痔には、おしりの痛みや肛門からの出血・膿の排出などを伴います。そのため痔を発症すると、座るのがつらくなったり下着が汚れたりしやすくなります。

このような状態になるとデスクワークや車での移動が苦痛となります。また常に下着が汚れてないかを気にするようになるため、物事に集中できなくなります。そのため、現在痔の症状を生じている人は、一刻も早くその症状から逃れたいと思っていることでしょう。

ただ、痔にはいくつかのタイプがあり、それぞれ原因や治療方法などが異なります。

そして、痔の原因を取り除かずに生活していると、痔が治らないだけではなく悪化しやすくなります。そのため痔の症状に苦しんでいるのであれば、自分の痔がどのタイプなのかを見極めた上で治療に当たることが大切です。

では、痔にはどのようなタイプがあり、何が原因で発症するのでしょうか? そこで、ここでは3つの痔の症状や原因について解説し、痔の見分け方について述べていきます。

痔の種類と発症原因

痔は肛門付近に生じる病気の総称です。そのため肛門やその周辺などに何らかの異常が出ているのであれば、痔を発症していることになります。痔は虫歯に次いで多い病気であり、日本人の3人に1人が痔を患っているといわれています。

痔には、大きく分けていぼ痔や切れ痔、あな痔などの3種類があります。

これらはそれぞれ発症原因が異なるものの、悪い生活習慣に起因するという共通点があります。そのため、痔は「生活習慣によって発症しやすくなる病気=生活習慣病」の一種であるといわれています。

もっとも患者数の多い痔:いぼ痔

肛門の中を進んでいくと、歯状線という波状の組織が見えてきます。これは直腸と肛門の境目です。そのため、歯状線より奥の方は直腸、手前は肛門となります。

歯状線より少し奥側の直腸には、肛門クッションと呼ばれる組織があります。肛門クッションには多くの血液が流れ込んで柔らかくなっており、水道のパッキンのような役割を果たしています。

このとき、肛門クッションに流れ込む血液の量が増えたり肛門クッションから体内に戻る血液の量が減ったりすると、肛門クッションが腫れ上がってぷにぷにとしたいぼを形成します。これをいぼ痔(痔核)といいます。

また肛門クッションは、歯状線奥側だけではなく肛門そばにも存在しています。これらのうち、直腸側の肛門クッションが腫れたものを内痔核、肛門側のクッションが腫れたものを外痔核といいます。

これらのいぼ痔どちらも、便秘や下痢などの排便異常や血行不良などによって起こりやすくなります。

便秘になると便が硬くなるため、強くいきまないと排便できなくなります。強くいきむとその分だけ肛門クッションに血液が流れ込みやすくなるため、いぼ痔を発症しやすくなります。

また、下痢を生じると排便回数が増えます。ただ、排便姿勢を取ると肛門クッションに多くの血液が流れ込みます。そのため、下痢によって排便姿勢を取る機会が増えると、いぼ痔ができやすくなります。

さらに、肛門付近の血流が悪くなると、肛門クッションに流れ込んだ血液が体内へ戻りにくくなります。そのため、血行不良になるといぼ痔を生じやすくなります。

このように、いぼ痔は排便異常や血行不良などによって発症します。そしてこれらはどれも、悪い生活習慣によって起こる症状です。

例えば、便は食べ物のカスからできています。そのため、食事の内容が悪いと、便が固くなったり緩くなったりしやすくなります。

また、排便のコントロールには自律神経が関わっています。自律神経とは無意識下で身体のさまざまな機能を調整している神経です。

ただ、自律神経はストレスに弱いです。そのため、強いストレスがあったり睡眠不足になったりすると、自律神経が乱れて排便機能に異常を生じやすくなります。

そして、運動不足や冷え性などになると、血液が体内を流れにくくなります。そのため、慢性的に運動量が不足していたり体が冷えやすい生活を送っていたりすると、血行不良になっていぼ痔を発症しやすくなります。

いぼ痔は3つの痔の中でもっとも患者数が多く、痔で病院にかかる人の約6~7割は痔核であるといわれています。

女性に多い痔:切れ痔

通常、排便時には肛門が広がります。同時に、便も肛門の大きさに合わせて形を変化させます。

このとき肛門が広がりにくい状態になっていたり便が肛門を通り抜けにくい状態になっていたりすると、肛門が広がりきれずに切れてしまうことがあります。これが切れ痔(裂肛)です。

切れ痔もいぼ痔と同様に、排便異常や血行不良などによって起こりやすくなります。

便秘になると便中の水分が体内へ吸収されるため、便が硬くなります。便が硬くなると便の形を変化させることができなくなるため、肛門を通り抜けにくくなります。そのため、便秘は切れ痔を引き起こす主な原因の1つとなります。

一方で下痢になると、水分が体内に吸収される前に排便されるため便の水分量が増えます。水分量の多い便は、通常の便よりも皮膚に負担をかけます。そのため下痢便が肛門を通過すると、肛門がダメージを負って裂けやすくなります。

また、肛門付近の血行が悪くなると、肛門の伸縮性が低下します。そうすると、肛門が便に合わせてうまく広がることができなくなるため、排便時に裂けやすくなります。

前述のように、排便異常や血行不良などは生活習慣に起因する症状です。このことから、切れ痔も悪い生活習慣によって発症しやすくなる病気であることがわかります。

切れ痔は男性よりも女性に多い痔です。これは、女性は男性よりも便秘になりやすく、慢性的な便秘を患っている人が多いためです。

もっとも厄介な痔:あな痔

歯状線には肛門腺窩(こうもんせんか)という上向きの穴が約10個空いています。肛門腺窩の中には肛門腺という組織が存在しています。

便には腸内に存在している細菌が多数含まれています。そのため、何らかの原因によって肛門腺窩に便が入り込むと、肛門腺に細菌が侵入することがあります。

このとき身体が健康であれば、免疫機能によって細菌が排除されます。ただ免疫力が低下していると、肛門腺が細菌に冒されて細菌感染を生じることがあります。

細菌感染が起こると、免疫を担っている細胞と細菌との激しい戦いが繰り広げられます。そうすると、免疫細胞や細菌などの死骸が膿を形成して肛門腺や肛門腺窩などに溜まっていきます。これを肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)といいます。

肛門腺窩は上向きの穴であるため、肛門腺や肛門腺窩などに溜まった膿は肛門内へ排出されにくいです。そのため、肛門腺から生じた膿はおしりの中に管を形成して流れてきます。

このとき、膿が流れ進むことによって生じた管がおしりの皮膚につながると、おしりの皮膚に膿を排出する穴ができます。そのため、このような病気を「おしりに穴が空く痔=あな痔(痔ろう)」と呼びます。

あな痔の多くは肛門腺窩に便が入り込むことによって生じます。ただ中には、切れ痔部分に便が入り込むことによって生じることもあります。そのため、切れ痔はあな痔の原因になることがあります。

また、便の状態が健康的であれば、肛門腺窩や切れ痔などに便が入ることはありません。一方で、便の水分量が多かったり少なかったりすると便が入り込みやすくなります。

例えば、水分量の多い便は通常の便よりも分散した状態になっています。そのため、このような便は肛門腺窩などに入り込みやすいです。実際に、下痢はあな痔の主な原因とされています。

また便の水分量が少ないと、排便時に強くいきむことになります。そうすると、いきみの勢いによって便が肛門腺窩などに押し込まれやすくなります。このことから、便秘もあな痔の原因になるといわれています。

さらに、便が肛門腺窩などに入り込んでも、免疫力が高ければ細菌感染は起こりません。一方で免疫力が低下していると、入り込んだ細菌の数が少なくても細菌感染を起こしやすくなります。

免疫力の低下はストレスや疲労、睡眠不足、栄養不足、冷え性などによって起こります。これらはどれも、生活習慣に起因するものです。そのため、あな痔の発症には生活習慣が深く関与していることがわかります。

あな痔は女性よりも男性の方が発症しやすいといわれています。これは、男性は女性に比べて下痢になりやすいためといわれています。

また、あな痔が重症化すると、まれにがんを発症することがあります。そのため、あな痔を発症したら速やかに治療に当たることが大切です。

それぞれの痔の症状の違い

現在「痔かもしれない」と思っている人は、肛門やその周辺などに何らかの異常を感じていることでしょう。例えば、おしりが痛んだり出血が起こったりしているのではないでしょうか。

ただ前項で述べたように、痔には3つのタイプがあります。また、これら痔の症状には似た部分があります。そのため、「肛門を触ったらぷにぷにしたものに触れた」などのわかりやすい症状がない場合、自分がどのタイプの痔なのか迷うことがあるでしょう。

しかしながら、いぼ痔や切れ痔、あな痔などはそれぞれ痛み方や出血の仕方などに一定の傾向があります。そのため、症状を注意深く観察すると、自分がどのタイプの痔なのかを絞り込むことができます。

痛みの出方での見分け方

歯状線よりも内側の直腸部分には痛覚がありません。一方で、歯状線よりも外側の肛門部分には痛みを感じる神経が多く通っています。そのため、この部分に生じた痔には強い痛みを伴います。

例えば、外痔核は肛門部分にできるいぼ痔です。また、切れ痔は肛門の皮膚が切れることによって起こります。そのため、これら2つの痔には強い痛みを伴います。

また、内痔核は直腸にできるため、内痔核自体には痛みを伴いません。ただ内痔核が進行すると、肛門から脱出することがあります(脱肛)。そうすると、大きくなった内痔核が肛門に触れるため、痛みを感じるようになります。

このとき、排便時に「電流が走るような激しい痛み」を感じ、その後にじんじんとした痛みが続くようであれば、切れ痔である可能性が高いです。

例えば、「パックリ割れ」と呼ばれるようなあかぎれ(裂け傷)が指先に生じた場合、裂けた瞬間や傷に触れたときなどには強い痛みを感じます。その後、じんじんとした痛みが後を引くように残ります。

これと同様に、痛みを感じる神経が多い肛門に裂け傷ができると、切れた瞬間や排便によって便が傷口に擦れる時などに強い痛みを生じるのです。

一方で、排便にかかわらず動けないほどの痛みを感じているのであれば外痔核を疑う必要があります。外痔核を生じると、排便時だけではなく肛門に力が入ったときにも強く痛むようになります。

肛門には排便に関わりのないときでも、たびたび力が入っています。健康であればこのように力が入っても気づくことはありません。ただ外痔核を生じると、数分おきに肛門に力が入ることによる痛みを感じるようになります。

外痔核を生じていると、肛門部分に「ぷにぷに・コリコリとしたできもの」を確認できます。このできものには痛覚が通っているため、触ると激痛を感じます。そのため、肛門部分の激痛にこのようなできものを伴っている場合は外痔核である可能性が高いといえます。

一方で、内痔核が進行した場合にも肛門部分のできものを確認することができます。

ただ、内痔核そのものには痛覚がないため、このようないぼを触っても激痛が走ることはありません。そのため、肛門部分に痛みを感じる場合のうち、いぼに触ったときに強い痛みを生じなければ進行した内痔核であるといえます。

そして、痔による痛みが肛門以外のところに及んでいる場合、あな痔を発症している可能性があります。

あな痔の前段階である肛門周囲膿瘍を発症すると、膿が溜まっている部分のおしりに腫れや痛みなどを生じます。

多くの場合、肛門周囲膿瘍による痛みはズキンズキンとした心臓の拍動に伴う強い痛みとなります。また、38℃以上の高熱を伴うことも多いです。そのため、おしり付近の拍動性の痛みに発熱を伴っているのであれば、肛門周囲膿瘍を発症している可能性が高いです。

ただ、膿が溜まっている部分が奥の方である場合、腫れや痛みなどがわかりづらいことがあります。そのため、下痢になりやすい体質の人で原因不明の高熱が出た場合、おしりの周辺に鈍い痛みがないかどうかを注意深く確認することが大切です。

また肛門周囲膿瘍を発症すると約半数があな痔に進行するといわれています。そして、肛門周囲膿瘍の症状は膿の出口ができると治まります。そのため、現在症状がなくても、過去に肛門周囲膿瘍の症状が出ていたのであればあな痔を発症している可能性があります。

出血の仕方での見分け方

3つの痔のうち、いぼ痔と切れ痔には出血を伴うことが多いです。

いぼ痔の表面は他の組織よりも薄くなっています。そのためいぼ痔を生じていると、排便時に便が擦れることによって出血することがあります。

このとき、いぼ痔の中には多くの血液が溜まっています。そのため、いぼ痔から出血するとトイレの中が真っ赤に染まるほど多くの血液が流れます。

また、切れ痔は裂傷の一種です。そのため、切れ痔を生じると手足などに傷ができたときと同様に、出血が起こります。

前述のように、外痔核には痛みを伴う一方で内痔核そのものには痛覚がありません。そのため、強い痛みを伴わず、肛門から大量出血が起こった場合は内痔核を発症している可能性が高いです。

これに対して、切れ痔はいぼ痔よりも出血量が少ないことが多いです。例えば手足に裂傷を生じたとき、ポタポタと血液が落ちることはあっても血溜まりができるほどの出血量になることはありません。

これと同様に、切れ痔を生じても便器内が真っ赤になるほどの出血が起こることはめったにありません。そのため、便の表面に少量の血液が付いていたりおしりを拭いたトイレットペーパーに血液が付着していたりなどの場合は、切れ痔である可能性が高いです。

いぼ痔や切れ痔などには出血を伴う一方で、あな痔では出血が起こりません。ただあな痔を発症すると、肛門や肛門周囲に生じた膿の出口などから膿が排出されます。

通常、膿は黄色~黄緑色を呈しています。ただあな痔によって排出される膿には、少量の便が混ざることによって茶色っぽくなっていることがあります。そのため、場合によっては時間が経った血液の色に見えることがあり、出血と勘違いするケースがあります。

しかしながら、あな痔による膿の排出は排便にかかわらず起こります。そのため、排出されたものの色にかかわらず、下着が排出物でベタベタになるなどの現象が起こった場合はあな痔である可能性が非常に高いです。

痔を発症したときの対処法の違い

これまでに、3つのタイプの痔について原因や症状などを解説してきました。そのため、痔を発症している人は「自分の痔がどのタイプか」を絞れていることかと思います。

どのような病気であっても、治療の第一歩は病気を認識することです。そのため、痔の種類を絞り込めたのであれば、痔治療のスタート地点に立ったといえます。

ただ、3つの痔にはそれぞれ共通点があるものの、対処法が異なる点もあります。そのため自分の痔のタイプがわかったら、以下を参考に適切な対処を行うことが大切です。

3つの痔に共通する対処法:便通を改善させる

いぼ痔と切れ痔、あな痔の3つの痔には、排便異常という共通の原因があります。そのため痔のタイプにかかわらず、排便異常の改善は治療の必須項目であるといえます。

便秘と下痢はどちらも便に関する症状です。そして、便は食べ物のカスでできています。そのため排便異常には、食生活が深く関与しています。

例えば、ダイエットのために食事制限をしたり食物繊維の少ない食事ばかり取っていたりすると、便の量が少なくなります。そうすると、排便の回数が少なくなって腸内に便が留まる時間が長くなります。つまり、便秘が起こるということです。

また、肉や油脂などを取りすぎると、腸内に悪玉菌が多くなります。そうすると、悪玉菌が放出する有害物質によって腸がダメージを受けます。その結果、腸の機能が低下して便秘や下痢などが起こりやすくなります。

さらに、アルコールや辛いものなどは腸に刺激を与えます。そのため、これらを多く摂ると、腸の動きが活発になって下痢が起こりやすくなります。

このように、食事の内容は便秘と下痢に大きく関係しています。そのため、痔を治すためには食事内容を見直す必要があります。

またすでに述べたように、便秘や下痢などはストレスや寝不足などによっても起こりやすくなります。そのため痔の発症が出ているのであれば、ストレスや疲れなどを溜めないように注意しましょう。

いぼ痔と切れ痔:身体を温める

いぼ痔や切れ痔などはどちらも、肛門部分の血行が悪くなることによって起こりやすくなります。血行不良は、運動不足や冷え性などによって起こりやすくなります。そのためこれら痔の症状が出ているのであれば、血行を良くする工夫をするようにしましょう。

特に、身体が冷えていると血行が悪くなるだけではなく、いぼ痔や切れ痔などによる痛みが強くなります。そのため、これら痔による症状を緩和するためにも、体を積極的に温めることが大切です。

湯船に浸かると体が効果的に温まります。そのため、入浴をシャワーで済ませがちな人は、毎日湯船に浸かることをおすすめします。

また、おしりはもともと冷えやすい部位です。そのため肛門を冷やさないようにするために、下着の中にカイロなどを入れるなどの工夫をするようにしましょう。

あな痔:おしりを冷やす

前項で述べたように、いぼ痔と切れ痔では身体を温めることが大切です。ただ、あな痔の症状が起こっている場合は、患部を冷やす必要があります。

あな痔による痛みや腫れなどは、細菌感染を起こしている部分に炎症が起こることによって生じます。炎症が起こっている部分を温めると、症状が悪化します。

一方で、あな痔の患部を冷やすと炎症が静まって痛みや腫れなどが緩和しやすくなります。そのため、あな痔の症状が出ているときは、氷のうや保冷剤などでおしりを冷やすようにしましょう。

このことから、一般的に「痔は温めると良い」とされているものの、「あな痔を発症している場合は例外である」ということを認識しておくことが大切です。

いぼ痔と切れ痔:薬を使用する

いぼ痔や切れ痔などは、市販の薬で症状を緩和することができます。市販の痔の薬は、ドラッグストアなどの一般用医薬品の取扱店やインターネットで手に入れることができます。

市販の痔の薬には、大きく分けて塗り薬と飲み薬の2種類があります。

これらのうち、塗り薬には出血を止めたり患部の炎症を抑えたりする作用があります。また、飲み薬には肛門部の血行を良くしたり便通を改善したりする作用があります。

そのため、いぼ痔や切れ痔などの症状が出ているのであれば、これらの薬を使用しながら生活を改善することができます。

また、便秘や下痢などは痔の原因になるとともに痔の悪化の原因にもなります。そのため、痔とともに便秘・下痢が起こっている場合は、便秘薬や下痢止めなどを使用して症状を緩和することが大切です。

まとめ

肛門や肛門周辺などに異常が出ているのであれば、痔を発症していることになります。

ただ痔には3つのタイプがあり、それぞれ対処法が異なります。そのため痔を改善するためには、自分の痔がどのタイプなのかを自覚し、症状に合わせた対処を行う必要があります。

どのタイプの痔であっても、症状は肛門付近に生じます。そのため、痔の症状は一見どれも同じであるように感じがちです。

しかしながら、痔のタイプによって症状の出方は微妙に異なります。そのため、痛みの強さや痛みが出るタイミングなどを把握することによって、自分の痔のタイプを見極めることができます。

そしてこのようにして痔のタイプがわかると、適切な対処を行うことができます。そのため、痔のつらい症状から開放されることができるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。