、漢方生薬研究所などのさまざまな漢方薬メーカーから販売されており、粉薬や錠剤などのさまざまなタイプがあります。

乙字湯は当帰(トウキ)、柴胡(サイコ)、升麻(ショウマ)、黄芩(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、大黄(ダイオウ)という6つの生薬で構成されています。これらにはそれぞれ、炎症を鎮めたり便秘を改善したり血行を良くしたりする効果があります。

患部の炎症が鎮まると、その分だけ痛みやかゆみ、出血などが治まりやすくなります。そのため乙字湯を服用すると、いぼ痔や切れ痔などの症状が緩和します。

また便秘や血行不良などが改善すると、痔そのものが治りやすくなります。

例えば便秘が起こっていると、便が固くなります。そうすると排便時に肛門がむりやり押し広げられることになるため、肛門が裂けやすくなります。つまり切れ痔(裂肛)を生じやすくなるのです。

また硬い便を排出するためには、強くいきまなければなりません。強くいきむとその分だけ、肛門組織に血液が流れ込みます。そうして組織に血液が溜まって腫れ上がると、いぼ痔(痔核)を発症します。

一方で血行不良が起こっていると、肛門組織にうっ血が起こりやすくなります。その結果、いぼ痔が発症・悪化しやすくなります。

そして肛門皮膚の血行が悪くなると、皮膚の弾力性が低下して裂けやすくなります。このようなことから便秘や血行不良などは、いぼ痔や切れ痔などを発症・悪化させやすくするのです。

このように便秘や血行不良などは、痔を発症させたり悪化させたりします。このとき乙字湯は、これら痔の原因を根本から改善します。

そのため乙字湯を飲むと、痔が治りやすくなるだけではなく痔を発症しにくい体質になっていきます。このようなことから乙字湯は、痔治療の内服薬の第一選択となっているのです。

槐角丸(かいかくがん)

槐角丸は乙字湯に次いで有名な痔の飲み薬(錠剤)であり、イスクラ産業や松浦漢方などから販売されています。

槐角丸は乙字湯と似た処方となっており、炎症を鎮めて血行を良くする効果のある当帰(トウキ)や黄芩(オウゴン)などの生薬が配合されています。

他にも、防風(ボウフウ)や枳穀/枳実(キコク・キジツ)地楡(チユ/ジユ)、槐角(カイカク)などが含まれています。

これらのうちキコクには、緩やかな便通作用があります。またボウフウやチユ、カイカクなどは、炎症を鎮めたり止血したりする作用のある成分です。そのため槐角丸は、強い炎症が起こっていたり出血がひどかったりする痔に向く漢方薬だといえます。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯は、弱った体に活力を与える効果がある漢方薬です。現在では、がんなどの重篤な病気で体が弱った患者に処方されることがあります。

補中益気湯にはトウキやサイコ、ショウマなどの乙字湯と共通した成分が含まれています。そのため補中益気湯には、痔の諸症状を緩和する効果が期待できます。

また滋養強壮効果のある人参(ニンジン)や黄耆(オウギ)などが配合されています。これらは新陳代謝を高めたり血行を良くしたりして体を温める作用があります。

体が冷えると、痔が発症・悪化しやすくなります。そのため補中益気湯には、体力低下などによる冷えが原因の痔を改善する効果が期待できます。

また補中益気湯に含まれる陳皮(チンピ)や生姜(ショウキョウ)には、胃腸の働きを良くする作用があります。

痔ができる組織である肛門は、胃腸などの消化器官の末端に位置しています。そのため胃腸の働きが良くなると、痔が改善しやすい状態となります。

このようなことから補中益気湯は、胃腸が弱く体力が低下している人に起こった痔に効果を発揮する漢方薬といえます。

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)

痔の一種であるあな痔(痔ろう)は、手術なしでは治らない病気です。そのため肛門やおしりの皮膚などから膿の排出が起こっている場合は、速やかに病院を受診する必要があります。

以下の図のような症状があな痔です。

このときあな痔は、肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)という病気から発展します。肛門周囲膿瘍は以下の図のような病気です。おしりの内部に便が入り込み、便に含まれる細菌によって化膿が起こることによって発症します。

この図からわかるように、肛門周囲膿瘍はあな痔の前段階の病気です。

肛門周囲膿瘍を発症した人のうち、約半分が痔ろうへ進行します。一方でもう半分は、痔ろうにならずに治癒します。このとき肛門周囲膿瘍の治癒を助けるのが、荊防敗毒散などの漢方薬です。

荊防敗毒散には、化膿や炎症などを鎮める効果のある生薬が多数配合されています。そのため荊防敗毒散を服用すると、肛門周囲膿瘍が治りやすくなることが期待できます。

肛門周囲膿瘍では、おしり全体が赤く腫れて痛んだり肛門から膿が排出されたりします。また、全身性の発熱が起こることもあります。そのためこのような症状が現れているのであれば、荊防敗毒散の服用をおすすめします。

レンシン(蓮神)

これまでに述べた痔の内服薬は、すべて漢方薬です。漢方薬は漢方医学に基づいた構成となっています。具体的にいうと、薬ごとに生薬の種類(処方)が決まっているのです。

例えば乙字湯であれば、どのメーカーから販売されているものであっても当帰や柴胡など6つの生薬で構成されています。

これに対してレンシンは、レンシン製薬から販売されている内服薬の一つであり、漢方医学に基づく処方ではありません。そのためレンシンは、厳密には漢方薬とはいえません。

ただレンシンは蓮茎(レンケイ)や槐花(カイカ)生姜(ショウキョウ)、センナなどの生薬で構成されています。そのためレンシンには、漢方薬に似たような働きがあります。

レンケイやカイカなどには、炎症を鎮めて痛みを緩和する作用があります。またショウキョウには、血液循環を良くする効果があります。そのためレンシンを使用すると、痔の痛みが緩和しやすくなるとともに痔が改善しやすくなることが期待できます。

またセンナは便秘薬にも処方されている生薬です。そのためレンシンを服用すると、便秘が改善されて痔が悪化しづらくなります。

ただセンナには、腸の働きを促進して排便を促す効果があります。そのため体質などによっては、腹痛・下痢の原因となります。

またセンナには、クセになりやすいというデメリットもあります。そのためレンシンの服用を長期間続けると、自力で排便する力が弱まるため注意が必要です。

痔の漢方薬の服用に注意が必要な人

前述のように漢方薬は、効果が低いと思われがちです。そのため妊娠中や体の小さな子供などへの影響も少ないと思われていることが多いです。

ただ実際には、漢方薬も西洋薬と同様に、痔や痔の原因となる症状などを治す力をもつ薬です。薬としての効果があるということは、服用に注意が必要な人がいるということを意味するのです。

そこで、どのような人が利用できるのか確認していきます。

妊娠中や授乳中の女性は使用できるのか?

・妊婦

妊娠中や産後などは、痔ができやすいタイミングです。そのため痔に苦しむ妊婦・授乳婦はかなり多いです。

ただ妊娠中や授乳中などは、赤ちゃんへの影響から使用できる薬が限られます。特に排便を促す成分であるダイオウやキコク、センナなどは、妊婦や授乳婦がなるべく避けるべき生薬であるとされています。

これらの生薬は、腸を動かして排便を促します。このとき腸の隣には、子宮があります。そのためダイオウによって腸が動くと、連動して子宮も動きやすくなります。

子宮が薬によって無理やり動かされると、流産や早産などが起こりやすくなります。そのため妊婦は、乙字湯や槐角丸、レンシンなどの服用をなるべく避けることが大切です。

ただ妊娠の経過は、人それぞれ異なります。そのため痔の症状がひどく、産婦人科医が服用の許可を出した場合は乙字湯などを服用しても問題ありません。

・授乳中の女性

ダイオウやセンナなどの生薬成分は、授乳を通して赤ちゃんの体内に入ることがわかっています。これらの成分は、赤ちゃんの体には効き目の強い成分です。そのため授乳によって赤ちゃんがダイオウなどを摂取すると、下痢が起こることがあります。

体の小さな赤ちゃんに下痢が起こると、脱水症状や栄養失調などにつながりやすくなります。そのため授乳中は、乙字湯や槐角丸、レンシンの服用を控える必要があります。

なお授乳期間中であっても、薬を服用した後に授乳しないようにすれば乙字湯などを飲むことができます。具体的には漢方薬の服用後、6時間は授乳を避けて粉ミルクを与えるようにしましょう。

子供は使用できるのか?

槐角丸は15歳未満の小児は使用できません。一方で乙字湯は、2歳以上であれば服用することができます。また商品によっては、2歳未満の小児が服用できるタイプのものもあります。

ただ1歳未満の赤ちゃんは、体のさまざまな器官がかなり未熟です。そのため赤ちゃんが痔になった場合は、自己判断で薬を与えずに専門医に診てもらうことが大切です。

また、補中益気湯は4歳から服用できるものが多いです。中には、2歳から服用できるタイプのものもあります。そのため子供が痔になったら、体質に合わせて乙字湯か補中益気湯を選ぶようにしましょう。

なお、乳児のあな痔は乳児痔ろうと呼ばれており、大人の痔ろうとは区別されています。大人の痔ろうは手術なしで治らない一方で、乳児痔ろうは自然治癒する病気です。

このとき漢方薬の一種である十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は、乳児痔ろうの改善効果が高いことで知られています。

そのため赤ちゃんのおしりが腫れていたり皮膚から膿の排出が起こったりしている場合は、十全大補湯を試してみましょう。

痔に効く漢方薬の体質別の選び方と飲むタイミング

また漢方薬の効果を十分に発揮させるためには、服用方法を守ることも大切です。そのため漢方薬で痔を完治させたいのであれば、以下の内容を十分に理解しておくことが大切です。

・便秘になりやすい人

前述のように便秘は、痔の原因となります。そのため痔とともに便秘が起こっている人は、便秘を改善しなければ痔の改善は見込めません。したがって便秘になりやすい人は、便通を促す生薬が配合されているものを選ぶべきです。

このとき便通を促す効果のある痔の漢方薬には、乙字湯と槐角丸の2種類があります。これらのうち、便秘を改善する効果が高いのは乙字湯です。

また乙字湯は、医者が処方するほど痔の改善効果が実感しやすい薬です。そのため便秘になりやすいタイプの人は、乙字湯を選ぶことをおすすめします。

・下痢になりやすい人

痔の漢方薬の第一選択は、乙字湯です。ただ乙字湯には、排便を促す成分が入っています。そのため下痢が起こりやすいタイプの人が乙字湯を服用すると、副作用でおなかを下してしまいやすいです。

そのため下痢を起こしやすいタイプの人は、乙字湯ではなく桂枝茯苓丸や補中益気湯などを選びましょう。これらの漢方薬には便通を促す成分が含まれていないため、下痢が起こる心配がありません。

このとき疲れやすかったり食欲が落ちたりしている人は、補中益気湯が適しています。一方で体力がある人やのぼせることがある人は、桂枝茯苓丸を選びましょう。

漢方薬はいつ飲むのか

一般的に使用されている西洋薬は、食後に飲むことが多いです。そのため「薬は食後に飲むものである」と思い込んでいる人が多いです。

ただ基本的に漢方薬は、食前や食間などのおなかが空っぽのタイミングで服用します。食後に服用すると、薬の成分が吸収されにくくなるためです。そのため漢方薬を服用する場合は、食事の前に飲むクセをつけることが大切です。

なお食前に薬を飲み忘れた場合は、食後に薬を服用するようにします。これは薬の飲み忘れを防ぐためです。

痔は悪い生活習慣を長期間続けることによって起こる病気です。太っている人が数日で痩せることがないのと同様に、薬を飲んでも痔が数日で完治することはありません。そのため漢方薬による痔の改善効果を実感するまでには、少し時間がかかります。

このとき薬を飲む期間が空いてしまうと、薬の効果が現れにくくなります。したがって食前に薬を飲み忘れた場合は、薬を飲む間隔が空くのを防ぐために食後に服用するようにしましょう。

また可能であれば、漢方薬はぬるま湯(白湯)で飲むことをおすすめします。そうすることによって有効成分が吸収されやすくなり、薬の効果を実感しやすくなります。

漢方薬はいつまで飲み続ければいいのか?

前述のように痔に効く漢方薬の効果を実感するまでには、少し時間がかかります。具体的には2週間~1ヶ月程度、薬の服用を続ける必要があります。

ただ痔が重症化していたり痔になりやすい生活を継続したりする場合、痔が完治するまでに数ヶ月の時間を要することもあります。そのため痔に効く漢方薬は、長期服用するつもりで購入するべきです。

後述するように痔に効く漢方薬は、インターネット通販で購入することができます。このとき定期購入サービスを利用すると、薬の買い忘れを防ぎやすくなります。

そして薬を服用し続けて痔の症状をまったく感じなくなったら、定期購入サービスを解約して薬の服用を終えましょう。

痔に効く漢方薬はどこで買えるのか?

前述のように痔の漢方薬の中には、病院で処方されるものもあります。ただ中には、忙しかったり恥ずかしかったりすることによって痔で病院に行けない人がいるでしょう。

また薬店の中には、漢方薬局と呼ばれる漢方の専門店もあります。ただ、漢方薬局の数はかなり少ないです。そのため住んでいる地域によっては、漢方薬局に行くことが難しいでしょう。

このとき痔に効く漢方薬はすべて、市販されています。そのため痔を漢方薬で治したい人は、市販されているものを試してみることをおすすめします。

ドラッグストアなどの薬店

ドラッグストアなどの一般用医薬品の取扱店には、さまざまな薬が販売されています。中には、痔の漢方薬の取扱いがある店もあります。

ただドラッグストアなどで取り扱っている薬のほとんどは、漢方薬ではなく西洋薬です。そのため店によっては、漢方薬の品揃えが悪いことがあります。

特に痔の薬は、頭痛や風邪などの薬に比べて数がかなり少ないです。そのため薬店で痔の漢方薬を探す場合は、希望の薬が手に入らないことを覚悟する必要があります。

インターネット通販

前述のように薬店では、必ずしも痔に効く漢方薬の取扱いがあるとは限りません。そのため薬を買うために店舗へ出向いても、手ぶらで帰ってしまうことになりかねません。そのため痔の漢方薬が欲しい場合は、インターネット通販をおすすめします。

インターネット通販で痔の漢方薬を購入すると、店舗へ出向く必要がないため無駄足を踏むリスクがありません。また注文から家に届くまで一定の日数が必要となるものの、外出しなくても薬が手に入るというメリットもあります。

このときツムラやクラシエなどのドラッグストアで売られているメーカーの漢方薬は、Amazonや楽天市場などで売られています。通販専門の漢方薬メーカーのものは、公式ホームページで手に入ります。

Amazonや楽天市場などで薬を購入する場合、会員であれば支払い方法などを入力しなくても買えるというメリットがあります。一方で、配送時の品名が「乙字湯」などの商品名となることがあります。

乙字湯は痔の薬として有名です。また大手メーカーの痔の薬の中には、「痔の薬である」ということが大きく書かれているものも多いです。そのためAmazonなどで痔の薬を買うと、家族や同居している恋人などに痔であることがバレてしまうケースがあります。

これに対して通販専門のメーカーは、痔の薬であるとはわからない品名・包装で届けてくれることがほとんどです。

実際に通販専門メーカーの一つである漢方生薬研究所の乙字湯(ピーチラック)は、「医薬品・冊子」という品名で届きます。そのため痔の薬を使うことを恥ずかしく感じるような人は、通販専門メーカーの方が抵抗なく買いやすいです。

また通販サイトでは、購入店によっては送料がかかることがあります。一方で通販専門メーカーのほとんどは、無料で商品を発送してくれます。そのため場合によっては、通販専門メーカーで痔の薬を購入したほうが、負担額が少なくて済むことがあります。

参考までに漢方生薬研究所のピーチラックは、Amazonのアカウントで購入することができます。そのためAmazonの会員であれば、住所や支払い方法などを新たに入力することなく購入することができます。

このようなことから通販で漢方薬を購入する場合は、ピーチラックなどの通販専門メーカーのものを選ぶことをおすすめします。

まとめ

一般的に漢方薬は、西洋薬に比べて「効き目が弱いもの」と思われています。ただ実際には、漢方薬は痔などの「生活習慣に起因する病気」を根本から治すことができる薬です。

このとき年齢や体の状態などによっては、漢方薬の服用が適さないケースがあります。また痔に効く漢方薬にはいくつかのタイプがあり、体質に合ったものを選ばなければ効果を実感することができません。

さらにドラッグストアなどの薬店では、痔の漢方薬の取扱数が少ないことがほとんどです。そのため薬店へ出向いても、希望の漢方薬が手に入らないことがあります。

そのため痔を発症しているのであれば、これまでに述べた情報を参考にして、自分に合った漢方薬をインターネット通販で購入しましょう。そうすることで、すばやく痔を完治させることができるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。