多くの人にとって、コーヒーはなくてはならないものとなっています。

実際に一般的な飲食店のほとんどではコーヒーが提供されており、コーヒーの専門店も数多く存在しています。またコンビニエンスストアでは、淹れたてのコーヒーを格安で購入することができます。

このとき痔を発症していると、歩いたり座ったりするだけで強い痛みが起こります。

そのため痔を発症している人は、なるべく痔に悪いものを摂らないように気をつけようとすることが多いです。このようなことから痔を発症している人の中には、コーヒーをやめるべきかどうか悩んでいる人がいます。

では、痔を発症しているときにコーヒーを飲んでも大丈夫なのでしょうか? また痔に良いコーヒーの飲み方というのは存在するのでしょうか?

そこでここでは、痔とコーヒーの関係性やコーヒーの飲み方などについて解説していきます。

コーヒーは痔にいいのか?

コーヒーにはさまざまな健康効果があることは、広く知られています。

実際に国立がん研究センターは、「1日にコーヒーを3~4杯の飲む人は、コーヒーをまったく飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気による死亡リスクが約4割低い」という研究結果を発表しています。

他にもコーヒーの健康効果についてはさまざまな機関が研究を重ねており、1日3杯程度の飲用にはさまざまな健康的メリットがあることがわかっています。

適量のコーヒーは痔にいい

ただ痔への影響については、直接的な効果は期待できません。これは痔が、生活習慣に起因する病気であるためです。そのためコーヒーを飲んで体にいい効果を得ても、痔の原因となっている生活習慣を正さなければ痔が改善することは期待できません。

しかしながらコーヒーの健康効果の中には、間接的に痔の改善に効くものがあります。

例えばコーヒーは、血行を良くする効果があることがわかっています。いぼ痔や切れ痔などは、血行不良によって起こりやすくなる病気です。そのためコーヒーを常飲すると、血行が改善されることによっていぼ痔・切れ痔になりにくくなると考えられます。

またコーヒーには、消化を促進する効果もあります。消化不良が起こると、下痢につながります。下痢はいぼ痔や切れ痔、あな痔などの大きな原因の一つです。そのためコーヒーによって消化が促進されると、下痢による痔が起こりにくくなるといえます。

このようにコーヒーは、痔への直接的な作用はないものの間接的に痔にいい影響を与える効果があります。

ただ一方で、コーヒーの飲み過ぎにはさまざまなデメリットがあることがわかっています。痔も例外なく、コーヒーの飲み過ぎによって悪化しやすくなります。したがって痔のことを考えるのであれば、適量に留めることが大切です。

手術後は控えるべきケースも

前述のようにコーヒーには、さまざまな健康効果があります。ただ手術後には、コーヒーの摂取が制限されることが多いです。これはコーヒーが刺激物であるためです。

例えばコーヒーは、胃酸の分泌を促して消化不良を防ぎます。このような作用は、胃腸への刺激となります。そのため胃や腸などの手術後では、コーヒーを飲まないように医師から指示されます。

同じように肛門は、胃や腸などと同様に消化器官の一つです。そのためコーヒーが肛門に影響を及ぼす飲み物であることは間違いありません。このことから専門家によっては、痔の手術後しばらくはコーヒーを飲むべきではないとしている人もいます。

実際にコーヒーの飲み過ぎは、下痢を引き起こします。痔の手術後に下痢になると、傷口に炎症や細菌感染などが起こりやすくなります。

このようなことから痔の手術後には、なるべくコーヒーを飲まないことが大切です。どうしてもコーヒーが飲みたくなった場合は、傷口への負担を減らすためにコーヒーの量を抑えるようにしましょう。具体的には、1日1杯程度にすることが大切です。

コーヒーの飲み過ぎによる痔への悪影響とは?

どのような薬であっても、使用量が多くなると悪い効果が現れやすくなります。

例えば便秘のときに使われる便秘薬には、腸を動かしたり便の水分量を増やしたりする成分が含まれています。そのため便秘薬を使用すると、排便が促されて便秘が改善します。

ただ便秘薬の効果が現れすぎると、腸が過剰に動いたり便が水っぽくなったりします。そのため便秘薬の使用量が多くなると、下痢が起こりやすくなります。

これと同様に、適量のコーヒーは痔に良い効果をもたらします。ただ飲み過ぎると、コーヒーの作用が強く現れてかえって痔に悪影響を及ぼします。

コーヒーの飲み過ぎは下痢を引き起こしやすくする

コーヒーにはクロロゲン酸という健康成分が含まれています。

クロロゲン酸は抗酸化物質の一つであり、体内の活性酸素を消去する作用を持ちます。活性酸素はさまざまな病気の原因となる物質です。そのためクロロゲン酸には、多くの病気を予防する作用があるとされています。

またクロロゲン酸には、胃液の分泌を促進する働きがあります。胃液がしっかり分泌されると、胃の中の食べ物が消化されやすくなります。そのためクロロゲン酸を含むコーヒーには、消化不良を防ぐ働きがあるといわれています。

ただ胃液が分泌されすぎると、胃腸に負担がかかります。

胃液には、強酸である胃酸が含まれています。このとき胃の表面の粘膜には、胃酸から胃を守る働きがあります。ただ胃酸が多すぎたり粘膜が弱っていたりすると、胃が胃酸による刺激を受けます。

そうすると胃が痛くなるだけではなく、腸が過剰に動きやすくなります。胃と腸の働きは連動しているため、胃に刺激が加わると腸も動くようになるのです。そのためクロロゲン酸を多く摂ると、下痢が起こりやすくなります。

またコーヒーに含まれるカフェインには、交感神経を刺激する作用があります。このような作用は体を覚醒モードに導き、集中力を向上させたりエネルギー代謝を高めたりします。

ただコーヒーを飲みすぎてカフェインの作用が強く現れると、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経とは、体のさまざまな機能を調整する神経系です。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、これらが交互にバランスよく働くことによって健康的な体が保たれています。

2つの自律神経のうち副交感神経には、体をリラックスさせたり飲食物の消化吸収を促進したりする働きがあります。

このときカフェインによって交感神経が過剰に働いていると、交感神経から副交感神経に切り替わったときに副交感神経の働きが過剰になりやすくなります。

副交感神経が働きすぎると、消化吸収機能が過剰に働きます。例えば胃液が分泌されやすくなったり腸が過剰に動いたりしやすくなります。そのため副交感神経の働きが過剰になると、下痢が起こりやすくなります。

下痢になると、便の水分量が増えます。そうすると便が肛門を勢いよく通過するようになり、肛門が裂けやすくなります。このようにして生じるのが切れ痔(裂肛)です。

また、下痢が起こると排便回数が増えます。排便の際には、肛門組織に血液が溜まりやすくなります。そのため排便回数が多くなると、その分だけ肛門組織がうっ血=いぼ痔(痔核)が起こりやすくなります。

さらに下痢になって便が水っぽくなると、肛門以外の組織に便が入り込みやすくなります。そうすると便に含まれる細菌によって、おしりの内部が化膿します。この状態が悪化すると、膿がおしりなどから排出されるあな痔(痔瘻)を発症することになります。

このように、クロロゲン酸やカフェインなどを摂り過ぎると下痢が起こり、痔を発症しやすくなります。したがって痔の発症・悪化を防ぎたいのであれば、コーヒーを飲み過ぎに注意する必要があります。

コーヒーは便秘の原因にもなる

前述のようにコーヒーを飲み過ぎると、胃が刺激を受けて下痢が起こりやすくなります。

このとき胃に食べ物が入っている状態でコーヒーを飲むと、胃がコーヒーの刺激を受けにくくなります。そのため空腹状態を避けてコーヒーを飲むと、コーヒーによる下痢が起こるリスクを下げることができます。

ただコーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があることがわかっています。これはカフェインが交感神経を刺激するためです。

交感神経が優位になると、腎臓の血管が拡張して血液から作られる尿の量が多くなります。その結果、排尿回数や尿の量などが多くなります。

このような利尿作用には、むくみの解消や老廃物の排出などの良い効果があります。ただ一方で、体内の水分が不足しやすくなるというデメリットもあります。

体内の水分が少なくなると、腸が便の水分を多く吸収するようになります。そうすると便の水分量が低下し、固くなります。つまり便秘になりやすくなるのです。

そして便秘は、下痢と同様に痔の最大の原因の一つです。

便が固くなると、強くいきまなければ排便できなくなります。強くいきむとその分だけ、肛門組織に血液が溜まりやすくなります。その結果、いぼ痔が発症しやすくなります。

また強くいきむと、便が肛門以外の組織に押し込まれやすくなります。そうするとおしりの中が化膿してあな痔の発症に繋がります。

さらに硬い便を無理やり排出しようとすると肛門が裂けやすくなります。つまり切れ痔を発症しやすくなるのです。

コーヒーを飲み過ぎると血行が悪くなる

自律神経は血液の流れにも関与しています。

例えば交感神経が優位になると、血管が収縮します。一方で、副交感神経が優位になると血管が緩みます。

このとき前述のように、交感神経と副交感神経は交互に働きます。どちらかの神経が働いているときは、もう一方が抑制されるのです。そのためコーヒーを飲みすぎて交感神経の働きが強くなると、血管が収縮したままになります。

血液の通り道が細いままになっていると、その分だけ血液が流れにくくなります。そのためコーヒーを飲み過ぎると、血行不良が起こりやすくなります。

そして血行不良も、痔を引き起こしやすくする原因の一つです。

前述のようにいぼ痔は、肛門組織がうっ血することによって発症します。うっ血とは組織に血液が溜まる症状を指し、血液の巡りが悪くなることによって起こります。そのため血行不良になると、いぼ痔を発症しやすくなります。

また肛門皮膚に血行不良が起こると、皮膚の弾力性が低下して裂けやすくなります。さらに血行不良は、免疫力の低下を引き起こします。免疫力が下がると細菌感染が起こりやすくなり、あな痔のリスクが高くなります。

痔にやさしいコーヒーの飲み方

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざがあるように、何事もやりすぎるとよくありません。

実際にコーヒーも適量を飲めば体に良い一方で、飲み過ぎると逆効果となります。また痔にも悪影響を及ぼします。そのため「コーヒーは健康に良い飲み物である」と盲信することなく、過剰に飲みすぎないように注意する必要があります。

またコーヒーを飲む際には、いくつかの点に気をつけることによって、「コーヒーの飲みすぎによるデメリット」が現れにくくなります。そのため痔を悪化させたくないのであれば、「痔にやさしいコーヒーの飲み方」を知っておくようにしましょう。

コーヒーの適量とは?

基本的にコーヒーは、1日2~3杯が適量だとされています。これは、1日に安全に摂取できるカフェインの量やコーヒーに含まれるカフェインの量などから算出されています。

ただ安全に摂取できるカフェイン量は、体質や体型などによって異なります。またコーヒーに含まれるカフェインの量も、コーヒー豆の焙煎方法やコーヒーの淹れ方などによって変化します。

実際に欧州食品安全機関のデータでは、カフェインの安全な1日の摂取量は体重1kgあたり5.7mgであるとしています。これは体重40kgの人で228mg、60kgの人で342mgとなります。

またコーヒーに含まれるカフェインの量は、1杯あたり100~200mgとされています。ただコーヒー豆に含まれるカフェインの量は、焙煎時間が長くなるほど減少することがわかっています。そのため焙煎時間の短い浅煎りコーヒーは、深煎りコーヒーよりもカフェイン量が多くなります。

このとき40kgの人が浅煎りなどのカフェイン量の多いコーヒーを1杯飲むと、1日の限度量の約88%のカフェインを摂取することになります。そのためこのような人は、カフェイン量の多いコーヒーを2杯飲むことはできません。

また中には、カフェインに弱い体質の人もいます。このような人は、カフェインに強い人よりも飲めるコーヒーの量が少なくなります。

このようなことから体質や体型、コーヒーの種類などによっては、1日に飲めるコーヒーの量が2杯よりも少なくなることがあることがわかります。

さらにカフェインは、コーヒー以外の飲み物にも広く含まれています。

例えば緑茶や紅茶などには、100mlあたり約20mg・30mgのカフェインが含まれています。そのためペットボトルの緑茶や紅茶などを1本飲むと、それぞれ100mg・150mg程度のカフェインを摂取することになります。

また栄養ドリンクには1本あたり50mg、エナジードリンクには1本あたり150mgのカフェインが含まれています。さらにカフェインは、コーラなどの清涼飲料水やチョコレートなどにも含まれています。このような「カフェインを含む飲食物」を多く摂る人は、その分だけコーヒーの適量が少なくなります。

このようなことからコーヒーの適量とされる「1日2~3杯」は、体質や食生活の内容などによって大きく変化することがわかります。そのため痔に悪影響が起こらないようにコーヒーを楽しむためには、1日のカフェイン摂取量を意識しながら飲むことが大切です。

具体的にはまず、前述したデータを元に「自分が安全に摂取できるカフェインの量」を知っておきましょう。その上で、コーヒーを飲んだら他のカフェインを含む飲食物を控えるようにします。そうすることで、カフェインの摂取量を抑えやすくなります。

またカフェインは、コーヒーを淹れる温度が高くなるほど多く抽出されます。一方で低温でコーヒーを淹れると、カフェインが抽出されにくくなります。そのためカフェインの摂取量を抑えたい場合は、水出しコーヒーを飲むことがおすすめです。

水出しコーヒーを作る際には、まず多めのコーヒーをティーバッグなどに入れます。そしてティーバッグを市販のウォーターボトルなどに入れ、一晩寝かせます。このとき細挽きのコーヒーを使用すると、美味しい水出しコーヒーができます。

さらにコーヒーの中には、デカフェやノンカフェインなどと呼ばれる「カフェインの含有量を減らす加工が施されているタイプのもの」もあります。このようなコーヒーを選ぶようにすると、カフェインの摂取量を減らすことができます。

ただカフェインの含有量が少ないコーヒーであっても、クロロゲン酸の含有量は変わりません。前述のようにクロロゲン酸は、胃腸を刺激して下痢の原因となります。そのためデカフェコーヒーであっても、飲みすぎないようにしましょう。

そしてどのような場合でも、体調が悪いときはコーヒーの摂取量を控えめにすることが大切です。またコーヒーを飲んで体に異変を感じたら、飲むのを中止しましょう。

なお妊娠中の女性は、そうでない人よりも安全なカフェイン摂取量がかなり少なく設定されています。

具体的には、カフェインの摂取量を1日100mg以下に抑える必要があります。これは、1日のカフェイン摂取量が100mgを超えると流産のリスクが高まるためです。

そのため妊婦は、コーヒーを控えたりデカフェコーヒーを選んだりするようにしましょう。どうしても通常のコーヒーを飲みたいときは飲む量を1日1杯に控え、緑茶などのカフェインを含む飲料を避けるようにすることが大切です。

水を多めに飲む

前述のように、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。そのためコーヒーの摂取量が多くなると、体内の水分が少なくなりがちです。その結果、便秘が起こって痔の発症・悪化につながります。

特に水分補給をお茶などで済ませる人は、カフェインの摂取量が多いことによって水分不足が起こりやすい状態となっています。そのためコーヒーを含めカフェインを含む飲み物を飲む際には、水分を多めに補給することが大切です。

このとき、フルーツジュースやコーラなどの糖を多く含む飲み物にも利尿作用があります。そのため甘みの強い清涼飲料水は、水分補給に向きません。したがって水分補給は、水やスポーツドリンクなどで行いましょう。

温かいものを飲む

体の冷えは、痔の大敵です。これは、体が冷えると血行が悪くなるためです。そのため痔を悪化させないためには、体を冷やさないようにすることが大切です。

このとき冷たい飲み物を体内に入れると、体が内側から冷やされます。そのため冷たい飲み物の常飲は、痔の発症・悪化につながります。

また胃腸が冷やされると、交感神経が刺激されやすくなります。そのため冷たいコーヒーを飲むと、交感神経が過剰に働きやすくなります。交感神経が過剰に刺激されると痔に悪影響が及ぶということは、前述したとおりです。このようなことから冷たいコーヒーは、痔を悪化させるリスクが高いことがわかります。

一方で胃腸が温まると、体全体が温まって血行が良くなりやすくなります。したがって痔を悪化させたくないのであれば、ホットコーヒーを飲むことが大切です。

コーヒーの種類や飲み方を変える

前述のように浅煎りコーヒーは、深煎りコーヒーよりもカフェインの含有量が多いです。さらに浅煎りコーヒーには、クロロゲン酸も多く含まれています。

カフェインやクロロゲン酸などは、痔への悪影響が強い成分です。そのため痔を悪化させたくないのであれば、これらの含有量が多い浅煎りコーヒーは避けるのが無難といえます。

一方で深煎りコーヒーは、浅煎りのものよりもカフェインやクロロゲン酸などの含有量が少ないです。そのため痔を発症している人には、深煎りコーヒーがおすすめです。

ただ深煎りコーヒーは、浅煎りコーヒーよりも苦味が強いです。そのため中には、「深煎りコーヒーは苦くて飲めない」という人もいます。

このような場合は、コーヒーにミルクなどを足して飲むことをおすすめします。そうすることで苦味が緩和されて、深煎りコーヒーを美味しく飲めるようになります。

まとめ

コーヒーにはさまざまな健康効果があることがわかっています。ただこれは、コーヒーを適量飲んだ場合に限ります。コーヒーを飲み過ぎると体にいいどころか、かえって悪影響となることがあります。

そしてこれは、痔に対しても同じです。適量のコーヒーは痔にいい一方で、飲み過ぎは痔の悪化を招きます。そのため痔を悪化させたくないのであれば、コーヒーの飲み過ぎに注意する必要があります。

ただコーヒーの適量は、体質やコーヒーの種類、食生活の内容などによって異なります。そのためコーヒーによる痔の悪化を防ぐためには、自分のコーヒーの適量を知る必要があります。

したがってコーヒーを日常的に飲む人は、これまでに述べたような「痔にやさしいコーヒーの飲み方」を実践するようにしましょう。そうすることでコーヒーの健康効果を実感することができ、痔も改善しやすくなります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。