一昔前に比べて、痔の手術に伴う痛みはかなり軽減されています。ただ痔の手術では、肛門組織をメスなどで切除します。そのため、術後に強い痛みが起こることは避けられません。

術後の痛みから開放されるためには、傷口が早く治る必要があります。そのため多くの人は、術後の生活を制限してなるべく早く傷を治そうとします。

ただ痔の手術の傷が治るまでには、1ヶ月以上かかります。多くの場合、この期間仕事を休み続けることはできません。また好きな物や趣味などを我慢し続けることにはストレスが伴います。

そのため痔の手術後、いつから仕事や趣味などを再開できるかが気になる人はかなり多いです。

では痔の手術後は、いつから仕事などを再開することができるのでしょうか? また手術後には、どのような点に気をつけて生活するべきなのでしょうか?

そこでここでは、痔の手術後の過ごし方について解説していきます。

手術後はいつから仕事が再開できるのか?

痔の手術を受けるにあたって、もっとも不安になるのは「いつから仕事ができるのか」ということでしょう。

仕事を休むと、その分だけ収入が減ったり仕事が溜まったりします。また基本的に長期間仕事を休むためには、休む理由を会社に告げる必要があります。

ただ、痔であることを恥ずかしいと思う人は多いです。そのため中には、痔の手術を受けるための休暇を得ることができない人がいます。

さらに育児や家事などをしている人は、代わりがいないことによって休むこと自体ができないこともあるでしょう。そのためこのような人は、休めないことが原因で手術することをためらってしまいがちです。

このとき一昔前までは、痔で手術する際には数週間の入院が必要でした。

これに対して現在では、日帰りで手術を受けることができます。そのため仕事などを休むことができない人には、日帰りで手術を受けることが推奨されるケースが多いです。

ただ基本的に日帰り手術であっても、痔の手術の直後から仕事に復帰することは避けるべきです。これは「手術から数日の間は、仕事に集中できないほどの痛みが起こる」ためです。

術後5日間は仕事を避けるべき

痔の手術では肛門組織をメスなどで切開した後、患部を切除します。当然のことながら、組織の切開後には強い痛みが起こります。

このような痛みは、肛門に負担がかかると強くなります。そのため排便によって傷口が便と擦れると、術後の痛みが激しくなります。

ただ、肛門に負担をかけるのは排便だけではありません。座ったり立ったりなどの日常動作は、術後の痛みを強くさせやすくします。

このとき術後の傷の痛みは、ロキソニンやボルタレンなどの痛み止め薬を使用するによって軽減させることができます。

ただ肛門に負担がかかったときに生じる突発的な痛みは、痛み止めでは抑えきれません。そのため術後の傷が落ち着くまでは、突発的に激しい痛みに襲われるリスクがあるのです。

激しい痛みが起こると、その分だけ仕事などに集中できなくなります。

また痛みが起こるということは、傷口に負担がかかっているということを意味します。傷口に負担がかかると、傷口が腫れて痛みが増したり大量に出血したりするリスクが高くなります。

出血量が多くなると、貧血によってめまいや立ちくらみなどが起こりやすくなります。このような状態では仕事ができないだけではなく、転倒などの事故が起こるリスクも高くなります。場合によっては、交通事故などを引き起こす危険性もあります。

痔の手術による痛みや出血などは、手術から5日が経過する頃から軽くなっていきます。そのため少なくとも術後5日間は、仕事などを休むことが大切です。

5日間の休みが取れない人は、連休前などに手術を行ったり頼りにできる人を呼んだりして、安静にできる日を確保するようにしましょう。

術後2週間は控えるべき仕事

前述のように痔の手術後5日間は、仕事を休むべきです。ただこれは、傷口に負担がかかりにくい仕事の場合です。傷口に強い負担のかかる仕事は、より長期間休む必要があります。

例えばトラックの運転手やタクシードライバーなどは、長時間座っている必要のある仕事です。長時間座ると、その分だけ術後の傷口に負担がかかります。

また重いものを持ち上げると肛門に力が加わります。そうすると傷口に痛みや出血などが起こりやすくなります。そのためこのような仕事をしている人は、長期間の休みを確保するべきです。具体的には2週間程度は安静にすることが大切です。

手術後に運動できるようになるのはいつ頃?

前述のように痔の手術後は、なるべく安静にしていることが大切です。

ただこれは、「術後の傷が治るまでの一ヶ月以上もの期間、安静にしている必要がある」ということではありません。出血や痛みなどが少なくなってきたら、歩いたり走ったりなどの日常動作が可能となります。

ただ中には、術後しばらくは避けるべき運動もあります。そのため痔の手術を受ける予定があったり既に手術を受けたりした人は、術後に行える運動について知っておくことが大切です。

歩行ができるようになるタイミング

痔の手術直後は、1時間ほどベッドの上で休むことになります。その後は、日常的な歩行は可能となります。そのため痔の手術後には安静にしてなければならないものの、数日間ずっと横になっていなければいけないわけではありません。

ただ運動としての歩行では、歩く時間や距離などが長くなります。そうするとその分だけ、傷口に負担がかかって痛みが起こりやすくなります。そのためウォーキングは、手術後に医師から運動が解禁されるまでは控えるようにしましょう。

具体的には、術後1~2週間で軽めの運動が解禁となります。そのためウォーキングは、この頃から開始するようにすることが大切です。

自転車やバイクなどに乗れるタイミング

自転車やバイクなどは、サドルにまたがって運転します。そのためこれらは、肛門にかかる負荷の強い乗り物です。

痔の手術後に自転車やバイクなどに乗って肛門に負担がかかると、傷口が痛んで出血が起こりやすくなります。したがって自転車・バイクなどは、痛みや出血などが起こりやすい術後1週間は避けるべきです。

手術から1週間が経過したら、自転車やバイクなどに乗ることはできます。ただ乗ることによって痛みが現れるようであれば、乗るのをやめることが大切です。

痛みが起こっているということは、傷口に負担がかかっているということを意味します。そのため痛みを無視して自転車などに乗り続けると、傷口が開いたり出血が起こったりして傷の治りが遅くなったりします。

また痛みがあまり起こらないようであっても、長時間の利用は避けるのが懸命です。

例えば運動のための自転車走行は長くなりがちであり、通常の自転車走行よりも肛門への負担が強くなります。

またバイクでツーリングするとバイクにまたがる時間が長くなり、その分だけ肛門に負担がかかることになります。したがってサイクリングやツーリングなどは、医師から運動の許可が下りたタイミングで始めるようにしましょう。

スポーツが可能になるタイミング

前述のように運動は、痔の手術から約2週間で解禁となることが多いです。そのためこの頃には、さまざまなスポーツを再開することができます。

ただ術後の痛み方にはムラがあります。そのため時間が経過して痛みが軽くなったと思っていても、排便などをきっかけに再び強い痛みが起こることがあります。

このような状態でスポーツをすると、治りかけていた傷が再び悪化することになります。そのため医師から運動の許可が下りていても、強い痛みが起こるようであれば運動しないことが大切です。

またさまざまなスポーツの中でもゴルフや野球のキャッチャーなどは、肛門にかかる負担が大きいです。さらに筋トレも、種類や負荷などによってはおしりにかかる負担が重くなります。そのためこれらの運動は、術後3週間は控えるべきだといえます。

手術後の食生活

肛門は便の通り道です。また便は、食べ物のカスで構成されています。そのため食生活の内容は、肛門に大きな影響を与えます。

例えば野菜不足などによって便秘が起こると、便が固くなります。このような便を排出しようとすると、術後の傷口が開いて強い痛みが起こりやすくなります。

また体に合わないものなどを食べて下痢になると、便の水分量が多くなります。下痢便は通常の便よりも、傷口に便が入り込みやすいです。傷口に便が入ると、痛みや化膿などが起こって傷の治りが遅くなります。

このようなことから痔の手術後は、特に便秘や下痢などが起こらないように注意する必要があるのです。

このとき飲食物の中には、肛門に特に悪影響を与えるものがあります。そのため痔の手術後には、このような飲食物を避ける必要があります。

辛いものはいつから食べられるのか?

カレーやキムチなどには、唐辛子などの香辛料が使われています。基本的に痔の手術後は、このような香辛料を含む食べ物を避ける必要があります。

さまざまな香辛料のうち、唐辛子や胡椒などに含まれる辛味成分は、体内で分解されません。そのため摂取した辛味成分は、そのまま肛門へと運ばれます。

香辛料を口に入れると舌などがヒリヒリすることからわかるように、香辛料には皮膚や粘膜などに対する刺激性があります。

そのため唐辛子などを摂ると、辛味成分によって肛門の傷口が刺激を受けて痛みなどが起こりやすくなります。したがって痔の手術後には、唐辛子などを多く含む食事を避ける必要があります。

一方でわさびなどに含まれる辛味成分は、体内で分解されるため肛門への直接的な影響はありません。

ただ辛味成分はどれも、胃腸への刺激があります。胃腸が刺激されると腸の働きが過剰になって、下痢が起こりやすくなります。そのため比較的肛門への影響が少ないわさびであっても、術後には摂り過ぎないように注意する必要があります。

具体的にいうと、痔の手術から1週間は香辛料の摂取を避けましょう。また1週間を過ぎても、香辛料を摂ることによって肛門に痛みを感じるようであれば摂取を控えることが大切です。

お酒を飲んでも大丈夫か?

どのような手術であっても、術後の飲酒は禁止されています。これは飲酒することによって傷口からの大量出血リスクが高くなるためです。

お酒に含まれるアルコールには、血行を良くしたり血液を固まりにくくさせたりする作用があります。そのため術後にアルコールを摂取すると、出血が起こったり止まりにくくなったりします。

傷口から大量の出血が起こると、その分だけ貧血が起こるリスクが高くなります。また最悪の場合、命を落とすことにもつながります。

さらにアルコールは、下痢を引き起こしたり傷口の痛みを悪化させたりもします。そのため痔の手術後行ったら、最低でも2週間は飲酒を控えることが大切です。

このとき医師の許可が下りたら、少しずつ飲酒を再開することができます。ただ飲酒許可が下りたとしても、しばらくは飲酒量を控えめにすることが大切です。また飲酒によって痛みや出血などが起こったら、飲酒をやめるようにしましょう。

コーヒーは飲めるのか?

コーヒーは、私たちの生活に身近なものとなっています。そのため中には、コーヒーなしでは生活できないという人もいます。

このとき手術の中には、術後にコーヒーの摂取を控えるように指示されるものがあります。そのためコーヒーが好きな人にとって、「痔の手術後にコーヒーが飲めるのかどうか」は一つの心配事となるようです。

基本的には、痔の手術後にコーヒーが制限されることはありません。そのためコーヒーは、手術の次の日から飲むことができます。

ただ体質などによっては、コーヒーを飲むとおなかがゆるくなることがあります。前述のように下痢は、肛門の傷に悪影響を与えます。そのためコーヒーを飲んで便がゆるくなるようであれば、コーヒーを控えたり飲む量を少なくしたりすることが大切です。

手術後の入浴

日本人には、湯船に浸かる習慣がある人が多いです。またお風呂に入ることが趣味となっている人も多いです。そのためこのような人は、術後にお風呂に入れないことがストレスとなります。

たしかに手術当日と次の日は、傷が出来たばかりの状態です。そのためこの期間は、入浴をシャワーのみで済ませる必要があります。

ただ手術から2日目以降は、積極的に湯船に浸かることが推奨されます。これは湯船に浸かることによって傷口の痛みが軽減したり傷口を清潔に保ちやすくなったりするためです。そのため可能であれば、術後は毎日湯船に浸かることをおすすめします。

入浴剤を使っても大丈夫なのか?

手足にできた傷を水で洗うと、水がしみて痛みが起こります。これと同様に、真水を沸かしたお風呂に入ると、術後の傷口が痛みやすくなります。

一方で入浴剤などを入れてお風呂のお湯を真水ではない状態にすると、傷口にしみにくくなります。そのため痔の術後の入浴でお湯が傷にしみるようであれば、入浴剤を入れることをおすすめします。

ただ入浴剤の中には、傷口にしみる成分が含まれているものがあります。

例えば柑橘系の皮に含まれているリモネンは、刺激性の強い成分です。そのため痔の手術後に湯船に浸かる場合は、柑橘類を使用した入浴剤を避けるようにしましょう。

温泉などの公共施設はいつから大丈夫なのか?

温泉や銭湯などは、日本の文化の一つです。そのため日本人には、これらに入ることが好きな人が多いです。

前述のように痔の手術後であっても、手術の当日~翌日でなければ湯船に浸かることができます。そのため術後に温泉や銭湯などに入ることによって、傷口に悪影響が及ぶことはありません。

ただ痔の手術から約1週間は、傷口からの出血があります。また術後約一ヶ月間は、傷口から浸出液が出ます。血液や浸出液が出ている状態で温泉や銭湯などの公共施設を利用すると、お湯を汚してしまうことになります。

当然のことながらお湯を汚すことは、公共施設を使う上でのマナー違反です。そのため痔の手術から少なくとも1ヶ月間は、公共の湯に浸かることを避ける必要があります。

なお自宅にある温泉は、痔の手術後であっても基本的に入浴して問題ありません。ただ泉質によっては、傷口に痛みが起こることがあります。そのため入浴して痛みを感じるようであれば、術後の傷が治るまで入浴を控えるのが懸命です。

手術後の性交渉について

性行為に関わる話は、タブー視されがちです。そのため痔の手術後に「性交渉ができるかどうか」を医師に確認できない人はかなり多いです。

ただパートナーがいる場合、性交渉は日常的に行われることです。そのためパートナーがいる人は、術後の性交渉について正しい知識を持っておくことが大切です。

手術したのが男性である場合

痔の手術を行ったのが男性である場合、基本的には運動が解禁されたタイミングで性交渉が可能になります。具体的には痔の手術後、約2週間が経過した頃から性交渉を行うことができます。

ただ通常、性交渉は激しい運動となります。そのため歩いたり走ったりして傷口の痛みが起こるようであれば、性交渉は控えるようにするのが懸命です。

また、痔の手術の傷口は肛門にあります。そのため肛門を使用する性交渉は、手術の傷口が完全に治ってから行う必要があります。

具体的にいうと術後の傷口は、約1ヶ月で塞がります。ただふさがったタイミングでは、皮膚が薄く裂けやすい状態となっています。

多くの場合、肛門機能は術後3ヶ月で完全に回復します。そのため肛門を使用する性交渉は、少なくとも3ヶ月は控えるのが懸命です。

さらに、手術による切除部分が大きいとその分だけ機能の回復に時間がかかります。

例えばあな痔(痔瘻)の手術では肛門組織を深く切り取るため、傷の治癒に半年以上かかることもあります。そのため場合によっては、術後3ヶ月が経過してもアナルセックスが推奨されないケースもあります。

したがって肛門を使う性交渉は、傷が完治し通院を終えたタイミングで行うようにしましょう。

手術したのが女性である場合

痔の手術を受けたのが女性である場合、男性よりも性交渉が解禁となるタイミングが遅くなります。これは傷口と膣が隣り合った場所に位置するためです。

性交渉によって膣が押し広げられると、隣に位置している肛門が圧迫されます。その結果、傷口に負担がかかって痛みや出血などが起こりやすくなるのです。

そのため女性が痔の手術を受けた場合は、少なくとも1ヶ月間は性交渉を避けるべきです。可能であれば肛門機能が完全に回復して、通院を終えたタイミングで性交渉を再開するのが好ましいといえます。

また肛門を使用する性交渉を行う場合は、傷が完全に治ってから行わないと傷が開くリスクがあります。そのため痔の手術後は、しばらくアナルセックスを避ける必要があります。

なお前述のように、あな痔の手術を行った場合は術後の傷が治るまでに長い期間を要します。そのためこのような場合は、性交渉の解禁が遅くなることを認識しておきましょう。

その他の生活習慣について

これまでに述べたように、手術後にはさまざまな行動の制限があります。これを守らないと、傷の治りが遅くなったり大量に出血したりするリスクが高くなります。そのため痔の手術を行った後は、傷に負担をかけない生活を心がける必要があります。

ただ普段からタバコを吸っている人は、タバコを我慢することを苦痛に感じます。また旅行が趣味の人は、旅行が禁止されると強いストレスを感じます。そのためこのような人にとって「手術後にタバコ・旅行は可能なのか」ということは、大きな問題点となります。

タバコを吸っても大丈夫なのか?

喫煙者にとって、タバコは生活の一部となっています。またタバコには依存性があります。そのため普段タバコを吸う習慣がある人は、タバコが吸えないと強いストレスを感じます。

このとき医師によっては、手術後の喫煙に関して指示されないことがあります。そのため中には、手術後の喫煙は問題ないと勘違いしてしまうケースがあります。

ただ基本的に、手術後には喫煙を控えるべきです。これは喫煙が傷に悪影響を与えることがわかっているためです。

タバコの煙には、さまざまな有害物質が含まれています。このような物質には、自己治癒力や免疫力などを低下させるものがあります。自己治癒力が低下すると、術後の傷が治りにくくなります。

また免疫力が低下すると、術後の傷口が細菌などの病原体に汚染されやすくなります。その結果、傷口に感染症が起こって化膿を生じやすくなります。この状態が悪化すると、皮膚が壊死することにつながります。

実際に喫煙者の術後の傷口に感染症が起こるリスクは、非喫煙者の3倍であるというデータがあります。また皮膚が壊死するリスクは、非喫煙者の7~9倍です。そのため術後は、喫煙を我慢することが大切です。

また喫煙は、血液循環を悪化させて痔を起こしやすい状態にします。そのため痔の再発を予防したいのであれば、なるべく禁煙し続けることをおすすめします。

旅行はいつから行けるのか?

旅行の際には、飛行機や電車、バスなどに乗ることになります。座りっぱなしは、術後の傷に悪影響を及ぼします。そのため基本的には、痔の手術後は旅行を避けるべきです。

特に痔の手術から2週間は、病院で止血処置を受けなければ止まらない出血(晩期出血)が起こる危険性があります。

肛門科の病院は、他の科目に比べて数がかなり少ないです。そのため旅先で晩期出血が起こると、適切な処置を受けられる病院に行くのが遅れる危険性が高いです。したがって痔の手術から2週間は、旅行の予定を入れないようにしましょう。

万が一、旅行の日程をずらせない状況であれば、旅先の肛門科病院と交通手段をあらかじめ調べておくようにしましょう。そうすることで、旅先で晩期出血が起こっても対処しやすくなります。

ただこれは、国内旅行の場合の話です。どのような手術であっても、術後の海外旅行は推奨できません。

海外の国は、日本と医療体制が大きく異なります。例えば海外で治療を受けると、膨大な額の医療費がかかります。

このような医療費は、保険に入ることで軽減することができます。ただ正しい処置を受けるためには、手術後であることなどを正しく伝える必要があります。そのため現地の言葉を話せない状態では、適切な処置を受けられない危険性があります。

このようなことから傷口の状態が安定しない時期には海外旅行へ行かないのが懸命です。海外旅行に行きたいのであれば、医師から許可が下りたタイミングで旅行を計画しましょう。

まとめ

痔の手術は、がんなどの手術よりも体への負担が軽いです。そのため術後の制限も、重い手術に比べてかなり少ないです。

実際に痔の手術を行った後、1時間が経過すれば歩くことができます。また食事などの制限などもほとんどありません。

ただ軽い手術とはいっても、術後しばらくは仕事や運動などを控える必要があります。また他にも、気をつけるべき点は多く存在します。

したがって痔の手術を行った後は、これまでに述べたような情報を参考にして肛門の傷に負担がかかりにくい生活を心がけましょう。そうすることで傷の治りが早くなり、痔になる前のような健康的な生活を送れるようになります。


痔であると、トイレの中を血まみれにするだけでなく、座ったときに異常な痛みが起こる人も多いです。トイレのとき、その痛みから私もトイレに行くのが毎日怖いときがありました。

そうしたとき、本気でいぼ痔や切れ痔を治したい方におすすめなのがピーチラックという商品です。ピーチラック(乙字湯)は痔に効く漢方薬であり、医薬品なので痔に効果があると既に分かっています。

ピーチラックは便秘にも効果があり、便を柔らかくしながら痔に対しても改善作用があります。漢方薬なので、一日で劇的な効果を期待することはできません。ただ、一ヵ月以上にわたって服用することで徐々に痔の症状が改善されていきます。

痔の悩みは周りに相談しにくいです。だからこそ、医薬品を活用して本気で症状を治し、元気な日常生活を取り戻そうとする人は多いです。

なお、ピーチラックは楽天やAmazonなどで取り扱いがなく、公式サイトのみ購入できるようになっています。いぼ痔や切れ痔の場合、ピーチラックが効果を発揮します。